集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略 売上アップ

「誰に何をしてあげたいか?」が一番大事。

投稿日:

結論はタイトルの通りです。

インターネットの世界では、

「誰に何をしてあげたいか?」

がビジネスにおいて一番大事なことだと常々思うようになりました。

というのも、自分から出たものをベースに商売をすると、
強みだったり、差別化だったり、なかなか作れないんです。

それは、今持っているスキルや資源(リソース)
をベースに商売をしてしまおうとする人が多いからです。

これは、相手が見えていないため、
相手の心理やニーズ(悩んでいること)検討がつかず、
具体的に特化すべきことや付加すべきスキルや資源が見えないことにあります。

つまり、今後競争力をつける為の指針が見えてこない為に、
危険な価格競争に走ってしまいがちになってしまうのです。

今後、新たにインターネットを活用して商売を拡大したい!
もしくは、新たに商売を始めたいと言う方は、

・自分は一体誰の為に役に立ちたいのか?
・そして、その人の為に、何をしてあげたいのか?

をしっかり定義して、その人の満足度を高めることを特化の指針にすべきです。

「そんなことで顧客は増えるわけがない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、
それは、上から発言になってしまい大変恐縮なのですが、勉強不足だと思います。

大手の商品開発でも相手をベースにして行われますし、
ましてや、インターネットの場合は、見る権利も問合せする権利も相手側にあります。

つまり、「これは私の為にあるものだ!」と思わせることが大事であり、
それはホームページの文言だけでは表現が足りず、
商品/サービスから考えなければならないものなのです。

ただし、相手のことを考えていないからと言って、
商品/サービスをすべて人気の高いものにリニューアルしろ!と
言っているわけではありません。

商品/サービスが出来上がっていたとしても、
相手を意識することにより、相手が求める点を伸ばすことで
商品/サービスの売り方をシフトさせることが出来ます。

(すでに商品がある方でもご安心ください。)

もし、ご自身のターゲットが不明確の場合は、
この際明確にしていってみましょう。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略, 売上アップ
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.