集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

WordPressのスマホ用テーマプラグインWP-Touchを使う際の注意

投稿日:

サクセスパートナーの小形です。

今回は技術的なお話です。

スマホでビジュアルを最適化する為に、「レスポンシブデザインを使うか?」「プラグインを使うか?」の選択を迫られます。

レスポンシブデザインというのは、ディスプレイの横幅に応じて、配置、幅、フォントの大きさがかわるというものです。

プラグインを使う場合は、大体WP-touchを使います。

このプラグインを使う際に注意が必要です。

それは、メインテーマの編集で埋め込んだコード(例えば特定ページへのリンクやメルマガなどのフォーム)は、WP-Touchには反映されないということです。

つまり、スマホからは、メインテーマの編集で埋め込んで実装したバナーやメルマガフォームは閲覧することができません。

それを解決する方法は以下の2つのどちらかになります。

1.WP-Touchのテーマを編集する。

メインテーマの編集同様に、WP-Touchに格納されているテーマの、例えばsingle.phpファイルを編集します。

				<div class="post-page-content">
					<?php if ( bauhaus_should_show_thumbnail() && wptouch_has_post_thumbnail() ) { ?>
						<div class="post-page-thumbnail">
							<?php the_post_thumbnail('large', array( 'class' => 'post-thumbnail wp-post-image' ) ); ?>
						</div>
					<?php } ?>
                    <!--記事部分-->
					<?php wptouch_the_content(); ?>
<!--この部分が記事下。HTMLを差し込むことで編集可能。-->
					<?php if ( bauhaus_should_show_taxonomy() ) { ?>
						<?php if ( wptouch_has_categories() || wptouch_has_tags() ) { ?>

編集後、圧縮し、プラグインをインストールします。

2.署名的に毎度記事下に入れたいコードを入れる。

テンプレートの編集を諦める場合はこちらです。

HTMLやCSS、PHPの差し込みは理解できるけれど、ファイルは読めない人はこっちをお薦めします。

知ったかぶって、1.の方を選択すると、不具合が発生した場合、原因を理解することができません。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.