労働生産性

グーグル版のエクセル「スプレッドシート」を使って、共有されたファイルをみる方法

最近は、エクセルが高いという理由で、他の表計算ソフトを導入しているところも多いようです。

コンサルティングをしていると、それぞれの環境に配慮する必要があります。

そのため、最近はGoogleのスプレッドシートを使う機会が増加しました。

スプレッドシートの良い点

  • インターネットが繋がっていれば、どこでも使える。
  • 無料で活用することができる。
  • ファイルをインターネット上で共有することができる。
  • エクセルとNumbersの関係を考慮しなくても良い。(スプレッドシート上で処理すれば良い。)

やはり、どこでも使えることにメリットがありますし、基本無料であるため、全員がスプレッドシートを使えることが前提でお話をすることができます。

スプレッドシートの悪い点

相手がエクセルを指定してくることもあるわけで、この場合は、スプレッドシートとエクセルの間で、変なフォント変換がなされることがあり、見づらくなる場合もあります。

あくまで、相手がスプレッドシートを活用することが前提だから良いと思います。

スプレッドシートの覚えておきたい動作

共有されたファイルをみる。

スプレッドシート

このURLが送られてきます。このURLを取得したら、それをクリックし、Googleのアカウントにログインします。

続いて、ファイルからコピーを作成します。これによって、閲覧モードであるファイルのコピーを自分のGoogleドライブにコピーし、利用可能状態にします。

OKをクリックします。

 

 

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-労働生産性

© 2020 SuccessPartner