集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

無料でウェブ集客を実現する為の思考法

投稿日:

他の記事でも書いているように、無料で満足のいく数の集客数を実現するのは非常に難しいが、受注数が全くないレベルから月に十数件ほどの受注に増やすことならば、お金をかけずとも工夫でなんとかすることができます。

というのも、世の中のウェブサイトのほとんどがデザインだけにお金をかけており、情報が足りないものが多いからです。

※デザインが不要だと言っている訳ではありません。

顧客側の視点に基づいた情報掲載

当然中の当然のお話、インターネットで検索して買いたいものを探すときには、商品の情報を探すわけです。サービスを検討する場合は、お客様のフィードバックを探しますね。これらの情報が欠落している場合、「特定キーワードでSEOだ!」なんて、言っても、検討すらされない訳です。

例えば、ビジュアルが求められる商品の場合は、写真を豊富に掲載し、コメントを掲載するだけでも閲覧者からのリアクションが変わってきます。

顧客側の思考に基づいたキーワードの選定

また、上記でも取り上げているSEOでも工夫はできる訳です。具体的にはキーワードの選び方の意識を変えるだけでも閲覧者の質を変えることができます。

例えば、商品名だけで考えれば、確かに比較検討をしてくれる良質な検討客と出会えるかもしれません。ですが、当然そんなことは他の業者も考えていることで、激しい比較競争が起こることは必然になります。商品名から購入者の”購入する目的”に切り替えて考えてあげると違った購入意欲のある客層にシフトさせることができます。

商品名「ダリア」
目的に基づいたキーワード:「花言葉 感謝」「花 贈り物 感謝」

ソーシャル化!する前に・・・

ソーシャル化することが重要だと言われていますが、全く集まらない理由はそこではありませんよね。根本的な問題は情報が欠落しているからです。まずは、その点を見直してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.