080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

両利きの経営とは

イノベーションを起こし、魅力や模倣困難性を向上するための経営モデルの一つ。探索と深化の対立する概念の両輪を実施し、企業を成長させます。

スタンフォード大学のチャールズ・A・オライリーとハバード大学のマイケル・L・タッシュマンが提唱した概念です。

探索とは

サーチ、変異、実験、イノベーションに関わる企業の学習活動を指します。自社の経営資源を活用した新規事業の開発であり、時間を使い、成果がより不確実であり、成果が出るまでに時間がかかります。急進的イノベーションを起こすものです。長期的成果に関わります。

深化とは

洗練化、効率化、選択、実行に関わる企業の学習活動を指します。既存事業のブラッシュアップであり、効率的で成果がより確実であり、成果が出しやすいです。短期的成果に関わっています。

まとめ

中小企業の場合は、限られた予算で成果をなるべく早く出す必要性があります。そのため、研究で開発した新規事業にマーケティングを行い、市場開発する余裕がないことが多いです。そのため、市場がすでに存在し、リスクが小さく利益率の高い成長見込みの高い事業を模倣することが多いです。

模倣した事業であるため、差別化することが難しく、最終的には、組織力の高い企業がシェアを獲得する傾向にあります。独自性を深めていくためには、顧客ニーズを読み取り、グロースハックなどの手法で深化を実施していくのが良いでしょう。

© 2021 集客作戦本部 Powered by AFFINGER5