080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

ツイッター

バイトにバカなことをSNSでさせない為にも是非教えておきたいこと。

投稿日:

先日取り上げたブロンコビリーのバイトが冷蔵庫の中に入り、店舗を特定され、営業の自粛まで追いやられたことですが、この行為が企業理念に反する行為だったということで、閉店してしまうようです。

ネットでは、対応が極端であることから「業績不振の店舗を撤退させるいいこじつけ」、「そこまでやる必要があるのか?」との声が出ているようですが、この問題を起こしたバイト以外のバイトやパートはたまったもんじゃありませんね。

立て続けに似たようなお話があがって来ていることから、いつ自分のお店でも同じことが起きてもおかしくはありません。ですので、以下のことは当たり前ですが、雇用をする前に教えるべきですし、書面で同意をとるべきかもしれません。

勤務中には自分の携帯電話を触らない。

緊急時以外には、休憩時間も含み、自分の携帯電話を操作するようなことはしない。勤務中はもっての他!

勤務中のことはツイートしない。

業者ですので、業務内容をぺらぺらと口外しませんし、お客様の情報を許可なしにばらまくなんて当然あってはいけないことです。

SNSは友達とあなただけのコミュニケーションツールではない。

SNSは誰でも閲覧することができます。また、シェアすることもできます。

SNSでつながっている友達も100%信用してはいけない。

写真などデータになっているものは、たとえ非公開だったとしても、別媒体に公開の状態でアップロードすることができます。SNSでつながっている友達全員が、SNSやウェブについて理解しているとは限りません。冗談で、2chに転載されたとしましょう。実害を被るのは、あなただけではありません。

 

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-ツイッター

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.