集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

WEB戦略

初心者がweb集客を始める際の順番は?

投稿日:

web集客の方法は、検索すれば山ほど出てきます。だからこそ、膨大で多岐に渡っているため、これからwebを使って集客をしたいと思っている人は混乱するしかありません。

ここでは最もスタンダードなweb集客を検討する際の順番を紹介したいと思います。

1.HPを作ろう!

ここでのHPとは、会社の概要を紹介するコーポレートサイトではありません。必要なのは、そのHPを見ることで購買が起こるサービスサイトおよびECサイトです。

分かりやすく言えば、お店そのものです。立て看板をいくら作っても、テレビCMをいくら打っても、お店が存在していなければ商売が成り立ちません。

2.ブログを始めよう!

人によって、優先順位を下げるかもしれないところですが、私は今だからこそ2番目だと断言しています。

ここで言うブログは、アメブロなどの他社が運営するブログではなく、「1.HPを作ろう」で世に広めようとしているサービスや商品が如何に素晴らしいか伝えるブログメディアのことを言います。このブログメディアはHPと同じドメインで構築することが最も望ましいです。

ブログメディアを運用することで、次のような素晴らしいことが起こります。

ナチュラルなリンクが集まる。結果、HPとブログのSEO対策につながる。
購買を迷っている人の判断を促すことができる。
購買した人のアフターフォローになる。
ソーシャルメディアを経由して新たな見込み客とつながれる。
広告の効果が高まる。

ブログメディアを構築するならば、断然Wordpressがオススメです。その理由は、世界で最もユーザーが多いため、プラグインの開発が最もすすんでおり、多種多用な試みを行うことができるからです。(ちなみに、無料で使えるメルマガプラグインがあり、最初のうちはこれを使うとリストをコストなしで集めることができます。)

関連サービス:ワードプレスマスターコース

3.PPC広告を導入してみる。

次にPPC広告を検討します。「いきなりお金をかけるのか?」「ソーシャルメディアやSEOが先ではないのか?」と思うかもしれませんが、PPC広告を優先して上位に持ってきたのにはちゃんと理由があります。

まず、PPC広告が何なのか?理解出来ていないと善し悪しが判断しづらいですね。簡単にいうと、「クリックされてはじめて広告費が発生する広告」のことです。こういうと、湯水のように広告費を使うネガティブなイメージの広告だと思われがちですが、興味がなければそもそもクリックされないことから高い確率で閲覧が補償されています。(チラシやFAXは、ゴミ箱行きが前提だが、PPC広告は内容が見られることが前提。)

PPC広告には、大きく分けて2つのパターンがあり、Yahoo!やGoogleなどの検索時に右や上部に出る検索連動型の広告ブログやウェブページの広告欄に表示されるコンテンツ広告(興味関心連動型)があります。

検索連動型

初期に導入するのは、検索連動型の広告です。お金さえ積めば、目的にしているキーワードで上位表示を即座に成し遂げることができます。これによって、目的キーワードが儲かるキーワードなのか?そうでないキーワードなのか?を早期に知ることができます。ソーシャルメディアやSEOは即座に効果がある訳ではありません。SEO対策を優先させてしまい、万が一目的にしていたキーワードが儲からないキーワードであった場合取り返しのつかない事態になりやすいのです。

コンテンツ広告

コンテンツ広告もオススメ。最近は、今までのアクセス履歴から興味関心度の高い広告が表示されるようになり、検索連動型に比べてコストも低いことから集客の効率性を向上させてくれます。上記のブログメディアとの相性も抜群で、ブログで集めた見込み客に本当に見せたい商品ページに高い確率で誘導してくれる優れものになっています。(一部ではウザイ機能だと言われていますが。)

4.SEO対策を行う。

PPC広告を用いて、儲かるキーワードに目星をつけたら、SEO対策を開始します。

最近はパンダアップデートやペンギンアップデートで餌食になってしまった人がSEO不要論を語っていることが目立ちますが、そんなことはありません。むしろ、ソーシャルメディアの普及の影響で、閲覧者も情報発信者になったことから、的確な情報をその情報を求めている人に届ける重要性が増しています。つまり、日常的にSEO対策をする重要性が増しているということです。

5.ソーシャルメディアで結びつく。

ソーシャルメディアでユーザーと結びつくことは、最もお金がかからず、最も簡単に専門知識なしにできる施策の1つです。関係性の近い人は勿論のこと、同業者とのコミュニケーションも実は価値があります。TwitterやFacebookは勿論、流行の風がイマイチのGoogle+やpinterestも色濃いコミュニケーションができる貴重な場であったりします。

6.メルマガを行う。

HPやブログは、閲覧の意志がなければ情報が届きません。ソーシャルメディアの場合は、情報をプッシュして届けることができますが、タイミングと媒体独自のアルゴリズムで情報が届かない場合があります。対して、メルマガは購読希望者に高い確率で情報をプッシュして届けます。

メルマガを導入する順番が遅いのは、コストがかかる為であり、メルマガの会員を集めれるという確証がでるまでは損をし続けることになります。

上述の通り、Wordpressを使った場合は、メルマガプラグインがある為、有料のメルマガを契約する余裕が生まれるまではプラグインを代用するというのも手です。ただし、制限があったり、それぞれの店舗ごとにとる戦略も異なる為に、これがすべてにおいてよいとは言えません。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-WEB戦略
-, , ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.