集客コンサルティングの方針

集客は全てのビジネスで必要なことです。新規顧客が獲得できなければ、事業をスタートすること自体ができません。また、今よりも事業を積極的に拡大していきたい時に、積極的な対策の実施が成果に結びつきます。

従来型の集客コンサルティングとは、事業に合わせた助言のみでした。しかし、現在は人的リソースを供給できないため実行しづらい環境となっています。そこで、集客作戦本部では、提案から実行までをサポートすることで、クライアントの集客を下支えいたします。

どうすれば集客ができるようになるのか?

集客を成功させるには大きく分けて以下の2つの方法があります。

  1. 調査結果を活用し、効果の高い対策から実行する。(店舗向け)
  2. 消費者行動に合わせた対策を実行する。(事業者向け)

調査結果を活用し、効果の高い対策から実行する。

店舗型のマーケティングでは、様々な調査やアンケートが実施されています。「店舗をどのように探すのか?」「(特に美容室などのサロンのような)店舗を選ぶ基準とは?」などの調査結果は非常に重要です。なぜなら、集客をする時に、どこから着手し、何を中心に情報発信すれば効果が出るのかの目星を教えてくれます。

消費者行動に合わせた対策を実行する。

集客とは購買者の意思決定を円滑にすることでもあります。想定される顧客の意思決定のプロセスを具体化することで、どのような対策を実施していけば良いのかの検討をつけることができます。シナリオから離脱しない対策を実施していくことで、最終的な取引の数を増やす結果が導かれます。

コンサルティングの実施内容

コンサルティングでは、おおよそ90日後に成果を出すことを目的に、集客の施策を立案し、施策を実行していきます。実現可能な目標を達成していくことで、勝ちパターンを確立していくことを念頭にしています。

なぜ90日なのか?

四半期ごとの目標管理は、企業的にも人間のモチベーション的にも適切な期間だからです。半年、1年の期間になると、だんだん施策を管理する期間としては適さなくなります。

計画の立案

例:開業したての飲食店の場合

月商を右肩上がりに持っていくためには、最初に認知度および来店動機を作っていくことが必要です。その立地で利用されている検索方法を調査し、導入支援および対策を実施していきます。

実施する施策例としては、「ポスティング広告の1万枚の配布支援」「食べログの導入支援」「Googleマイビジネスの導入および改善」「ショップカードなどの販促アイテムの立案」「LINE公式アカウントの導入支援」「集客用のイベント・キャンペーンの立案」などが挙げられます。実際にどの程度できるのかは、予算の関係もありますので、目標達成の確率の高い手法を優先して実施することになります。

施策の実行

集客の専門家がディレクションを行い、施策を実施していきます。

ご担当者様とのコミュニケーションが必要になります。なぜなら、Web集客の基本は正確な情報を伝えることにあるからです。

基本的にチャットワークなどのチャットを活用してデータのやり取りを実施します。情報のご提示のほかに、制作物のチェック、現場とのやりとりをお願いしております。

注意事項

やりとりはメールでも可能ですが、情報を後から検索することが困難になります。チャットには、ご担当者様、責任者様、現場責任者様が参加いただけます。

お電話・ZOOMでもやり取りを実施します。また、業務はリモートで実施します。

改善

指標から改善点を抽出し、改善を実施します。Webマーケティングでは、コピーや設定の修正がリアルタイムに実施することが可能です。

注意事項

ゼロベースから実施している施策では、おそらく90日前後ではデータが出始めるのは最後の方になります。そのため、改善の実施は、次回の契約となります。