集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

マーケティング 売上アップ

意外に多い!「売るものがないけれどビジネスがしたい」という悩みについて

更新日:

 

コンサルティングやスカイプスクールを運営していると、意外や意外なことで悩んでいる人が多いことに気がつきます。

その中でダントツ一位が、「売るものがない」ということについて。

よくよく考えてみれば、一見信じられないような問題に本気で悩んでいるから、流行に流され、先の見えないことを始めてしまう人が多いのかもしれません。

今日は、このことについてお話します。

大前提:自分に売るものがなければ他所から調達しろ。

みなさんが知っているようなイオンや東急などのお店は、自社で企画しているプライベートブランド商品(PB)を除いては、他所から商品を調達しています。

それは、自分に生産力がないための他なりません。

もし、商品がないことに悩みを感じているのでしたら、まずは商品の調達先を探し出し、交渉することを考えましょう。

これは、小売業ならば、誰もがやっていることです。

しかし、商売をこれから始めるという人にとっては、当然ですが販売力がありません。信用もありません。相手にされない可能性が高いでしょう。

だからこそ、商品に対する売りたいという気持ちを伝える力だったり、お互いのリスクを最小限にしてオペレーションをする知恵は必要だと思います。

その2:本当に勧められる商品のみをアフィリエイトする。

商品の調達ができないなんて、本来事業者であるならばありえませんが、倉庫が確保できないなどの関係で、売りたい商品を在庫することができない場合もあります。

この場合、広告モデルを検討する訳ですが、これからビジネスをやりたいと思っている人が、アクセス数が数十万のウェブサイトを持っているわけがありませんよね。ですので、ページビュー数がものをいう純広告はまず無理です。

「ドロップシッピングはどうですか?」と聞かれることもあるのですが、ドロップシッピングをやるようなメーカーは自社でオンラインショップを保有しています。つまり、どこよりも安値を出すことが出来るメーカーと競合することになり、勝負になりません。

そこで考えるのが、アフィリエイト広告です。

「アフィリエイトは儲からない!」という人も少なくありません。

それは、思い入れもない商品を無差別に紹介したりするから、成約に結びつくようなアクセスを送ることが出来ていないんですよね。自分が本当に人におすすめできる広告をセレクトすれば、キャッシュを作ること自体は可能です。

たまに広告を選ぶポイントを聞かれることがあります。それは、アフィリエイトを専門にやっている人から聞いた方がいいと思うのですが、私の場合は、、
・PPC広告も頻繁に出稿している企業
・誰もが名前を知っている企業(テレビでおなじみの企業)
もしくは、自分が使っている商品が最低条件です。知らないメーカーの商品を買おうと思いますか?思いませんよね〜。
あとは成果報酬の発生条件と額を見て決めます。

その3:商品とアフィリエイト広告を混合して用いる。

例えば、米もそうなのですが、通販で購入するとおいしいおかずが欲しくなるときがあります。

それを自社でどうしても用意できない場合は、調達するのですが、それが叶わなかった場合は、アフィリエイト広告を用います。

"付け合わせ"需要が明らかにあるものを、アフィリエイトで補填するという考え方です。

アドセンスはダメなの?

悪くはないですが、商品を抱えている場合、度々競合の広告が優先されて表示されることがあります。

本当にあったビックリ事件としては、「おがたさんがすすめていたDVD買いました!」と言われ、「はて?紹介なんかしたかな?」ということがありました。まあ、それは、アドセンスに表示された広告だったんですけれどもね。

悪質なサービスもアドワーズを使っている場合が多いです。私はそんな企業の広告の糧になるつもりはありませんので、アドセンスをはずしました。

アフィリエイト広告に関しては、最初のうちはベタにA8やバリューコマース辺りから始めればいいと思います。この2つで、たいていの有名企業のアフィリエイト広告を使うことが出来るからです。


コンサルタント起業はおすすめしない。

商品を扱わないで済むコンサルタント起業を考える人もいます。コンサルタントの中には、これらのスクールを行っている人もいますが、残念ながら私はお勧めしません。

自身の価値を向上させるために自己投資は相当な金額必要ですし、リード(見込み客)を集めるために、まとまった金額の投資が必要になるからです。これらをやり続けるには、相当な覚悟が必要ですし、行動理由も必要だと思っています。

また、近年は、国の委託事業でコンサルタントの無料派遣が一般的になってきており、できることが少ない人はこの枠にも入れません。

ネガティブな理由やリスクを負いたくないのでコンサル起業という選択肢は、意地悪しているわけではなく、間違いだと思います。

起業は1度思いとどまるのも重要

起業してからだと遅い判断って、わりと多いと思います。

そもそも売りたいもの、売るための商品が確保できていない状態で、独り立ちする状態に無理があります。事業計画書も手元にないので、資金調達ができないでしょうし(; ;)

まずは、「自分は今後何をやっていきたいのか?」を見つめ直すために、1年は会社に留まる判断をしたほうがいいと思います。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-マーケティング, 売上アップ

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.