SEO集客とは?集客のやり方・メリットとデメリットを解説

検索エンジンは、キーワードを入力することで、欲しい情報が掲載されているサイトを探すサービスです。集客に結びつくキーワードで上位表示することで、サイトに集客し、商品やサービスに購入が結び付きます。

SEOで集客をすることのメリットは、うまくハマることで、長期間にわたって安定した集客をすることができます。このコンテンツでは、以下のことを解説します。

目次

SEOとは?

SEO (Search Engine Optimization)は、検索エンジンによって表示される結果のランキングを上げることを目的とするサイトの最適化のことです。 SEOは、検索エンジンによって決定されるランキング要因を理解し、適切な文章、タグ、リンクなどを使ってサイトを最適化することで、検索エンジン上での順位を上げることを目的にします。

日本においては、Googleのシェアが高いことや2位のYahoo!Japanに検索エンジンを提供していることから、Googleの検索結果を対策することを意味しています。

SEO対策で集客をするメリットとは?

SEO対策をすることで、主に以下のメリットがあります。

  1. トラフィックの増加: より多くの人が検索エンジンを使ってサイトを見つけることができるため、サイトへのアクセス数が増加します。
  2. セールスアップ: 検索エンジン上での順位が上がることで、Webサイトがより多くの人に認知されるため、企画や見せ方により、商品やサービスの販売機会を増やすことができます。
  3. コストパフォーマンス: SEO対策は一度設定したら、長期的に効果を発揮し続けるため、広告費用をかけずにアクセス数を増やすことができます。
  4. ターゲットに合ったアクセス: 検索エンジンでの検索ワードによって、ターゲットに合ったアクセスが増えます。キーワードによって難易度や売れやすさが違います。そのため、キーワードの選定もSEOで集客するには重要なポイントです。

SEO対策で集客をするデメリットとは?

SEO対策をすることで、主に以下のデメリットがあります。

  1. 時間とコスト: SEO対策をするためには、検索エンジンのアルゴリズムやトレンドを調べた上で、サイトの改善やコンテンツの制作、リンクビルディングなどを行うため、時間とコストがかかります。
  2. アルゴリズム変更の影響: 検索エンジンのアルゴリズムは日々アップデートをしています。すぐにSEO対策の知識は陳腐化し、新しいアルゴリズムに準拠しないと検索順位を下げてしまい、Webサイトの集客力が低下してしまいます。
  3. スパム対策: 検索エンジンはスパム対策をするため、過剰なSEO対策をするとサイトがスパムと判断される可能性があります。過去には、低品質な被リンクを大量に獲得する、低品質なページを量産する、常識を超える頻度で1つのページを大きく変えるなどの対策を実行すると、順位を大きく低下させたり、圏外に飛ばされるようなことがありました。
  4. 無意味なアクセスの増加: SEO対策をすることでアクセス数が増えるが、ターゲットに合ったアクセスではない場合もあります。

この他にもありがちなことでは、SEOに集客を依存してしまい、アルゴリズムの更新で大きく集客を下げてしまうことがあります。アーウィン女性探偵社は、2017年に倒産しましたが、その原因がSEO対策費用の削減でした。

SEO対策のやり方とは?

SEO対策のやり方には、様々な方法がありますが、一般的には以下のような手法が使用されます。

キーワード選定検索したい内容に合ったキーワードを選定し、サイトに取り入れます。
コンテンツ作成キーワードを取り入れた上で、有用かつ質の高いコンテンツを作成します。
メタタグの設定タイトルタグやメタディスクリプションタグなどを設定し、検索結果に表示される文章を適切に設定します。
内部リンクサイト内でのリンクを設定し、サイト内のコンテンツを結びつけます。
外部リンク関連性のある他サイトからのリンクを増やすことで、検索エンジンによる信頼性を上げます。
Sitemapの作成検索エンジンにサイトの構造を理解しやすくするためにサイトマップを作成します。
スピード最適化 サイトの表示スピードを最適化することで、検索エンジンによるランキングに影響を与えます。
モバイルフレンドリーである現在多くの人がスマートフォンやタブレットなどでインターネットを閲覧しているため、モバイルフレンドリーなサイトを作成することが重要になってきています。

