集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

マーケティング

飲食店コンサルは依頼した方が良い?おすすめの飲食店コンサルとは?

飲食店コンサルとサクセスパートナーも外部から分類されているわけですが、飲食店コンサルには、総合的な視点でアドバイスをする経営コンサルもいれば、マーケティング面だけやる、メニュー開発だけやる特定の分野に特化したコンサルもいます。これらには、いわゆる"当たりハズレ"が存在すると言われていますが、この見極めは正直難しいところがあります。優れたコンサルタントであっても同じような結果を生むとは限りませんし、社内の意思決定次第でコンサルと関係のない部分で成果が水の泡になることも多々あるからです。

とは言え、この業界は、コンサルを名乗ればその日のうちに開業が可能です。また、コンサルは自社にはないノウハウを即時に供給しなければならない場合は活用しなければなりません。その時どのような視点で飲食店コンサルを探せば良いのかを解説します。

飲食店コンサルは活用するべきか?

最初に結論を書いてしまいますが、飲食店はビジネスモデルは非常にシンプルですが、立地やブランディングを含めたマーケティングの問題で一度決めてしまうと後戻りが難しい決定を行う必要性があります。

例えば、客層がマッチングしない立地に出店すると、のちのマーケティングのコスト増に繋がります。家代を下げるために空中店舗を選択した結果、思ったように客入りがなく、人件費などのその他固定費の割合が相対的に高くなってしまうということもありがちです。

まず、飲食店の業態で出店する際は、事前に専門家に相談を行なって出店をした方が、実は圧倒的にリスクは低くなります。「コンサルタントはなんとなく胡散臭い」という理由で、本当に後戻りができなくなった状態まで陥ってから相談をする飲食店オーナーもいますが、順番がまるで逆です。

スポンサー

飲食店コンサルを依頼した時の注意点とは?

事実として、知っておく必要性がありますが、優れた飲食店コンサルであったとしても失敗はします。失敗しないコンサルタントと名乗っている人も多くいますが、大抵は演出ですし、優れた経営者であればそのコンサルタントが割の良い案件だけ可視化して情報を届けていることはわかっています。経営はどうしようもできない部分もありますので、運の要素もあります。

飲食店コンサルを依頼する場合には特に重要なのは、言われた通りやってみるということです。問題解決ありきの助言が行われたところで、それってどうなんだろうと思ってやらないのでは、なんの解決にもなりません。そうならないように、最初にすり合わせを行うことがとても重要です。

飲食店コンサルのおすすめはどこなのか?

これもよく聞かれます。飲食店コンサルと言っても、専門分野が分かれますので、どこに問題があるのかでだいぶ選択肢は変わってきます。

そして、問題点の認識も実は自分では気がつきづらい部分があります。そのため、「この点が売上が上がらない最大の問題だ。」と思っていても、実は全く別の部分に大きな問題点を含んでいることもあります。

そのため、その分野のコンサルタントが診断を受ける必要性があります。ただし、この時に嘘が多いと、診断の結果も必要な施策と差が出るものになりますので、最初から正直に相談する必要性があります。最初から相談を受けてもらっている相手を疑うようであれば、相談しない方がいいですし、「本気で問題解決しようと思っていないんだな。」と判断もされてしまいます。

大久保一彦先生

飲食店専門のコンサルタントと名乗っていても、実は素材や料理のことをさほど理解していない人も多いです。大久保先生は、レビュアーとしても知名度があり、日本のみに止まらず、世界の食に大変詳しい先生です。最近は蕎麦屋の開業などに力を入れてらっしゃいますが、食材と高級店への見地は間違いなく研究にかけた金額が本物であることを物語っています。

こだわり系の店舗を開業したい、これから地域に愛される店舗をゼロから構築していきたいという方には、塾生になることをおすすめします。

Creative Development株式会社

小規模なカフェをオープンするにあたり、ドリンクは決まっているけれど、ランチメニューなどはなかなか決まらないということもあります。好立地のカフェは、最悪ランチメニューは他所から購入しても打ち合わせや待ち合わせの需要がありますが、立地に劣るカフェは、指名による顧客獲得を狙わないといけません。

この時に重要になるのが、名物になるようなランチメニューの開発です。

Creative Development株式会社は、メニューの開発をメインに行なっている飲食店コンサルです。F1層に人気が出るメニュー開発が得意で、しっかり原価計算や仕入れに対する相談にも対応しています。実績としては、お昼系のバライティーで過去に開発したメニューが紹介されています。

 

まとめ

"コンサルは「はずれ」を引いても責任を取ってくれないので、当たりの飲食店コンサルを判断できる目を持ちましょう"という主張の記事を見かけましたが、有形財を提供している会社でも責任を取ってくれないのはどこも同じです。そもそも、飲食店は自分のビジネスであるので、第三者に責任があるかのように誘導する記事を書いてしまっていること自体が「何もわかっていない」偏見の持ち主と言えます。

いわゆる当たりの飲食店コンサルが誰なのかは、飲食店オーナーの主観によります。求めている情報を提供してくれるだけで当たりと判断される場合もありますし、手とり足取り対応してくれないとハズレだという人もいるからです。

とはいえ、それを理解しつつ業者を選定できるのであれば、経営で悩むことはありません。

一番間違いのない選択肢は、人からの紹介、そして話をしてみて自分との相性が合いそうなのかを確認することですが、間違っても発注者として傲慢な態度は取らないことをおすすめします。発注者が発注先を選ぶ権利があるように、受注者にも発注者を選ぶ権利があるからです。



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

サクセスパートナーの集客システムでは、動画セミナーでのメッセージや集客のトピックをレジュメの形で提供しております。入会にはライセンスを購入していただく必要性がございます。詳しくはこちら

-マーケティング

[集客]に興味がある人
必携のメルマガ

集客WIKI以上の情報をメルマガで。
登録したメールアドレス宛に最新情報をお届け
いつでも解除は可能です
close-link
Click Me
深刻なコンテンツコピー被害が確認できましたので、コピーできません。

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.