集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

WEB戦略

セックスにいいね!で負けたフェイスブック

投稿日:

流行しているからこそ憂鬱になる原因になっているのではないか?

日本でも急激にユーザー数を伸ばしたフェイスブック。友人とのやり取りを楽しむ目的のはずのフェイスブックは、いまや会社の命令でやらされたり、ソーシャルリクルーティングといった採用活動の現場にまでなっています。友人とだけつながることはもはや不可能になっており、投稿の一つ一つに注意を払わなければならないようになっています。窮屈さを感じずにはいられません。

面白い調査がシカゴの大学の研究で明らかになりました。その研究によると、フェイスブックやツイッターをチェックすることはセックスの誘惑に負けてしまうということです。

「それは当然w」と思う人々もいれば、「アメリカ人のリア充シネw」と思う人もいるでしょう。この一文ではこの調査の本質が分かりません。

調査内容は、「幸せだな〜。と感じる時は何をしている時ですか?」という質問に対して、トップ10とワースト10を算出したものです。

トップ10

1.セックス
2.飲酒
3.ボランティア
4.宗教および瞑想
5.子育て
6.音楽鑑賞
7.人付き合い
8.趣味
9.買い物
10.ゲーム

ワースト10

1.療養
2.フェイスブック
3.家事
4.勉強
5.メールのやり取り
6.講義
7.仕事
8.通勤
9.パソコンでの業務
10.洗濯

上記のランキングを見てみなさんはどう思いましたか?フェイスブックは、ストレスの発散を意味するトップ10には入らず、家事や勉強といったストレスがかかるワーストに分類されています。

いいね!の評価を扱うフェイスブック。リアルないいね!は集めることができなかったようです。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.