集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

WEB戦略

北米ではpinterestを利用する目的は70%がショッピングに関係する。日本では?

更新日:

ソーシャルメディアを利用しているマーケティング関係者にとって、「ユーザーがどんな目的でそのソーシャルメディアを利用しているのか?」は大変大きな意味を持っています。例えば、大多数がコミュニケーションを目的にしているのに商品の宣伝を行っても大きな成果は得られないと思われます。ですが、商品と出会う為に参加している場合は、大きな効果が得られると想定されます。

アメリカとカナダのpinterestとFacebookのユーザーを対象に、bizrateinsightsが「その媒体に参加した理由/目的」の調査を行いました。その結果、購買に関係すると答えた人がpinterestでは70%であるのに対し、Facebookでは17%でした。また、好きなものと出会い、情報を収集するのに役立つと答えた人が、pinterestでは67%、Facebookでは21%でした。

引用:Online Consumer Pulse Pinterest vs. Facebook: Which Social Sharing Site Wins at Shopping Engagement?

前回の記事でも解説した通り、アメリカにおいてはここ1年でpinterestは約21倍にアクセス数を伸ばしています。上記のグラフからも分かる通り、ユーザーの中ではpinterest とFacebookでは明らかな棲み分けができているようですね。

では、日本では?

いつもワンテンポ以上遅れて流行が到来する日本。残念ながら流行している感じはまだしません。pinterestがアメリカで流行り出した頃は、日本でも騒がれましたが、今現在は落ち着いています。おそらくは、アメリカで起きているpinterestが勢いを持つ現象が日本にやってくるのは1〜2年後のお話だと推測されます。また、楽天が出資していることもあり、今後の方向性が気になります。

あくまで、pinterestは写真が与えるユーザーへの直感で成り立っているものです。特に、日本の場合は、女性に財布の紐が握られている家庭が多いです。pinterestが日本でブレイクする為には、女性にとって魅力的なブランドの情報発信者を取り込むこと、操作が女性でも楽々できることが鍵になってくることは間違いないと思われ、今後1年間の動向に期待されるところです。

 

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-WEB戦略
-

今からスタートできるウェブ集客の仕組み

このコンテンツはもう読みましたか?
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.