Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

悪質なレベルでの記事盗用がひどすぎるので、全記事右クリックを禁止しました。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

sns集客

Twitterの強力な活用方法とは?今現在のTwitterはどんなツール?

更新日:

Twitterについて、"やめたい”とフェイスブックで繋がっている人がポストしているのをみて、ふと思ったことがあります。

SNSなんて、やること自体に意味はありませんので、やめる、やるは自由です。

Twitterは特殊な空間として成立しているのは確かだと思いますし、それについて言及してみようかと思います。

Twitterという媒体は、好きを集める媒体として成長

テレビを見ていると情報の提供元が、Twitterであることが増えました。Youtubeもネタ元として成立している媒体ではありますが、これも「Twitterで話題の」Youtubeと条件付きです。

Twitterは、よくいいねをつけたり、リツイートをするアカウントをピックアップし、ログインした時に、上位に表示する仕組みがあります。
これは、ブックマークの意味合いのある機能で、自然とTwitterで情報を収集する場合は、その好きなアカウントからの情報に集約する仕組みになっています。

 

そのため、Twitterと言えば、いろんな意見を雑多に見れるという空間だった昔に比べると、好きなものを限定してみる空間に変化しています。

なぜ、起業家がTwitterを積極的に行っているのか?

Twitterを起業家が進める理由は、一つしかない。

好きなものを限定してみる空間に変化したTwitterは、良くも悪くも閉鎖的なSNSになっているからです。

そのため、Twitterは、自分のブランド価値を高めるのに最高のツールになり、見事に洗脳ツールとしても成立しています。

特定の人物に惚れ込んだ人々は、その人の価値観を無条件で取り入れ、それを賛辞し、拡散する性質があります。Twitterは拡散力の強い媒体ですので、新たなファンを開拓し、同一の環境の人を量産するためには都合の良い環境です。

小形

「君にもできる!やれる!」と心地の良い言葉を閉鎖的な環境で聞かせるのが洗脳のテクニックです。

その結果、知っての通り、同質的な人が群れをなす傾向が観察できます。

Twitterの活用方法は大きく分けて2つ

Twitterは、情報を発信する媒体ではなくなりました。

情報を発信したところで、好きな人でなければ情報がろくにリーチしないからです。

そのため、情報を発信するなどよりももっと深い心の部分をフォローアップすることを意識的に行うことが、Twitterの強力な活用方法になっています。

一応、「Twitter集客の今昔。Twitter集客には高いセンスが必要」に通じるところはあります。

Twitterとは、感情をインキュベート(ゆっくりと育てる)媒体です。

心を掻き立てる。鼓舞する。

好きだと思っている気持ちが大きくなれば、飲食店であれば、また来てくれます。

Twitterは口コミや評判をシェアされる媒体ですが、他の媒体とも連動性が高い媒体です。つまり、Twitterのユーザーの感情を高めれば、他の媒体でも好転する結果に結びつきやすくなると考えられます。

例えば、◯◯が好きだとツイートした時に、本人からお礼や感謝の気持ちが届けば悪い気持ちはしません。逆に、よくわからない人に一方的に悪く言われてしまえば、その人が嫌いになります。

こういった単純なやりとりの積み重ねやランチェスター戦略の接近戦に通じる距離感を詰めた投稿が、結果的に、心を掻き立て、好きな気持ちを大きくします。

洗脳する。

前後関係を言い出すと正確ではないのですが、同じフラストレーションや考えの人を甘い言葉で誘い出し、甘い言葉攻めで同じ考えの集団にしてしまいます。

例えば、日本の場合は、新自由主義とそれ以外の集団がTwitter上で情報工作をしていることが多いです。ネトウヨ、ネトサポとひとくくりにすることで、共通の敵を作り、同じ人物の行動を賛辞する行動が見られます。

また、特定のブロガーや起業家の言動をフォローする人と批判する人に分かれます。批判する人の言い分は大概であったりするのですが、納得できる批判であっても、フォローする人は言動を”悪意のある批判"と決めつけてシャットアウトしようとします。

これについてどうというつもりはありません。こういう手法でブランディングを行った結果がこのような形になっています。

ブログは知るきっかけを作る。

Twitterが強力な洗脳ツールとして成立するのは、あくまでその人が何者であるかが明確であり、ファンがいることが前提になります。

最初のファンをどこで作るかが重要になるわけです。

ファンになるきっかけを作るのは、十分な認知力を生む方法でなければなりません。その方法はキーワードを使うしかなく、SEOが有効な媒体が必要になります。

具体的には、ブログ、Youtube、生放送です。

得意な媒体を活用すればいいですが、ただ使うのでは意味がありません。その人が何者であるのかを証明するのは、逸話(業界用語で言えば、シンボリックストーリー)があることで、その人や企業の信頼性を高める結果になります。

個人であっても、企業であってもその人を象徴する逸話が人気のエンジンになります。

シンボリックストーリーに関しては、なぜ、佃製作所の製品を購入したいと思うのか?シンボリックストーリーで強いビジネスモデルにする。で解説しています。

ブランディングコンサルタントがいうには、ブログに自分の感情や主張を書くことが重要らしいですが、それで認知がいつまで経っても広まらない人がたくさんいます。

ブログやYoutubeは、もっとキーワードにこだわった方がいい結果になります。

まとめ

日本はフラストレーションが溜まりやすい社会です。

そのため、収入を増やしたり、馬鹿げたことをやる人が人気を集めます。これは、憧れとプライドなどの感情が強いからと言えます。

Twitterは情報発信ツールというよりは、感情インキュベーションツールとして理解した方が、運用方法の方向性もはっきりするのではないでしょうか?

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-sns集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.