集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

マーケティング WordPress

WordPressはセミナーで学ばない方が良いのはなぜか?

マーケティングプロデューサーの小形です。

私がWordPressの導入を推奨しだしたのは、2009年の頃で、世の中はちょうどソーシャルメディア元年と言われていた時期でした。

この頃に、WordPressは、ちょうど3.0系となり、2.0系よりも圧倒的に使いやすくなったことが特徴です。私が一番最初に触ったWordPressは、2.8でしたので、今のような簡単インストールなどのサービスが各種レンタルサーバーにはなかった時代です。

WordPressはブームと捉えている方も中にはいらっしゃいますが、無料ブログを使う時代から、自前のWebサイト(ブログ)を開設して積極的に情報発信する時代になっただけのお話です。

無料ブログ時代によくあったライブドアブログからアメブロなどのブログサービスを渡り歩くようなことは今後起こるとは考えられません。なぜなら、WordPressがよほどの環境の激変がない限り、自社メディアの最終形態と言えるからです。

WordPressの動作が安定化し、普及をしてから期間が経っています。そのため、日本でもWordPressテーマの提供や使い方セミナーなどのサービスが興っています。できないことをできるようにするのがサービスですので、目的を持って利用すれば有意義に活用できるとは思いますが、あまりおすすめできない面もあることは確かです。

なぜ、WordPressを利用するのか?

"WordPressとは何なのか?"を理解せずに、何となくみんな使っているから良いに違いないと判断して選んでいる方も多いことは確かです。

WordPressのようなページの追加や更新を簡単にするシステムのことをCMSと呼びます。その中でも、WordPressの普及率はトップで、3つに1つのWebサイトがWordPressでできています。

当然、これはWordPressが優れているからなのですが、誰でも無料で活用できるオープンソースからでもあります。このオープンソースのCMSの枠組みで考えると、WordPressほど汎用性の高いものはありません。そのため、WordPressだけでできることがたくさんありますが、デメリットも当然あります。

このデメリットとは、大きく分けると2つあります。1つは、WordPressは自由度が非常に高いため、他のCMSに比べると多機能にした時に操作性が悪くなります。もう1つは、自分で保守やセキュリティーを確保しなければならない点です。

明確にやりたいことがないのであれば、WordPressである必要がないことも確かです。例えば、SEOをがっつりやるつもりがなく、Webサイトのみを構築する目的であれば、WIXジンドゥーですし、ECサイトを作成するのであれば、WordPressでWelcartを使う選択肢もありますが、専用のCMSであるECCUBEの選択肢もあります。

WordPressをセミナーで学ぶメリットとデメリット

WordPressの操作を学ぶ方法としてセミナーを選ぶのは、メリットとデメリットがあります。

WordPressをセミナーで学ぶメリットとは?

WordPressのセミナーは、決まった時間で学ぶことができるので集中的に学ぶことができます。参加者もいますので、同じ悩みを持った人と交流しつつ学べますので、モチベーションを高めることが期待できます。

相場としては、一日の講習で25,000円程度で、比較的安価に学習ができることがメリットになります。

ちなみに、WordPress無料セミナーと検索する人が多いようですが、WordPressの無料セミナーなんて、基本的に何かの説明会に該当しているわけですから、操作方法を学ぶ為のものではありません。高額な関連商品の売り込みを受けるか、何かのMLMグループに加入するくらいのリスクがあると思った方がいいと思います。

WordPressをセミナーで学ぶデメリット

残念ながら、WordPressを学ぶ上で、セミナーの場合はデメリットの方が多いと思っています。その理由について列挙していきます。

WordPressでWebを構築する目的は、Webサイトを作ることではないから。

本来目指すべき目的は、WordPressを操作できるようになることではなく、「WordPressを使って達成したい目的があるから使う」です。

WordPressの使い方セミナーの制作事例ページを見ていると、どのサイトもWordPressにデザインを適用した時点で、完成扱いになっています。その後の運用が見られても、残念ながら効果的に運用しているようには見えません。

これなら、わざわざWordPressで制作する意味自体がほとんどないと思います。

参加者のレベルによって進捗が変わる。

実際に参加した人が言っていたのですが、一人求めるレベルに達していない参加者がいると、同じ箇所を何度も扱うことになり、予定していた時間よりもかなり長くかかったそうです。

もちろん、その日の日程を全てWordPressセミナーのために入れておければ良いのですが、その後仕事の用事があれば、もともと予定されていたカリキュラムの習得をすることが見込めないことになります。

生徒が一人に対して講師が少ない。

生徒が10人未満だったとしても、教える人間は主催者とサポートのせいぜい1〜3人です。

1人が同時に3人を教えることはかなり難しいです。

もちろん、1人で10人を扱うためには、みんな求められているレベルに達していて、ある程度理解していることが前提です。全くWordPressの知識がなければ蚊帳の外になる可能性の方が大きいです。

練習用のWordPressを構築するので、実践向けではない。

多いのは、Lightningで構築したWebサイトです。WordPressでは優れたデザインテーマですが、基本的にWordPressのセミナーでは、進行の問題上、デザインテーマの選択権がなく、最も無難な選択肢を選択します。