これらの方法は時々変わるため、 SEO対策をする際には最新のアルゴリズムやトレンドも考慮するとより大きな結果を出すことができます。

1.キーワード選定

SEOでは、キーワード選定が非常に重要です。

  1. 検索ボリューム:キーワードによっては、月々に検索される回数が異なります。この検索回数を検索ボリュームと呼びますが、検索ボリュームが小さすぎると上位にランキングされても、トラフィックは増加しません。
  2. 難易度:検索ボリュームが大きいキーワードほどSEO対策の難易度は上がります。そのため、中小規模のサイトでは、検索ボリュームが小さくても、購買につながるようなキーワードを選定することが集客のコツです。

キーワード選定には、SEOツールを使います。Googleの検索ボリュームを調査する方法として、Google広告のキーワードプランナーを使う方法もありますが、広告を出稿しないと大雑把な数値しか表示されません。

たとえば、SE rankingを活用します。SE rankingを活用すると、調査をしたいキーワードの検索ボリューム、難易度、推移、類似のキーワード、関連のキーワードなどの要素を調査することができます。SE rankingは、検索順位チェックツールの機能も含んでいるため、コストパフォーマンスの良いSEOツールとして知られています。

SEOで重要なキーワード選定から管理まで SERanking
総合評価
( 5 )
メリット
  • キーワードの選定に便利な機能多数。(競合分析、検索ボリュームチェック)
  • 検索順位チェックツールがついており、プロジェクト毎に管理が可能。
  • 順位の自動更新の間隔や支払いサイクルで割引あり。コスパも良い。
  • クラウド型なので、どの端末でもデータの閲覧が可能である。
  • オウンドメディア担当者には使いやすい機能がコンパクトにまとまっている。
  • 14日間の無料期間があります。それを過ぎますとサービスが停止されます。この内容には一部宣伝が含まれます。

2.コンテンツ作成

コンテンツ作成のポイントには、E-E-A-Tに準拠していることが求められます。その上で、ターゲットにしているキーワードと関連性の高いサジェストの項目をコンテンツ内に含めることで、検索エンジン側から良質なコンテンツとしてみなされやすくなります。

E-E-A-T (Experience,Expertise, Authoritativeness, Trustworthiness)は、Google Search Quality Evaluator Guidelinesで提示される、サイトの質を評価するためのフレームワークです。E-E-A-Tは、検索結果の信頼性を確保するために、検索エンジンがサイトのコンテンツに対して、経験、専門性、権威性、信頼性を評価するために使用されます。

  1. Experience(経験):作成者がトピックに対して独自の経験を持っていることを示すこと。
  2. Expertise(専門性): 作成者が特定のトピックについての知識を持っていることを示すこと。
  3. Authoritativeness(権威性): 作成者が特定の分野での専門家であることを示すこと。
  4. Trustworthiness(信頼性): サイトが信頼でき、正確な情報を提供することを示すこと。

サジェストとは、例えば、Googleで特定の検索をした時に表示される関連性の高い検索キーワード群のことで、この項目を含めたり、記事コンテンツを作成し、内部リンクを設置すると、コンテンツの専門性を高めることができます。

最近は、コンテンツ作成にAIの導入が進んでいますが、内容が誤っていることも多いです。そのため、編集作業は、専門性の高い人間が行うなどの対応が必要とされています。

なお、コンテンツ作成には、時間がかかります。また、HTMLなどのコーディングの知識が必要なくとも、ブログのような感覚でコンテンツを追加できるCMSの導入が望ましいです。CMSには、WordPressやMovableTypeなどがあります。

また、コンテンツ作成したサイトは、最初から上位表示されるわけではありません。順位チェックツールを使い、標的にしたキーワードでのランキングをチェックし、思わしくなければ、コンテンツを書き直すことで改善することが必要になります。

Nobilistaは、リーズナブルな金額でGoogleでのランキングをチェックすることができます。

ブログの記事のGoogle検索の順位チェックツール ノビリスタ
総合評価
( 5 )
メリット
  • 月額990円〜で順位計測が可能
  • 1日ごとの自動計測データの閲覧が可能
  • どの端末でもアクセスが可能。Macでも利用可能
  • 検索ボリュームや難易度まで表示される。

3.メタタグの設定

メタタグとは、ドキュメントに関する追加情報を提供するためのタグです。 メタタグは、HTMLのheadタグ内に記述されます。

主に使用されるメタタグには、次のようなものがあります。

  1. Titleタグ:ブラウザのタブに表示されるタイトルを設定するために使用します。
  2. Meta descriptionタグ: 検索エンジンの結果に表示される説明文を設定するために使用します。
  3. Meta keywordsタグ:検索エンジンによるインデックス時に使用するキーワードを設定するために使用します。
  4. Canonicalタグ: コンテンツの重複を避けるために、検索エンジンに対して、どのURLが本来のものであるかを示すために使用します。
  5. Robotsタグ: 検索エンジンのクローラーに対して、どのページをインデックスすべきか、どのページをインデックスしなべきかを指示するために使用します。

