Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

マーケティング

【記事転載問題】全文記事転載で起こることとその回避方法

更新日:

以前私も悩んでいた記事をブログのポータルサイトに転載すると、元のドメインの記事がGoogleの圏外に飛ばされる現象について、BLOGOS側で話題になっているようです。

参考:アドバタ会議にエントリーすると元の記事がインデックスされなくなる現象について

アドバタ会議は、BLOGOSと違って、自分の意思で記事だけではなくデザインからまるまる転載します。ですので、広告収入はまるまる入ってきますし、心配するのであれば、記事を転載しなければいいお話です。

ですが、これらには大きなメリットがあります。Googleニュースに記事を掲載させることができます。その為、短期的なアクセスを一気に集めることができるため、ライターとしての認知度を一気に向上させることも可能になります。こういったことを知っているとどうしてもうまく付き合いたいと思ってしまいますよね。

自分の記事コンテンツの一部を大手メディアに提供することをコンテンツシンジゲーションというらしいです。一連の現象については、irepの渡辺さんのブログの記事の方で解説されていました。

参考:SEO:コンテンツシンジケーションにおける検索エンジンの情報扱いとSEOの注意点

たとえば、過去に1度紹介したことがある事例ですが、シンジケーションの1つである読売新聞のサイトが問題なく検索結果に表示される一方で、同サイトへ記事を提供するオリジネイターであるCNET Japanやjapan.internet.com のサイトが検索結果に表示されない、あるいは著しく順位が大きく下落しているといった事象が発生していた時期がありました。あるいは、個人ブログが大手ポータルサイトに記事を提供した際に、(オリジネイターが個人ブログであるにもかかわらず)検索エンジンによるランク付けにおいて後者が圧倒的に重要度が高かったために個人ブログが必ず同ポータルサイトのリンクより下の順位で表示されるといった事象も確認しています。

今問題になっているのは、このことですよね。それに対する解決方法の一つは以下のようです。

シンジケーションにおいて自分のサイト(オリジネイター)が検索結果に継続表示され、かつ、提供先サイトよりも上位に表示されるようにするための基本的な手順は、「提携サイトから自分のサイトにリンクを返してもらう」ことです。また、3つ目で紹介している「コンテンツ公開日時をずらす(パートナーサイトが遅くなるようにする」は有効です。

これ以上は、原文をみて頂くこととしまして、オリジナルの自分の記事にリンクを返すことが最も効果的だそうです。

オリジナルのページからオリジナルのページにリンクを設置し、アドバタ会議でコンテンツシンジゲーションを試した結果、確認した範囲では、オリジナルの記事が上位に表示されるようになっていました。

BLOGOSの場合、記事だけを自動で転載してしまう為に、オリジナル記事を判別するシグナルを組み込むことは難しいですし、タイミングをずらすこともできません。ここで生じる可能性のある最も大きな問題は、テンプレートに組み込んだ広告がBLOGOS側に表示されるわけではありませんので、広告収入が減ってしまうことです。(無償でBLOGOS側に表示される画像の負荷を自分のサイトで引き受けることにもつながってしまいます。)

コンテンツシンジゲーションは、転載される先のメディアの特徴を考慮し、メリットとデメリットをきちんと考えて利用するべきです。記事外に設定している広告の部分にも目的がありますので、記事だけを転載するメディアには転載しないようにしています。

[tip]尚、アメブロガーに多いのですが、他人のブログの記事を自分のブログの記事としてまるまる転載する人がいます。(特に自称専門家の人に多い。)今回取り上げたこととは全く別次元のお話です。[/tip]



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。サクセスパートナー代表。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗マーケティングツールの供給会社に就職し、顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、数学的や生物学的なアプローチとマーケティングの知識を組み合わせたコンサルティングを提供開始。最近はコアな部分の評価や改善業務も実施することもあり、集客コンサルという言葉で言い表せないほど多岐に精通している。

-マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.