集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略

SEMとソーシャルマーケティング

投稿日:

インターネットの世界はマーケティング視点では、大きく分けると2つに分かれます。

1つ目は、Yahoo!やGoogleといった大手検索サイトが主体の検索マーケティング(SEM)。
SEOやリスティング広告は、SEMに該当します。

2つ目は、成長著しいツイッターやフェイスブックが主体のソーシャルマーケティングです。
ここでのソーシャルマーケティングは、双方のコミュニケーション性が強い媒体でのマーケティングを指すため、本来ならばブログやyoutubeはソーシャルメディアなのですが、除きます。

ツイッターやミクシィの他にも、ミクシィなどのSNSもソーシャルマーケティングの範疇内になります。

ちなみに、平素が最近力を入れているのは、検索マーケティングの方で、
比率でいうと、7:3くらいでしょうか?

『最近、ソーシャルマーケティングが重要らしい!』

といっても、やり方がピンと来ないものです。

更に、従来の検索マーケティングとソーシャルマーケティングの違いがよく分からないと検索マーケティングでやっていたことをソーシャルマーケティングでもやってしまいますよね^^;

まずこれらのマーケティングのやり方の違いを学ぶ為には、
本質的な違いを学ぶのが一番でしょう。

この違いで、大きいものを紹介します。

また、長いので、時間がない人は太字だけ追って読んでください。

なぜ、検索を利用するのか?

唐突にお伺いします。

『皆さんは、なぜ、検索しますか?』

それは、今問題を抱えていて、その解決策を知りたいからですね。

例えば、『ホームページ制作 東京』と調べるのは、ホームページを作る必要性を感じていて、東京都内で業者を探したいからですよね。

また、『美容院 山形市』と検索するのは、多くの場合は、山形市内に住んでいて、今髪を切りたいと考えているからだったりします。

そして、この検索を行っている時には、検討段階か即決の段階である場合がほとんどです。
つまり、予算がすでについている可能性が大きいのです。

ですので、検索マーケティングを行うときは、検索キーワードと連動したホームページを作って、問題解決を図る為には、自分のところの商品が必要であるところまで落とし込む集客方法がよく使われますし、効果的でもあります。

情報は企業からしか手に入らなくなった時代の終焉

検索マーケティングは、不動の必須マーケティング手法であることは今も変わりません。

ただし、消費者が商品を購入するといった時に判断の材料にする情報の発信源は、企業のものだけではなくなりました。

例えば、口コミサイト。
そして、ソーシャルメディア。

レストランでパーティーを企画した時に、レストランを探す方法は口コミサイトでの口コミを見て決めるのは珍しくありませんし、
フェイスブックで偶然見たラーメンが異様に食べたくなって、その店に行ったりします。

こういった口コミやソーシャルメディアで情報が流れるなどの現象は、自分もその媒体に参加していないと一般的には起こりづらい。更に、参加していないと悪いものが流れた時に歯止めが利かない。こういった事実があります。

こういった時代背景から、ソーシャルメディア向けの企業マーケティングが必要になったということです。

ソーシャルメディアになぜ人は参加するのか?

ソーシャルマーケティングの成功の肝がここにあると私は思います。

・コミュニケーション目的
・情報の収集目的

この2つを目的にしている人がほとんどでしょう。
特に、震災の件で、ツイッターが大活躍したという背景があり、今まで興味がなかった人がやり始めているケースが増えたそうです。

検索マーケティングとの大きな違いは、ユーザーは、問題の解決を目的にしているわけではないということです。

更に言えば、最初から予算を抱えているケースは滅多にないわけです。

問題も抱えていない(潜在的には抱えているかもしれませんが気づいていない。)
予算もなければ
検索マーケティングと同様なダイレクトな問題解決型のマーケティングは成立しません

じゃあ、どうすればいいかと言えば、そこは、郷に行っては郷に従え。
コミュニケーションが主体のマーケティングを行うことになります。

コミュニケーションを繰り返して、信頼を強めることがソーシャルマーケティングの真髄になります。

検索マーケティングとソーシャルマーケティングのハイブリットがフェイスブックページ

最近は、フェイスブックが注目の的になっていますが、
フェイスブックのすごいところは、

自分と相性の良い人々を集める検索マーケティングの特徴と、
コミュニケーションで信頼を高めるソーシャルマーケティングの特徴
兼ね備えている点です。

私も使っていますが、面白いもんですよ。

結論

ぐちゃぐちゃ書いてきましたが、

検索マーケティングの方があなたの商品に必要性を感じていて、予算も持っている可能性が高く、即座な商売の成立が見込める。

それに対して、ソーシャルメディアを活用している人はコミュニケーションを目的にしているため、ニーズも予算も持っていない可能性が高い。そのため、即座に成立することは難しいし、信頼を強めるやり方が基本。

とでも覚えておけばいいでしょう。

ソーシャルに限って、即座に数百万円稼ぐ!的なノウハウは、
これらの点からまやかしだということもご理解して頂けるでしょう。

即座に信頼構築が出来るなんてことはないからです。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略
-, , , , ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.