集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略

今時、趣味程度の商品はウェブでも売れない。

投稿日:

最近大きくニュースにもなりました。日本のGDPは悪化してます。

通常このような景気に関するニュースの場合、生活で実感できるのは改善ではなく悪化の方です。実際にこのエントリーを読んでいるみなさんも実感はあるのではないでしょうか?今までは大した価格を気にしなかったものの価格を気にするようになり、贅沢をする機会も減っているのではないでしょうか?

現に、今年はみなさんも知っている通販企業である日本直販が民事再生法を申告しました。また、先日も取り上げたゾゾタウンのポイント還元率が1%から10%への変更、大手スーパーの大規模な値下げもそうです。これらが"なぜ起こったのか?"と言えば、明らかに売れなくなってきているからです。これらは、ウェブとリアル関係なしに起こっています。

ちなみにうちも例外ではありません。競争相手のいない商品は相変わらず売れているのですが、米等の商品の顧客獲得コストは昨年度の比になりません。これは、ウェブに参入した競争相手が増えたことも理由の一つですが、明らかに昨年よりも消費者が品定めをしている傾向があるからだと思われます。(これは、訪問数とリピーター数の関係を読むことで推測できます。)

選別するからこそ、必要なものは"本物であること"

だからといって、高価なものが全く売れないのか?と言えば、そうではありません。消費者が価値を感じる商品は相変わらず売れますし、信頼されているお店は相変わらず繁盛していると思われます。

その一つの例が、ナチュラルハウスです。オーガニック関連の商品を扱う店舗で、はっきり言って並んでいる商品の料金はかなり高額です。

ナチュラルハウス

それでも、先日行った時は、店内に顧客があふれていましたし、2キロ1,900円(通常:1,000円。有機米の場合は、1,500円前後)の商品を購入している方もいらっしゃいました。

これは、ナチュラルハウスに並んでいる商品は、「安全で信頼出来る」と消費者が思っているからであり、高い価格も「当然の対価だ」と思っているから成立しているものです。

この関係性を生んでいるのは、まぎれもなくこだわって選んでいる商品です。もしも、この商品群に偽造表示があったりしたならば、たちまち"どこにでもあるスーパー"と並んでしまいます。たちまち、価格競争に晒されることになると思います。いま、売れる為に必要なキーワードは、"本物"なのです。

趣味程度の商品では、もう売れない。

趣味という言葉も商用という言葉と同じで非常に意味が広い言葉です。とにかく没頭し、腕前がプロに負けていない人でもお金をとっていなければ趣味の範囲ですが、やることがなくてとりあえず始めていることも趣味です。前者の場合、それはもうスキルになっていますし、一流を目指すことはできますので、売れる可能性はあるでしょう。

しかし、それ以下の場合ははっきり言って期待できません。その理由は上記でも書いている通り、消費者は、"本物"を求めており、贅沢に当たる消費も控えている傾向にあるからです。ただでさえモノがあふれている時代に、品質がそんなに悪くもない商品が値下がりしているのです。

マーケティングは妥協を正当化するものではない。

マーケティングは"モノ売り"や"妥協による品質のしわ寄せを解消する"ものだと思っている方がいらっしゃるようですが違います。それは、ほんの一部分であり、この部分の改善だけでは限界があります。需要がないものは広告をたくさん打っても売れませんし、販売の部分だけ独自化を図っても、すぐに他社からの模倣やちょっとしたことで代替品にスイッチすることもあるからです。

マーケティングは、顧客と対話し、需要を汲み取るところから始まります。その過程で商品を開発することになります。結局は、商品を買うのも使うのも自分ではなく顧客側なのです。顧客との対話のない趣味商品が入る隙ははっきり言ってありません。

最も、月に2~3件、ソーシャルメディアで親しくなった方が買ってくれれば良いと思っている場合は、趣味レベルでも構わないと思います。それなりに儲けたいとお考えならば、商品を仕入れて販売する方向で考えるか、アフィリエイトなどの広告収入をメインで考えた方がきっと楽でしょうね。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略
-, ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.