集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略

通販:胚芽米が欲しかった時には「7分づき」と言ってはいけない。

投稿日:

米

自社で米の通販も行っているのですが、やはり毎日食べるものですので、電話なりメールなりで注文の前に電話がかかってきます。

(※昨年度産のお米はすべて売り切りました。)

そのやり取りで私達とお客様側で認識に随分差があると思ったのが、7分づきと胚芽米についてです。

「7分づきでお願いします。」

「はい、分かりました。」

<配達>

「これ本当に7分づきですか?胚芽がついてない・・・」

7分づきとは、精米率の割合を指す言葉です。(白米は10分づき)ですので、胚芽米を指す言葉ではありません。

おそらくは、一般的にスーパーで販売されているお米では、7分づきのお米に胚芽がついているので勘違いされているのだと思います。スーパーで販売されているお米の場合、お米の中に含まれる水分が低いため硬くなります。そこから精米するので、胚芽がついているのだと思われます。

しかし、特に新米の時期の直送米に共通して言えることなのですが、水分が多く含まれているため柔らかくなります。ですので、同じように7分づきすると胚芽はほぼつきません。

よって、胚芽米が本当に欲しい場合は、「胚芽がつくくらいの精米でお願いします。」とメールするのが一番で、受注をうけるこちら側としても迷うことはありません。通販を行っている方も勘違いを生まないような仕組を予め作っておくといいかもしれません。例えば、「胚芽米を希望する」というチェック項目をカートにつければいいのではないでしょうか?

あと2ヶ月半で新米の季節になります。特に、定期購買する予定のある人は、この辺を覚えておいても損はないでしょう。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.