080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

ソーシャルメディア集客について語ろうか?

投稿日:

タイトルをみて、「ソーシャルメディアを使った無料の集客方法」を期待してアクセスした人には申し訳ありませんが、今回はいろいろと勘違いをされているようですので、そのことについて言及をしようと思います。

勘違いその1:私はソーシャルメディア普及派だ。

お金

世の中には、ソーシャルメディア系のビジネス活用のノウハウがさまざまあります。

「こういう人とつながった方がいい」「こんな活用をするといい。」・・・などなど

この中には、「自己演出を行うべきだ」「偉人の言葉を借りるべきだ」というものもあり、奇麗事ばかりを並べ、特定の誰かの言葉ばかりを引用してつぶやいている人もいらっしゃいますね。

こういった内容を受けて、汗水をたらし、今日明日の売上のことを真剣に考えている人が、どこの誰だか分からない人の奇麗事を間にうけると思いますか?

少なくとも、私はそうは思いません。もし、このようなノウハウの深みにはまっている人は、冷静になって考え直してみてください。

Facebookがいいと言われ、一生懸命にFacebookの中で、コミュニケーションをとります。これ自体は否定しませんが、いいとも思わない投稿に対して、一生懸命いいね!をつけたところで、「集客」と言えるまでの効果は出るでしょうか?

知り合いからの受注が少しとれるだけで、効果は出ないと思いますよ。

それどころか、集客の為にはじめたはずなのに、お友達にどんどん見つかってしまい、だんだん楽しくなってきて、いつのまにか目的がすり替わっているという人もいると思います。

※私のクライアントには、Facebookをはじめとするソーシャルメディアとは一定の距離をとるように話をしています。時間に追われているクライアントがソーシャルメディア中毒になることは望ましくないと考えているからです。その時間で他にやるべきことがあるはずです。

私は、ソーシャルメディアと上手に付き合うことをお勧めしております。上手に付き合えないのでしたら、やらない方がいいと思っています。

勘違いその2:ソーシャルメディアは集客のメインツールになる。

ソーシャルメディアでゼロ円で集客をしよう!という文句のセミナーは複数存在します。

以前、広告の記事を書いた時に、ごっそりと私のFacebookページ「サクセスパートナー」の購読者が減ったことがあります。おそらく、購読をやめた人は、無料で集客するノウハウを望んで登録した人であり、「広告?ふざけんな!」と思って、購読をやめてしまったのでしょう。

少し考えて頂きたいのですが、本当にソーシャルメディアだけでなんとかなるのでしたら、クリック広告を展開しているGoogleもYahoo!も、とっくに広告出稿者がゼロになり、経営がうまくいかなくなっています。

ソーシャルメディアは、あくまでコミュニケーションを主目的にして作られたものであり、集客に特化して作られたものではありません。

活用をするとすれば、さまざまなものと組み合わせてこそ、はじめて価値が生まれるものです。英語ですが、以下の動画が非常にうまく表現しています。

いくらソーシャルメディアをヘビーにつかったところで、経験に基づいた建設的な発言を発信できなければ、相手にもされないことがほとんどです。

地道な営業活動を直ちになくすものではないのです。

そう言った点で、私にソーシャルメディアを使って無料で集客をすることを望んでいる方は、話がこじれますし、お役には立てないと思います。

勘違いその3:TwitterやFacebookはユーザーにならなければ、活用できない。

これもよく勘違いが見られるのですが、別にソーシャルメディアに登録しなくても、ソーシャルメディアを活用することはできます。コミュニケーションだけが、ソーシャルメディア活用ではありません。

以前も紹介した日本一の豆まき。早期に満員御礼になっていたのですが、これは日々のコミュニケーションを積み立てた結果というわけではなく、ソーシャルメディアユーザーにウケるコンテンツだったからなわけです。

面白い、興味のひくコンテンツを作ることが出来れば、それは、ソーシャルメディアユーザーにとっては「ネタ」な訳ですから、別にソーシャルメディアに参加しなくても、情報は勝手に拡散していくことになります。

※言葉は覚える必要はありませんが、面白いコンテンツで反応をとるマーケティングをコンテンツマーケティングと呼びます。


コンテンツの作り方に関しては、以前書いていますので、そちらを参考にしてください。

時間は限られた資源!その中で最高のパフォーマンスを!

時間は限られています。しかも、いつ死ぬかなんて予測はつきませんので、残高がどの程度あるかも分かりません。

その限られた時間の中で仕事をしているわけです。その中の時間でソーシャルメディアを活用するのならば、時間の使い方、活用の仕方について、冷静な頭で考えてみましょう。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.