集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

WEB戦略 集客

裁判長!それでは成果が出ないのは当然ですよね?

更新日:

リーガル・ハイごっこにお付き合いください。

「裁判長!それでは成果が出ないのは当然じゃありませんか!

被告は、
「ホームページを作れば売れる、SEOをすれば売れる!」
そういっていたらしいじゃないですか?

今時そんな業者があったんですね。驚きですよ。あははは。

実際にやってみれば分かるのですが、
1つのキーワードで集められるアクセス数なんて決まっているんですよ。

人気のあるキーワードは、上位表示させるのに、
コストも時間もかかります。

もちろん、人気のあるキーワードは広告もたくさん出ていますし、
競合他社のホームページが出ていることも多いんです!

だから、こういった業者のほとんどは、
人気のないキーワードで上位表示し、売上があがらなかったら、
PPC広告。ホームページの内容は、ありきたりなものにすることが多いんです!

裁判長!それじゃあ、ダメなんです。

集客=ユニークユーザー数×成約率

SEOで十分に集客できるならば、リスティング広告は存在しませんよ。

成約率は、他の競合他社ではなく、自分を選んでもらうこと。
選ぶということは、他にはないポイントがあったということですねー。

ちなみにですが、
成約率は広告文と内容がミスマッチの場合、
下がってしまうんですねー。

つまり、ホームページをつくり、SEOをかけるだけ(実際はかかってないことが多い)では、
もはや満足に売ることはできないのですよ。

普通は、キャンペーンごとにランディングページという成約を目的にするものを製作し、
それに併せた広告を出稿することで反応をとるのです。

そして、被告である業者は、一体どんな方法で原告とコンタクトをとったのでしょうか?
本当に満足に集客できるのでしたら、原告からのお問合せで契約がなされているはずです。

被告は電話営業にて、原告にコンタクトをとったのではありませんか?
それでは、原告にすすめるべきサービスは、電話営業にならなくてはなりませんよね!」

メルマガは以下のフォームから登録できます。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-WEB戦略, 集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.