Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

マーケティング

Twitterで収益化を図るのは、理にかなってはいない。

更新日:

マーケティングプロデューサーの小形です。

Twitterが日本の文化にあっており、話題の発信源としては、InstagramとYoutubeの3大ソーシャルメディアの一角を張っていると言っても過言ではありません。

影響力があるというと、Twitterで商売を始めようと思う人が群がってくるわけです。

確かに、Twitterで影響力を獲得し、集客に成功している人はいます。
その一人が、あの怖いことがあるまでの私でもありました。

ただし、今のTwitterを収益源として考えるのは、ちょっとリスキーかもしれません。

最新のお知らせ

【初回相談】集客コンサルティング

サクセスパートナーでは、集客のディレクション及びコンサルティングのサービスを提供しております。

サービスのお申し込みの際は、必ず初回相談のお申し込みをお願いしております。

初回相談では、「簡単な診断」及び「具体的に何をすべきなのか?」のお話を中心にいたします。

現在相談費用50%オフキャンペーン実施中!!

Twitterのフォロワーが見込み客なのかどうかという話。

Twitter、フォロワー数重要理論がまたマーケティングに馴染みのない層で広がっているみたいです。

 

InstagramやYoutubeのフォロワー数、チャンネル数は、影響力と言っても良いと思いますが、Twitterはちょっと疑問があります。

 

というのも、フォローの意味合いがそれぞれ違うからです。

 

InstagramやYoutubeは、本当にその人の発信する情報に興味を持っているケースが多いです。

 

Twitterは、それに対して、ただ情報を入手したり、匿名環境でわんわん言っていたり、そして興味がなくてもフォローバックする習慣があります。

また、Twitterに関しては、複数アカウント保持が普通であるため、他のソーシャルメディアのフォロワー数と同じ数値でも、意味合いが全く違います。

 

そのため、Twitterのフォロワー数は、本当のファンとは言い切ることができない場合が多いです。

Twitterの集客で現在話題になっている店舗も、これだけでは千客万来というわけではなさそうです。

併せて読みたいTwitter集客の今昔。Twitter集客には高いセンスが必要

 

Twitterの収益化というとアフィリエイトのテーマでもあります。

Twitter関連の商材をみていると、自動でアカウントを生成し、よそのアカウントをフォローするBOTがあります。

 

美人の若い女性の顔を使ったアカウントで、それらしいツイートをしている女性アカウントを毎日のように見ているのではないでしょうか?

このアカウントが、これがおすすめとアフィリエイト広告のリンクを紹介する仕組みで、収益を獲得する仕組みです。

 

こんな見え見えの方法でも、Twitterは、ウェブに知識のない中年以上の男性も見ていますので、ひっかかります。いつの時代もそうです。

 

しかし、Twitterもこのような状況を放っておくはずがありません。そのため、毎日のようにアカウントの削除を実施しています。つい先日、私のフォロワーが千人単位で削除されたのですが、これは、特定のルールに基づいてTwitterがアカウントを削除したからです。

 

Twitterの収益の自動化は、運営によって許可されておらず、ここに力を入れるのはナンセンスだということになります。

スポンサー

Twitterに時間をかけるか、SEO対策に時間をかけるのか?

さて、問題はここからです。

有名になりたい、ブランド人になりたいなどの欲求を横においといて、収益化を図るためにはTwitterとSEO対策どちらに力を入れた方が効率が良いのでしょうか?

 

Twitterの収益化の仕組みは、自分に注目するファンを作ることからはじまります。フォローされても、いつも自分の投稿をスルーされていては意味がないからです。

そのため、注目される行動をとにかく行うことから始まります。

例えば、特定分野で注目されたければ、Youtubeライブによって、そのジャンルに興味のある人をかき集めて、ファン作りに注力するのが一番効率的だと言えます。なにせ、140文字のコミュニケーションではなく、直接話をした上で、誰よりもその分野で強ければ、ファン作りができます。

ただし、この場合、ニーズの有無は全くの無視なので、収益源は、広告などに限られてしまいます。そのため、単価が安いため、数をおっていく必要性があります。

 

それに対して、SEO対策は、コンテンツを作るという試練が待っていますが、キーワード選びで特定のニーズをもった人に向けた情報のリーチが可能で、良質なコンテンツであれば長期間その情報を表示させることができます。

特定のニーズをもった人に対するコンテンツ作りを行うことで、納得いく説明を受ければ、単価の高い製品を購入することもあります。そのため、単価が高く、大きな売上を獲得することができます。

 

どちらに時間をかける価値があるかと言われると、正直人の得意不得意によります。

アピールがうまい人、人を喜ばせる才能がある人はTwitterというよりは、SNSでも収益化が可能だと思います。

しかし、ほとんどの人は、そういった才能がないため、才能がなくてもできるSEO対策の方が、収益化はしやすいかと思います。

 

収益化の最終形態はメルマガ

収益化のお話になると、最終的に何を基盤にすべきなのか、何が最強なのかというお話になります。

それは、メルマガになります。
(飲食店の場合だとLINE@かな。)

なぜ、そんなことが言えるかと言われれば、SNSもSEOも環境の変化によって、急に成果がゼロになるリスクがあるからです。

 

例えば、SNSに関しては、国の規制、アカウントの削除、そして、一番ありうるのが飽きたから閲覧自体をやめてしまったなどのリスクがあります。

SEOも同様で、後発に強力なコンテンツを準備されてしまい、中古ドメインで評価を上げるような行為を行なわれてしまえば、順位が落ちます。また、なんらかの方法で、検索から除外されるなどもありうる話ではあります。

 

これらが万が一発生した場合、どちらもバックアップが効かないリスクがあります。

それに対して、メルマガは、CSVによるデータのエクスポート機能があれば、データから復活することがいつでも可能です。

メルマガは、Amazonや楽天市場の主力の集客方法であり、リアル店舗でもコストコが重宝しています。もし、今後ウェブ集客で安定した集客を実施したいと考えた時は、メールマガジンの実施は必ず必要になってくるでしょう。

注意ポイント

ただし、メルマガを実施する場合は、特定電子メール法に準拠する必要性があります。

副業などでアフィリエイトを行っている人の場合は、住所が特定される署名もしくはURLにリンクが必要になります。

そのため、規模を大きくすれば、副業がばれる可能性があります。
副業でメルマガを使う場合は、隠さず勤務している会社に副業をしていることを伝えてしまった方がいいのかもしれません。

そっちの方がのびのびとできます。もちろん、副業禁止が明記されている場合は、使えませんが。

メルマガを活用する場合は、おすすめしているのは、アスメルです。

相変わらず、バナーはダサいのですが、メールの配信制限がなく、シナリオも無制限に使えるため、さまざまな種類のメルマガを作ることができます。

 

私がそうなのですが、興味のないメルマガに登録はしません。興味のあるメルマガだったら登録します。そのため、パターンA、パターンBのようにテーマの違ったメルマガを作っておくことが登録者を増やすコツになります。

 



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。サクセスパートナー代表。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗マーケティングツールの供給会社に就職し、顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、数学的や生物学的なアプローチとマーケティングの知識を組み合わせたコンサルティングを提供開始。最近はコアな部分の評価や改善業務も実施することもあり、集客コンサルという言葉で言い表せないほど多岐に精通している。

-マーケティング

集客力アップで、強靭化をはかりませんか?

今すぐはじめる集客力向上

集客などのキーワードで上位表示をしている集客コンサルの小形が提供するわかりやすいメールと動画コンテンツ
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.