集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

コンテンツマーケティング

飲食店がブログの更新に悩んだ時にとる対処は?

投稿日:

IMARIC20160805310323_TP_V

飲食店を運営していると、とにかく忙しい!

忙しすぎて、自分がやりたいこともできない状態に陥っている状態に陥ります。

「ブログを更新しなければならないのに、ブログも更新できない!さあ、どうしよう?」

こんな悩みを抱えている方は、次のような対処をとればよいと思われます。

更新の時間がない場合

ブログの更新を一度やめる。

ブログの更新は必ず1日1回しなければならないみたいな謎のルールが浸透していて、「ブログをやり続けることが効果的で、やめるとリスクがあるよ!」ということがあり、突然ブログの更新をやめてしまうことをためらう方が多いとおもいます。

ですが、更新が滞っているということは、現状手に負えない環境下にあり、ブログの更新自体が心理的にも時間的にも他の施策を行うためのネックになっていると考えられます。

ここは、一度ブログの更新をやめてみることです。

当然、いきなりやめてしまえば、「潰れてしまったのではないか?」と既存客や常連客を心配させてしまうことになります。

この場合は、「新しいことをやりたい。」「そのためにブログの更新をしばらく休みたい。」と一言ブログに書いておけばよいでしょう。

それでも心配な方は、ブログの更新を極端に減らし、1週間に1度更新すればよいでしょう。

手間のかからないSNSにシフトする。

怒らないでくださいね。私の知っている限り、飲食店のほとんどのブログの記事は記事にも満たないものばかりです。というのも、写真と近況程度の少ない文章量のテキストを書いているだけです。

これは、Yahoo!JAPANやGoogleなどの検索エンジンからの集客するのがメインのブログでは、あまり効果のないことです。

それよりも、ただちに既存客に情報を伝えることができるフェイスブックなどで情報発信をした方が簡単ですし、更新頻度も増やせますし、拡散性を確保することができます。

ブログの記事の内容で悩んでいる場合

開催および参加したイベントの内容をまとめる。

店内のイベントやケータリングで参加したイベントで起こったことや楽しかったことをまとめることを意外にやっているところは多くありません。このイベントのまとめ記事は、イベント名で検索する参加客を集客することに効果があります。

旬の素材の話

例えば、来月からは秋刀魚のシーズンになります。今年の秋刀魚の話や秋刀魚の美味しい食べ方、おすすめの秋刀魚メニューの紹介など。旬な食べ物の紹介記事は、興味のある人も多く、SNSでシェアされやすい内容でもあります。

基本的に経営者の自分が着手できない人任せにしてしまう施策ならブログはやめても良い。

経営者が運用できないのであれば、押し付けられたスタッフはたとえITに詳しくてもうまく運用することができません。お店の経営に責任が持てるわけではないからです。

ブログで集客できるようになるのは、それ相応の件数の記事を更新してからですし、必ず集客できるようになるというわけではありません。

もっとも飲食店の場合は、既存客とのコミュニケーションを軸にして新規顧客を口コミで集客した方が集客できます。手を出すことが難しい施策であれば、最初から行わず、SNSを重点的にものになるまで活用することを優先した方が良いでしょう。

 

 

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-コンテンツマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.