集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略 マーケティング 売上アップ

集客ノウハウを勉強する前にチェックしておきたい5つの項目

投稿日:

「これをやれば儲かる。」

こういうキャッチコピーのものは分かりやすく、たくさんの人が集まりやすい。

・Facebookで儲ける。
・Twitterで儲ける。
・アメブロで儲ける。

前にも書いたと思いますが、こういった言葉は鵜呑みにしてはいけません。

信憑性がある出所だとしても、

あなたとその情報発信者では、
サービスの形態も商圏もターゲットも異なっているからです。

また、これらは情報の発信方法であり、
集客の核である内容(コンテンツ)が表からは見えません。

今回は、これらの集客ノウハウにひっかかる前にを勉強する前に、
しっかり確認しておきたいことをまとめました。

1.ターゲット

自分のお客さんとは誰なのか?

50代男性や40代女性といったあやふやなものではなく、
顔が思い浮かび、日常生活レベルでどんなものに興味をもっているのか?

そこまで詳しいものでなければ、機能しません。

2.なぜ、来店するのか?

「なぜ、お客さんが来店するのか?」

あなたはその理由を徹底して知る必要がありますし、考える必要があります。

これは、安さ以外でどんなことが喜ばれるのか?を知ることにつながるからです。

3.お客さんがチェックしていると思われる情報

売り方や経営関係の書類を読むよりも圧倒的に勉強になることです。

いつ使えるのか?本当に使えるのか?分からないことを学ぶよりも、
お客様が目にして学んでいる情報を知った方が何倍も大きな価値を生むことが多いからです。

※売り方に関しては、自分で情報収集を図るよりもコンサルを立てた方がいいです。勉強し、ノウハウ漬けになる位ならば、本業に集中し、少しでもサービス水準を向上させるべきだからです。

4. 商圏

ターゲットが全くいないところにアプローチしても意味がありません。

例えば、近くに飲屋街があるのに、わざわざ車で1時間もかかる居酒屋にいくでしょうか?
(この答えをYESにするには、独自化が必要になります。)

どのエリアならば来店することが可能なのか?
また、どのエリアの人ならば来てもらいやすいか?

広告の集中投資を行う為には知る必要があります。

※インターネットの場合も実は、よく売れるエリアと売れないエリアがあります。
全く売れないエリアは検討がついているので、最初から相手にしていないです。
SEOやソーシャルメディアで受注が来たら、ラッキーという感じです。

5.ライバル

同一商圏内で一番の競合店はどこなのか?
そしてそのお店はなぜ選ばれているのか?

いいところはまねて、更に喜んでもらえる独自の強みを作り、
広告や自社媒体でアピールしていきましょう。

追伸)

最近はFacebookネタのセミナーが地方でも多くなっているようです。

捉え方は人それぞれなので、聞きたくない人は聞かないでください。

やはり、Facebookもエリアマーケティング なんだな〜!と思います。

インターネットの場合、実はある事柄が普及するのに普及の仕方というものがあります。

はやいのは愛知と福岡、意外に熊本。

そこから順を追って広がっていくのですが、Facebookもそんな感じで普及しています。

「今からはFacebook?」「最新?」(ーー)んー?

2年前の使い回しのフレーズを使ったチラシが届くとはなんとも滑稽ですね^^;、

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略, マーケティング, 売上アップ

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.