シュガートークとは?

「未経験でも100万円稼ぐことができた!」「たったこれだけで、信じられないほどのお金が!」と言った常識的に考えれば耳を疑う言葉が世の中には溢れています。

これらは、その内容に魅力を感じる人を瞬時に自分に注目させ、場合によっては商品の購入まで導きます。

この言葉は、シュガートークと呼ばれ、相手にとって心地の良い言葉を指します。シュガートークを使うことで、難しく感じるものでも、より身近なものに感じたり、自分もできると思うため、成約率を向上させることに役立ちます。

このシュガートークの活用は広告でよく使われます。

現在では、検索エンジン以外にも、ブログに貼り付けられている広告、Youtubeに貼り付けられている広告と、様々なタイプの広告を目にする機会が増加しています。

その広告の目的の一つは、当然Webサイトへの集客です。この場合、興味を持ってもらい、クリックされなければ意味がありませんので、シュガートークが使われる傾向にあります。

シュガートークの作り方

シュガートークの条件は、「対象となる人にとって都合の良い、心地の良い言葉であること」が前提です。

例えば、収入をもう少し上げたい、ただし時間がないという人には、「毎日の作業は30分。たったこれだけの時間で、毎月30万円稼げた。」となります。そのため、反応して欲しい対象の人のより具体的な定義が必要になります。

一見すると胡散臭いわけですが、成約率が上がれば良いわけで、一部に刺されば良いという考え方が適用されます。つまり、1%の反応率が、2%になった段階で、シュガートークの効果はてき面だったと判断します。

シュガートークで注意すべき点

期待値を上げて購入しやすいようにするのがシュガートークの役割ですが、副作用として、冷静な判断能力を相手から奪うことになります。

顧客の対応、そのものの商品価値が期待値からかけ離れているものであれば、「詐欺」と言われてしまう可能性が高く、場合によっては各種訴訟にまで発展する要因に繋がる可能性があります。そのため、シュガートークで言及されている機能は、サービスや商品本体が満たしていなければなりません。

深刻なコンテンツコピー被害が確認できましたので、コピーできません。

© 2020 SuccessPartner