これらのメタタグは、検索エンジンによるサイトのインデックス作業や、検索結果の表示に影響を与えることがあるため、SEO対策において重要な役割を担うものとなります。特に、Titleタグの設定は、コンテンツが何について書いているのかを明示するものです。そのため、キーワードで上位表示を目的にした時は、「キーワードとは?導入するメリットやデメリット」などわかりやすいタイトルを設置します。

4.内部リンク

内部リンクは、ウェブサイトの内部構造を改善し、検索エンジンにサイトの各ページの重要性を伝えることを目的として使用されます。これにより、検索エンジンはサイト内のページを正確にインデックスし、適切な検索結果に表示することができます。また、内部リンクは、サイトのユーザーエクスペリエンスを改善するためにも役立ちます。

5.外部リンク

外部リンクは、サイトの信頼性や権威性を検索エンジンに伝えるために重要です。検索エンジンは、サイトが他の多くのサイトからリンクを受けていることを評価し、そのサイトが信頼できると判断します。また、外部リンクは、サイトのトラフィックを増加させるためにも役立ちます。関連性のあるトピックの高品質なサイトからリンクを受け取ることで、サイトのランクアップを促し、検索結果に表示される可能性が高くなります。

6.Sitemapの作成

検索エンジンにサイトの構造を理解しやすくするためにサイトマップを作成します。

サイトマップには、サイト内のすべてのページのリンクが含まれているため、検索エンジンはサイト内のすべてのページを素早く発見し、インデックスを行うことができます。結果的に、検索結果において上位に表示される可能性が高くなります。

7.表示スピードの最適化

高速に読み込まれるサイトは、検索エンジンが高評価し、上位に表示されやすくなります。表示スピードの改善の指標として挙げられるのは、ウェブコアバイタルです。

ウェブコアバイタル(Core Web Vitals)は、Googleが提供するウェブサイトのパフォーマンス指標で、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)を改善するために重要な指標を測定します。

ウェブコアバイタルは、以下の3つの指標で構成されています。

  1. LCP (Largest Contentful Paint) : ウェブページの最大コンテンツが表示されるまでの時間
  2. FID (First Input Delay) : ウェブページがインタラクティブになるまでの時間
  3. CLS (Cumulative Layout Shift) : ウェブページのレイアウトの安定性

これらの指標は、Google Search ConsoleやPageSpeed Insightsなどのツールで確認することができ、指標が良好な状態を維持することが望ましいです。

ウェブコアバイタルを改善することで、検索エンジンにより評価の高いサイトとして認識されやすくなり、検索結果において上位に表示されやすくなります。また、離脱率が低下することで、コンバージョン率も上がることが期待できます。

8. モバイルフレンドリーである

インターネットを使う端末は、スマホやタブレットが主軸になっています。そのため、これらのデバイスで見やすいサイトにしなければ、ユーザーエクスペリエンスが低くなってしまいます。

また、検索エンジンのアルゴリズムには、モバイルファーストと呼ばれるスマホ環境での検索順位が、パソコン環境にも影響する仕組みがあります。つまり、スマホでストレスなく閲覧できるようにすれば、検索順位が上がる要因にもなりえます。

SEOを集客に活用するためには?

SEO対策を行うことで、サイトに集客することができます。コンテンツやデザインは書き換えができることから、キーワードにマッチングした自社の商品やサービスの紹介を差し込んだり、リード(見込み客リスト)の構築を行うために、無料のPDFファイルを配るなどすることで、実質的な集客に結びつけることができます。

また、SEO対策は、検索エンジンのアルゴリズムのアップデートの影響も受けやすいです。最新のアップデートの内容を把握し、サイトの改善に結びつけることも非常に重要です。改善を効率的に行えるように、コードの知識が必要のないCMSでサイトを管理することが非常に重要です。

SEOの集客では、コンテンツの構築が最も時間がかかりましたが、ライティングAIの登場で効率化できるようになりました。今後は、質の高い経験のシェアによって、コンテンツの品質の向上が求められます。

【集客をもっと伸ばしたい方へ】

予算に合わせた低リスクで集客の効果を生むには、戦略が必要。
集客のサクセスパートナーでは、様々な視点で、
クライアントの顧客増加の土台になる戦略立案〜施策の実行をサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次