集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

SEOコンサルタントはSEOで顧客獲得ができなければ本物ではないのか?

投稿日:

横浜駅にて

たまに見かけるテーマですね^^;これは、ソーシャルメディアコンサルタントにも同じことが言えると思いましたので、ブログでコメントをします。

SEOを売り物にして、電話営業をしてはいけないのか?

「SEOコンサルタントなんだから、SEOで集客が出来て当然!電話営業を仕掛けてくるところは偽物ですので、皆さん契約しないようにしましょう!」

というSEOコンサルタントは少なくありません。

実際的な問題として、電話営業を行っているSEO対策業者は、月額が高い割にはろくなことをやらない業者が多いです。
例えば、キーワード選定が間違った状態で上位表示に課金してしまう。もしくは、ほとんど何もしていないのに対してたまたま上位表示されたので課金してしまうなど。

こういったことが平気で起こります。
ですので、私も電話営業を仕掛けてくるSEO業者は相手にしていませんし、ほとんど自分で行い、それでも足りない場合は、被リンクを知り合いの企業から供給をします。

ただし、これは結果論であって、SEOを売り物にしている企業が、SEOだけで自分のサービスを売らなければならない決まりはどこにもありません。

下記の図のように、SEOでリーチできる人々はインターネットユーザーで、特に検索をよく行う人々に限られます。インターネットを行っていなくてもインターネットを使って商売をしたいというニーズを持っている人々もたくさんいますが、SEOではリーチしない可能性が高いのです。

SEOでリーチ

リーチしなければ、別の手法をやらざる得ません。

見込客が、特定のブログをよく読む人々ならば、そのブログに広告が出稿できるインタレストマッチやディスプレイネットワークなどの広告を検討しますし、電話営業が必要なら、電話してもいいと思います。

手段にこだわって、可能性を潰す方が愚かなことですし、チクリと刺すのですが、「SEOコンサルならSEOで」と言っている人々も何気にPPC広告やアフィリエイトでリストを集めていますしね。

結局、手段専門のコンサルを名乗るとめんどくさいイメージが付いてくる。

最近、私がソーシャルメディアコンサルタントと名乗らなくなったことに気がついている人はどれだけいるでしょうか?(笑)

結局は、SEOコンサルタントと同じめんどくさいイメージがソーシャルメディアコンサルタントにも付いてきます。

また、SEOの場合は相手はアルゴリズムで結果がシンプルに出やすいのですが、ソーシャルメディアの相手は人間です。

つまり、その人の置かれている状況、業種、人間関係、性格、ソーシャルメディアのトレンドで取り組むべきことが決まるために、ソーシャルメディアだけでどうこうできるものでもないのですが、世論はこれの逆をいっていますよね

ソーシャルメディアはインターネットの一部であり、トータルで見た方が結果をすぐに得やすいことから、早々にソーシャルメディア専門のニュアンスがある肩書きは捨てました。

今後は総合力で競う時代です。鳥瞰的な視点で勝負を仕掛けましょう。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.