集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

マーケティング

なぜ、ブログ集客とSEOはセットなのか?

投稿日:

マーケティングプロデューサーの小形です。

ブログ集客のお話をする際に、次のような質問が必ずあります。

「なぜ、ブログ集客をするのにSEOが必要なのですか?」

みなさんはどうしてだと思いますか?

確かに、今のブログのアクセスアップ方法は、フェイスブックやツイッターなどの方法もあります。それでもGoogleやYahoo!JAPANを考えなければならない理由はどうしてなのか?

その答えについて述べたいと思います。

結論からいうと、ブログ集客の方法はSEOが一番だから。

ブログ集客も集客ですから、見てくれれば誰でも良いわけではありません。売りたいものや何からの目的があってブログを運用するわけです。

集客は、ニーズを持った人を集めて、メッセージを通して、成約に結びつけます。

このニーズは、何かを伝えられるまで気がつかない潜在的ニーズよりも顕在的ニーズを持った人ほど成約に結びつきやすいという特徴があります。

Googleなどの検索エンジンを検索する理由は、キーワードで入力した出来事に対して、ニーズを感じていたり、問題を感じていたりするからです。つまり、顕在的ニーズを持った人を狙うほど集客は簡単になることをさします。

検索エンジンからのアクセス数を最適化する施策がSEOということになり、ブログ集客を行う際は、SEOがセットになるということがあります。

そして、このブログ集客は、年々ハードルが上がっていることで知られています。それは、大手企業も自社媒体を使ったマーケティングを実施しているからであり、Googleが昔のような自演リンクだけで順位を上げることができるブラックハットSEOから検索エンジンのユーザーにとって価値のある情報を提供しているウェブサイトを評価するホワイトハットSEOを評価するようになったからです。

これは、つまり、ブログ集客を行う際の記事の品質のインフレーションが起こっていることを指し、SEOに疎いマーケッターやブロガーを置き去りにしている時代になっていることを指します。

現在は、本職の人よりもアフィリエイターが作ったアフィリエイトサイトの方が信頼性の高いコンテンツを配信しているというあべこべな状態が出来上がっています。

なぜ、SNSが主なアクセス数の流入源ではいけないのか?

ツイッターを主な集客源としたウェブ媒体を以前作成していたことがあります。大体1日のユニークユーザー数は15,000程度でしたので、個人で運営しているウェブ媒体としては驚異的な数値だと思います。

こんなに人を集めることができるのに、なぜSNSが向いていないのかについて答えていきたいと思います。

SNSを相手にすることは、随時ネタの提供を求められるから。

第一に、ブログ集客の目的は、SNSで繋がっている人を喜ばせることではありません。ほとんどの場合は、新たな顧客を開拓することにあります。

SNSで上記の人数を集めることができるというのは、当然ブログジャンルは炎上系ですし、話題を提供するタイプの記事が中心になります。

SNSの話題は、その日その日で変わっており、それらのユーザーをリピーターにするためには、随時新しいネタを作り上げることになります。

待っているのは、疲労感のみだから。

そして、それを行った先に一体何が待っているのかというと、疲労感です。

基本的に、炎上系の情報発信で儲かったという人は、ビジネスモデルはアフィリエイトやコンテンツ販売ですので、そこじゃない人では売上アップはできませんし、このマーケティングを行う場合は、プライバシーは捨てる覚悟がなければなりません。たとえ、ビジネスネームを使っていても、住所と氏名は掲示板経由でばれる覚悟がないとおすすめはしません。

SEOで欲しいキーワードをとる意味とは?

よく聞かれることに、SEOを実施し、強力なキーワードを確保することには何のメリットがあるのかとあります。

実は、SEOでキーワードをとるということは、不動産に近いです。

「え?」と思うでしょう。その理由について説明しますね。

上位表示したコンテンツの広告価値を算出してみよう。

キーワードで上位表示してからの価値を算定してみましょう。

例えば、集客というキーワードで上位表示されているコンテンツが「集客力向上に効果がある知っておくべき集客の思考と方法とは?」です。このキーワードは、PPC広告の出稿数が多く、上位に表示するのに、大体120円〜130円程度かかります。

このキーワード経由のアクセス数は、月々800件ほどです。

つまり、月々このキーワードで上位表示し続けることは、月々10万円以上はかかるということになります。集客のキーワード自体、意外にも季節感数が存在しますので、年間を通して上位表示するのに、150万円〜200万円必要になります。

これが単体キーワードの場合ですので、ウェブサイトが有用なものとみなされ出すと、複数のキーワードで上位表示を行うことができるようになります。

その媒体の価値は、算出することが難しいくらい高いものになります。

こういった背景から、あらゆる企業が、ウェブ媒体に投資をしていることになります。

 

上位表示したコンテンツのコントロールはGoogleではなく、こちらにあるから。

上位表示したコンテンツのメリットは、記事のコントロールが自分にあることにあります。

例えば、「飲食店 集客」というキーワードで上位表示をしている「飲食店の売上アップ・集客の増加をするための具体的な手法と考え方【2018年改訂版】」は、多くの飲食店関係者がメールマガジンに登録しているいわゆるリードの獲得源となっている記事です。

 

現在2万文字以上のボリュームになっているわけですが、この記事自体は、上位表示されたから記事の更新をやめているわけではありません。

むしろ、上位表示ができてからが問題です。

広告は、閲覧数と反響率でその価値を計算します。もし、閲覧数が多くても反響率がゼロであれば、その広告の価値はゼロです。だからこそ、上位表示した後の方が、リライトが必要になりますし、目的への誘導の箇所を追加したり、改善することが必要になります。

 

そして、コンテンツを変更するわけですから、品質が上位表示するのにギリギリのものであれば、順位に影響を及ぼす可能性ももちろんあります。

このことを知っているマーケッターやアフィリエイターは、ギリギリの品質で記事を書くことはありません。追随を許さない品質の記事を作ります。

 

こうすることで、一等地に看板を立てている効果と同じ効果を得ることができ、ほったらかしで案件を持ってくる集客源を作り出すことができます。

ブログ集客の最終的到着地点は、大した記事を更新せずともある程度集客ができるようになることです。毎日記事を書かないと成り立たない集客方法では、他の方法を探した方が効率的です。

 

まとめ

ブログ集客がSEOとセットである理由はこのコンテンツでご理解いただけたかと思います。

SEOには、複数の方法がありますが、一般的に言われているキーワードを調査して記事を追加する方法では、成果が出るのは、どんな蔵人でも6ヶ月後とされています。

もちろん、何も学んでいない人ならば、2年〜3年かかっても成果が出ない人も山ほどいます。

ブログ集客は、無料でできる集客方法ですが、あくまで無料でもできる集客方法です。

ゲームに喩えれば、無課金でも勝てるゲームと無課金でもできるゲームの意味合いぐらい違っており、今現在は、コンサル抜きで成果を出すことは難しいと考えた方がいいと思います。

コンサルですら、情報を仕入れますし、有料ツールを使って管理していますので、「煽ってる」とか言い出す人は、向いてないのでやめた方がいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-マーケティング

今からスタートできるウェブ集客の仕組み

このコンテンツはもう読みましたか?
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.