集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

sns集客

名刺を交換しただけの人とはフェイスブックの友達申請を受けない理由

昨日は、山形県内の某所で開催されたセミナーおよび懇親会に参加しました。山形県にしては規模が大きく、100人くらい集まった会でした。

会自体は素晴らしかったです。

怒っているスーツの女性

興ざめだったのは、懇親会での出来事です。

こういった懇親会では、必ず大した会話もせずに全力で名刺を配ろうとする人がいます。保険屋とかIT屋に多いですね。

「こういった人々って、結局セミナーの内容だったり、会に興味があるのではなくて、自分の名前をばらまくことしか考えていないケースが多いんですよね。名刺配る君、名刺配りちゃんが最近厄介になったのは、名刺に記載されている名前をフェイスブックで検索して、お友達登録をしてくること。つながったとしても、結局は投稿に「いいね!」を押すだけで深い関係になることなんて一切ないんです。

自称フェイスブック交友関係評論家の小形洸太さんが問題点をあげます。

こういった人々とフェイスブックでつながった場合、自分の行動が随時チェックされてしまう可能性があります。また、これらの人々は、フェイスブックの友達の人数も多く、自分がつながりたくない人とつながっている場合があります。もし、投稿の公開範囲設定を友達限定にしていなければ、投稿に「いいね!」を押されただけで、それらの人に投稿を見せてしまうことになります。」

結局、あんまり知らない人とつながってもリスクしかない。

フェイスブックは、ツイッターやグーグルプラスなどとは活用のされ方が違っています。

多くの人は、ツイッターやグーグルプラスでは情報のシェアを、フェイスブックではパーソナルな出来事と情報のシェアを混在した活用を行っています。

だからこそ、フェイスブックは、あんまり知らない人とつながるとリスクが大きいのです。

私も一時期、フェイスブックの友達数は3,000人いましたが、今は45人です。結局、この位〜せいぜいいっても100人くらいがフェイスブックページからの情報収集がちょうど良い感じだと実感しています。

そもそも、名刺を交換しただけの人々は知ったうちに入りません。

一時期、「フリーランスには名刺が重要だ!」というお話が流行りましたが、印象に残らなかった人の名刺ってとっておくこと自体がないと思います。

印象に残らなかったからフェイスブックで繋がって印象を強くしましょう?

実際にあって、ろくに意気投合もできなかった人とつながって、印象が強くなるとでも?ちょっと私には理解できませんね。むしろ、ろくに知らない人がパーソナルな場に名刺を交換しただけで、あがりこむ行為は、住所を教えて、勝手にあがりこむ行為とどこが違うんでしょうか?

そして魂胆は決まっています。このような行為を一生懸命するのは、講習などで、営業法の一つとして叩き込まれたからです。

つい最近、ツイッター上で、全社員フェイスブック講習会を開催しているツイートをみました。フェイスブックを使えない人もアカウントを作らされているようです。

会社のため、自身のノルマのためという名目で、参加している中高年の社員がフェイスブックと戦っている様が写真で公開されていました。

この中高年のおじさんたちも、一生懸命名刺交換をした相手を後ほど検索してフェイスブックの申請を行うのでしょう。営業活動として。

個人の場に土足で入りこむことだと知らずに飛び込むわけです。スーツをきた状態でね。仲良くなれると思いますか?なれないでしょ。

結局、これはマナーの問題になっているのではないでしょうか?

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

サクセスパートナーの集客システムでは、動画セミナーでのメッセージや集客のトピックをレジュメの形で提供しております。入会にはライセンスを購入していただく必要性がございます。詳しくはこちら

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-sns集客

コンサルタントの
ブログ集客法

登録するとセミナーを無料で閲覧できます
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.