集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略 マーケティング 集客

送料無料が明暗の分かれ目!?送料無料の作り方

投稿日:

商品を購入しようと思い、ショップカートの「カートに入れる」ボタンを押したのはいいものの商品を結局買わないということがあります。これを総合してかご落ちと呼びます。海外サイトのMiloによりますと、かご落ちは67%の確率で起こっているというから驚きです。

かご落ちした人のうち、55%の人が送料が高すぎて購入するのをやめたとのこと。逆に 通販に求めていることとして、73%が送料無料であること、60%が配達日時を選べること、56%が支払い方法が豊富であることを選択しています。

「海外では、そうなんだろう。」と切り離して考えるかもしれませんが、それはとんでもない!日本の場合も一緒です。楽天市場の検索ランキングを見ると、送料無料というキーワードが最も調べられているのです。

楽天

ちなみに、2位のクロックスというのは、サンダルのようなものでわたしも近所に買い物に行くときは履いているものです。

送料無料が通販で成功する為には重要であることは間違いないことはお分かり頂いたと思うのですが、送料無料にすることは至難の業です。実際に新規で各社に相談してみると、その難しさが身にしみて分かるはずです。

佐川急便のドライバーの話によると、各社配送コストをこれ以上下げれないというところまで来ており、昔の基準では送料を確約することができないとのことです。そのドライバー曰く、それが理由でAmazonとの契約を更新しなかったということです。

また、食品やなまものを販売する場合、適当に運搬されては困ります。そういったことを考えると運送会社はヤマト運輸に自然と絞られてきます。

では、ヤマト運輸でどのように送料無料を実現すればよいのでしょうか?

基本は価格の中に配送コストの一部を値入る。

基本は、配送コストを販売者側がかぶります。「え!そんなことしたら利益が・・・」ということになりますので、商品の価格決定時に、配送コストの一部を価格に値入ります。わたしの場合は、マーケティングを考える段階で、主要の販売エリアを絞ります。そのエリアに配送するのにかかる配送コストの50%〜60%を販売価格に入れています。

配送会社と契約する。

最近はコンビニなどで配送できますが、そこから配送していればいつまで経っても配送費用は安くなりません。

ですので、ヤマト運輸と配送に関する契約をすることは必須です。

ある一定の売上以下の場合、送料を有料にする。

「5,000円以下の場合は、送料を一律で500円頂きます。」というのがこれにあたります。

例えば、1,000円の商品を通常の配送方法で配送した場合、送料無料ならば確実に赤字です。

ただし、これをやる場合は注意が必要で、1,000円の商品しかなく、明らかに5個もいらないのに、5,000円以上送料無料は意味がありません。

一部の商品にメール便を取り入れる。

商品配送には不安がありますが、1,000円以下の商品で小型で重量もない場合、メール便で送るということも手です。

常に交渉する。

もしかしたら、これが一番重要かもしれません。配送量が増える度に交渉することで、送料を減らすチャンスを作ることになります。駄目もとで交渉してみることが大事です。

マーケティングする。

販売数量が増えることは、ある程度信用を高めることになりますので、売る努力を行うことです。

例えば、Amazonに同じ商品が並んでいる場合、同じような魅せ方をしたらおそらく送料無料のAmazonから商品を購入します。付加価値をつけて少しでも高値で販売数量を伸ばす努力することも必要です。

他にもありますが、ブログのようなオープンな環境で書けることではありませんので、ここまでにしておきます。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略, マーケティング, 集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.