080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

FacebookやTwitterがあるのに、なぜブログを更新する必要があるのか?

投稿日:

パソコンをみる女性

FacebookやTwitterなどのSNSが普及している現在。いつもながらですが、こうなってくると過去に流行していたコミュニケーション方法はオワコン扱いにされてしまいがちです。

実際に私のクライアントさんにも同じような疑念を持っている方もいらっしゃるようで、質問として「なぜ、フェイスブックをやっているのにブログも行う必要があるのか?」ということをよく聞かれます。

なぜ、ブログが必要なのか?その答えは以下のことにあります。

「やっているのは、更新ではない。」

ブログもフェイスブックもツイッターも、更新する事自体が大事なわけではありません。目的があるわけです。その目的が以下の2つです。

・見込客を集める
・興味を持ってもらう

ブログもフェイスブックもツイッターも、この目的を達成するための手段の1つに過ぎないのです。

「集めることができる見込客がそれぞれ違う。」

フェイスブックやツイッターの場合、対象はそれらの媒体を利用しているユーザーです。ツイッターは投稿がGoogleに露出するといっても、検索上位に露出することは稀です。ですので、その対象にはなりません。

それに対して、ブログの集客源は、GoogleやYahoo!Japanといった大手検索サイトを利用するユーザーがメインになります。勿論、フェイスブックやツイッターなどのSNSも集客源ではありますが、今回の問いには関係ないですので、ここは考えないでください。

つまり、集めることができる人が異なってきます。

「反応も違う。」

フェイスブックのことを考えてみてください。フェイスブックの場合、広告をかけることで露出し、いいね!を押してもらいます。これは、広告文をこちらから発信し、それに対してリアクションを待つプッシュ型の手法です。

それに対して、ブログはキーワードをベースにしています。検索サイトにて閲覧者がキーワードを入力することで検索を行い、そこで気になったタイトルのウェブサイトにアクセスします。リアクションありきのプル型の手法です。

前者は、これから興味を持ってもらうことが必要です。フェイスブックの場合は、テキストよりも画像なので、小売の場合ですと、購買意欲を容易に刺激できます。後者は、最初から興味がある為、誘導を行えば、すぐに商品購入につながる可能性があるあるのです。

「商品ページを増やすのは大変。けれど、ブログなら手軽に記事を増やせる。」

検索サイト経由のアクセスは非常に重要なものです。

商品ページの数を増やすのは大変ですが、ブログなら手軽に記事を増やせます。これがブログをやる理由です。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.