インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、電話やメールなどでコミュニケーションをとることを基本としているいわゆる内勤営業のことです。

直接会うことでミーティングを繰り返すフィールドセールスに比べると顔が見えない分だけ信頼性が低いとされましたが、高性能なWeb会議ツールが普及しはじめたことから営業の労働生産性の改善の視点から注目されています。

フィールドセールスは精度の高い情報共有や信頼性の構築が可能な反面、生産性がない移動に費用と時間を消耗してしまうデメリットがありました。

音声の精度が高く、対面形式でデータのやりとりをしつつミーティングが可能になったWeb会議ツールを活用することで、営業マンの負担を減らしつつ、1日に可能なミーティングの件数を増やすことができますので、生産性の向上が期待できます。

 

© 2020 SuccessPartner