集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略

FacebookやTwitterがあるのに、なぜブログを更新する必要があるのか?

投稿日:2013年12月10日 更新日:

FacebookやTwitterなどのSNSが普及している現在。いつもながらですが、こうなってくると過去に流行していたコミュニケーション方法はオワコン扱いにされてしまいがちです。

実際に私のクライアントさんにも同じような疑念を持っている方もいらっしゃるようで、質問として「なぜ、フェイスブックをやっているのにブログも行う必要があるのか?」ということをよく聞かれます。

なぜ、ブログが必要なのか?その答えは以下のことにあります。

「やっているのは、更新ではない。」

ブログもフェイスブックもツイッターも、更新する事自体が大事なわけではありません。目的があるわけです。その目的が以下の2つです。

・見込客を集める
・興味を持ってもらう

ブログもフェイスブックもツイッターも、この目的を達成するための手段の1つに過ぎないのです。

「集めることができる見込客がそれぞれ違う。」

フェイスブックやツイッターの場合、対象はそれらの媒体を利用しているユーザーです。ツイッターは投稿がGoogleに露出するといっても、検索上位に露出することは稀です。ですので、その対象にはなりません。

それに対して、ブログの集客源は、GoogleやYahoo!Japanといった大手検索サイトを利用するユーザーがメインになります。勿論、フェイスブックやツイッターなどのSNSも集客源ではありますが、今回の問いには関係ないですので、ここは考えないでください。

つまり、集めることができる人が異なってきます。

「反応も違う。」

フェイスブックのことを考えてみてください。フェイスブックの場合、広告をかけることで露出し、いいね!を押してもらいます。これは、広告文をこちらから発信し、それに対してリアクションを待つプッシュ型の手法です。

それに対して、ブログはキーワードをベースにしています。検索サイトにて閲覧者がキーワードを入力することで検索を行い、そこで気になったタイトルのウェブサイトにアクセスします。リアクションありきのプル型の手法です。

前者は、これから興味を持ってもらうことが必要です。フェイスブックの場合は、テキストよりも画像なので、小売の場合ですと、購買意欲を容易に刺激できます。後者は、最初から興味がある為、誘導を行えば、すぐに商品購入につながる可能性があるあるのです。

「商品ページを増やすのは大変。けれど、ブログなら手軽に記事を増やせる。」

検索サイト経由のアクセスは非常に重要なものです。

商品ページの数を増やすのは大変ですが、ブログなら手軽に記事を増やせます。これがブログをやる理由です。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.