080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

WEB戦略

通販をやっているならばインフルエンサーはあてにするな。

投稿日:

特にはてブお願いします。

コンテンツマーケティングができない言い訳

SNSを使ったアクセスアップのお話になると、よく話題にあがるのがインフルエンサー(影響力のある人)のお話になります。

インフルエンサーにシェアされることで、シェア数が急激に増え、アクセス数は飛躍的に伸びます。

しかし、現実的なお話。この他人の力をあてにしたやり方は、SNSをビジネスに使っているユーザーは引き起すことができません。インフルエンサーの話を掲載しているブログを見て頂ければ分かるのですが、結局は結果論なわけで。ウェブ上でインフルエンサーともともとつながっているわけではない大多数のユーザーは、SNSでのシェアの波を期待しても期待通りにはなっていないわけですよね。

ウェブマーケティングにおいて、自然な流れは、「1.見込客へのリーチ2.興味を持ってもらうこと3.購買してもらうこと4.レビューしてもらうこと」です。これはちょっと古いですが、電通が提唱したAISASの流れになります。少し考えてみれば分かることなのですが、役に立つ無料の情報をSNSでシェアしても、役に立つか分からない利用もしたことがないお金が関わる情報をシェアすることはほとんどありません。シェアするとしたら、実際に利用してみて満足していて、他人にも推薦したいと思った時です。つまり、ろくに売れてもいない段階で「SNSに情報を流せば情報が拡散する・・・」なんてことは妄想になってしまうわけです。

ウェブからの収益を得たいとお考えでしたら、少なくとも自力でも販路を確保するべきです。

見込客へのリーチは広告で。

お金をかけずに見込客を集めることはできますが、時間も労力もかかります。その間も営業があるわけで、成果が出るまで待ち続けることはナンセンスなことでもあります。

アドワーズやYahoo!プロモーション広告などの検索キーワードに基づいた広告は、購入意欲の高い見込客を集めるのに効果的です。また、効果な商品を販売する場合は、継続的な情報発信が効果的です。それには、今のところフェイスブック広告が効果的です。LINEも絞り込みが詳細にできる広告をリリースすれば使えるようになるかもしれません。

興味をひくようなコンテンツを。

見込客を集めた広告に応じて、必要とされるコンテンツを提示します。

例えば、アドワーズやYahoo!プロモーション広告の場合は、その商品自体に興味をもっている場合がほとんどです。ブランドにも興味を持ってもらえるように、他の製品との違い、実際の購入者の声、初回購入者への特典などを提示します。また、フェイスブックなどのSNSの場合、商品自体への興味がぼんやりしていることが多かったりします。ですので、商品の説明、使用感などから丁寧に情報発信を行います。

レビューやシェアをできる環境を。

レビューは放置していても口コミサイトなどに起こることもあります。

ただし、これらはコントロールできるわけではありませんし、十分な量のレビューというわけでもありません。昨年話題になったステマを疑う人もいるでしょう。信憑性が薄いのです。自分のウェブサイトのコンテンツが増えたり、アクセス数が増えたりするわけでもないですからね。

ですので、実名制の高いフェイスブックコメントや土屋鞄などが行っている購入した人しか書き込めないレビュー欄を作成することがいいでしょう。フェイスブックにシェアされる仕様を考えると、フェイスブックコメントの方がいいかもしれないですね。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.