参加者の業種は異なっています。飲食店の店主もいれば、ホワイトカラーの企業もいます。

結局、WordPressセミナーはホームページを作る練習のスタンスをとっているため、本番環境のホームページは後日、自分で作りこまなくてはなりません。その時に、ちゃんと設定できるかが問題です。

ちなみに、SEOの相談を受けるのですが、その際にWordPressを活用します。この時に、普通は、WordPressテーマで、無料のテーマは選択しません。というのも、競合になるウェブサイトにアフィリエイトサイトも含まれていることが多く、彼らは、有料のWordPressテーマをたいてい持っているからです。有料のテーマは、SEOをする際のコードの優秀さを売りにしていることが多いため、少なくとも同じ基準で勝負を仕掛ける必要性があります。

1日で作るために十分な情報が揃っていない。

なんの用意もなしに1日で集客用のホームページを作り上げることは難しいです。

一番悩ましいのは、用意した情報をどのように組み込むかであり、これ次第で成果が変わってきます。

実際のWebサイトの構築はセミナーの時間外に実施することになりますので、その時にわからないということが考えられます。

予定を合わせなければならない。

セミナーの日程に合わせて、自営業ならば休まなければなりません。

それで戦力になるホームページをその日の内に作り上げることができればいいのですが、情報不足で作れないのが実際のところです。

WordPressセミナーは必要?

結局、セミナーの参加で集客用に仕上げることは難しいです。

WordPressを活用していくのであれば、私のように自分で勉強する覚悟をもって関連書籍を数冊購入して流し読みをして独学するか、WordPressを使いこなしている人から個別に講習を受けることをおすすめします。

セミナーで勉強する場合は、一応WordPressの専門家と対面するわけですから、必ず、予習をしましょう。受験勉強も予習が必要でしたよね。必ず、予習をしてからじゃないと、どこがわからないのかもわからない状態で説明を受けることになります。

WordPressの個別講座をおすすめする理由とは?

WordPressの個別講座をおすすめする理由は、自分のペースに合わせて教えてくれるメリットがあるからです。

ただし、講座の選び方は、WordPressを使った目的によります。

例えば、ホームページを自分で作りたい程度の目的であれば、正直、街のパソコン教室程度のところでも十分に綺麗なホームページを作成することができます。

集客を目的にしている場合は、作成しただけでは完結しません。内部のコンテンツを見直し、成約率の高いホームページを作って広告で運用するか、ページの追加や更新を積極的に行い、サイトを大きくするなどを自分でやっていかなければなりません。これを知っているのは、マーケティングの運用経験がある人のみです。

また、商売として、ウェブデザインを学ぶのであれば、HTML、CSS、PHP、Javascriptは最低覚える必要性がありますので、専門の業者でなければなりません。

SEOを学びたい。

WordPressを使った集客の王道が、SEOになります。

正直に言いますが、WordPressを操作できるまでの勉強量よりも、運用で学ぶべきことの方が圧倒的に多いですし、そちらの方が圧倒的に難しい分野です。

この分野のコンサルティングの相場は、ツールの導入だけで月額10万円、組織的運用を学ぶためには月額30万円で半年間の契約が必要になります。

一般の個人では捻出するのが非常に難しいですね。

そのため、意外にリーズナブルな選択肢は、アフィリエイター向けの講座を受けることです。

なぜなら、アフィリエイター向けの講座であれば、個人向けに実施されているケースが多く、料金も比較的手頃な価格で受講することができます。

SEOがないとサイトアフィリエイトは稼げないので、このあたりの知識を吸収すればいいのではないかと思います。ただし、アフィリエイターの場合は、儲けたい人一本釣りみたいな業者も多く、マインド論で終わってしまう場合もあります。

スキルとしてWordPressをマスターしたい。

WordPressを使ったウェブサイトの構築は、副業やフリーランスが行うような仕事の中では、単価が高い方です。また、Web集客コンサルタントとしては基本的な知識として、WordPressの簡単なカスタマイズくらいはできないと駄目です。

例えば、子育てや介護などで会社で仕事をすることが困難になってしまった人には、この辺のスキルはおすすめですし、そうでなくても、マーケティングとSEをミックスさせたグロースハッカーの求人は、他の業務よりも給与が高めに設定されている場合がほとんどです。基礎的なスキルがあるということは、転職に有利になるということです。

この場合は、プロのメンターがいて、個別にアドバイスしてくれる講座を選択した方が無難です。

まとめ

WordPressのセミナーに関しては、本当に触りしかどこもやっていない印象です。

WordPressは、使えるようになってからが本番ですので、使えるところまでで考えて、運用はブログ程度の記事を書こうと思っていると、そもそも覚えること自体が無駄に終わってしまいます。WordPressの運用に集中するために、WordPressの構築はできる人に外注してしまった方が良いでしょう。

WordPressテーマのおすすめとは?用途別に最適なWordPressテーマを紹介

WordPressをSEOを強化するための12個の重要な設定方法

コンテンツSEOとは?コンテンツSEOのメリットとデメリットの紹介と実践プロセスについて

 

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

サクセスパートナーの集客システムでは、動画セミナーでのメッセージや集客のトピックをレジュメの形で提供しております。入会にはライセンスを購入していただく必要性がございます。詳しくはこちら

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-マーケティング, WordPress

コンサルタントの
ブログ集客法

登録するとセミナーを無料で閲覧できます
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.