集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略

中小規模の店舗が機会損失を行わない為の集客の方法

投稿日:2012年7月9日 更新日:

つい先日のお話の記事で、これからの集客戦略は組み合わせをしていくことが重要だということを言いました。

ここでは、四葉のクローバー戦略としましたが、自社で保有しているもの(自社メディア/オウンドメディア)とソーシャルメディアのような評価を得るもの(アーンドメディア)、広告(ペイドメディア)の3つをうまく組み合わせることでそれぞれ別々で行った時よりもたくさんの機会を作ろうというものです。これを業界用語ではトリプルメディアと言いますが、単語自体はどうでもいいです。

例えば、昨日のまとめ記事でも紹介したルミネもトリプルメディアをうまく使っています。

広告(ペイドメディア)で実店舗に集客し、「ネットでも実店舗と同様の特典で買い物が出来る」ことを認知してもらう。(オウンドメディア)そして、ネット上で各ブランドのコーディネートを紹介する動画(アーンドメディア)を公開した。それらの動画にはたくさんの「いいね!」が押された。

一見、複雑でコストもかかりそうな大企業のマーケティング手法に見えます。しかし、これは逆説的に考えるとブランド力がある企業がやっていることで、中小企業はこれ以上に工夫を凝らさないと生き残れないということでもあります。また、私から言わせれば、ただチラシを配布するのに比べて、そんなに大きなコストはかかっていないと思われます。

上記のようなことをやると何が得なのか、分からない人の為に解説します。実店舗に来店した人を相手にインターネットに誘導していますので、基本的にネットショップに集まる人は、ルミネのファンの人になります。

それらの人は、ルミネの商品に対して、ある程度の信用を持っています。ネットショップのいい点、「どこにいても行く用事がなくても買えること」で機会損失を抑えることができます。

また、アーンドメディアによって、FacebookやTwitterからネットショップに誘導することができ、動画を見て、購買意欲を持ったら、ネットショップか実店舗から売上が立つことになります。

機会損失を作らない仕組を作っていきましょう。

このトリプルメディアの考え方と分類が馴染みのない人にとっては非常に難解な為、四葉にアレンジをし直しました。

店内POPは、オウンドメディアですので、自社メディアに入ります。

飛ぶ鳥を落とす勢いのジャパネットたかたがTVCMと折り込みチラシおよびインターネットとのクロスメディアを最近行っていました。その時、テレビCMでは言いたいことのみをコンパクトに伝え、詳しい部分は本日の折り込みチラシおよびインターネットに任せていました。

「テレビCMなんてやるお金がない!」という中小企業でもアイデア次第で組み合わせも無限大ですし、低コストで行える方法がいくらでもあります。

尤も、続きはウェブで!なんていう5年も8年も前のプロモーションをイメージしていませんか?そんなメッセージを消費者は期待していません。チラシで興味を惹き付け、ネットでだめ押しするくらいの仕組の設計は必要です。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略
-, , ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.