080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

なぜ、ネットでの集客は顧客の絞り込みができるのですか?

投稿日:

ネットにはノータッチだった方向けの内容です。先ほど、わざわざお電話を頂き、この質問をされましたので、ブログでもタッチしておきます。

なぜ、ネットは見込み客の絞り込みができるのか?

実は、ネットに限らずオフライン集客の場合でもFAXDMなどは絞り込むことができます。逆にネット集客でもブログ集客やソーシャルメディアを活かした集客は、かなり荒削りの絞り込みになったりします。

明確には、ネット集客で絞り込みが可能なものは、PPC広告や特定媒体の純広告の類いのものです。なぜ、これらの広告では絞り込みができるかと言えば、1)キーワードを仲介し、2)興味を仲介し、3)属性が絞られているからです。

1)キーワードで絞り込みができる理由は、簡単に言ってしまえば、「飲食店 開業」などのキーワードを検索する人は、飲食店のオーナーになろうと思っている人しかいないからです。特定の商品の型番を検索する人は、その商品を購入する気満々の人しかいません。キーワードの奥には、意思があり、その意思を絞り込むことによって、特定のセグメントに絞り込むことが可能なのです。アドワーズならば検索ネットワーク、スポンサードサーチがこれに対応しています。

2)興味を仲介しているというのは、人はそれぞれ閲覧するウェブサイトが偏っているものです。閲覧する=そのジャンルに興味があるとみなされる広告があります。アドワーズのディスプレイネットワーク、Yahoo!プロモーション広告のYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)がこれに対応しています。

更に、これらの広告の場合、デバイス(パソコン、タブレット、スマホ)、エリア(都道府県)、年齢性別(コンテンツ系の広告が対応)などの絞り込みを出稿時に行うことができます。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.