080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

ツイッター

世界で最も勢いがあるのはTwitter(ツイッター)

投稿日:

特にはてブお願いします。

アメリカでは一番勢いがある媒体はPinterestと過去にも取り上げましたが、世界的に見ると、Twitterが一番勢いがあるようです。

以下のグラフは、2012年のQ2(4~6月)とQ4(10~12月)の間のアクティブユーザーの変動を調査したものです。

2012年のソーシャルメディア間のユーザーの変動

画像クレジット:Twitter Now The Fastest Growing Social Platform In The World

上記のグラフによりますと、一番勢いがある媒体はTwitterです。続いて、Facebook、Google+と続きます。

この調査では、日本のソーシャルメディアMixiも含まれており、約25%ほど低下しています。このあたりは、残念ながら予想通りの結果と言えそうです。Mixiだけに限らず、グローバルなソーシャルメディア(多言語対応)にユーザーが集中し、国内のみのローカルなソーシャルメディアはユーザーの流出を許しているように見えます。コミュニケーションの場であるソーシャルメディアも大手のスーパーと地方の小売店のように淘汰が起こっていることがよく分かるグラフでした。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-ツイッター

集客コンサルはこちら詳細を確認する
+ +

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.