集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

集客

飲食店の集客は、グルメサイトを使うべきか?ホームページを使うべきか?

飲食店の集客相談がやはり多いので、飲食店向けのコンテンツを提供します。

セミナーや個別面談をご要望の方は、「赤いサイト(ホットペッパーグルメのこと)を利用したくないと思っているから話を聞いてみようと思った。」と口にします。

もちろん、運用型の集客方法に目を向けるのは良いことだと思いますが、単なる毛嫌いだった場合は機会損失に繋がるだけかもしれません。

もし、飲食店を繁盛させたいと思っているのであれば、思い込みをリセットするべきだと思いますので、コンテンツを提供します。

飲食店の場合のグルメサイトを使うのかのジャッジは、どこで行うのか?

一番最初に考えるのは、食べログやホットペッパーグルメなどのグルメサイトの活用の有無です。

集客をできるだけ早く実施したい場合は、グルメサイトを活用する。

集客を実施する場合、特に飲食店の場合は成果が発生するタイミングです。

基本的に飲食店の場合、すぐに集客ができないと困ります。
ホームページの場合は、屋号などの指名キーワードがないとそもそも閲覧されないケースの方が多いですので、集客力のあるグルメサイトを活用します。

ホームページによる集客か?グルメサイトによる集客か?

グルメサイトを使うのか、ホームページを使うのかは、どっちで露出が可能なのかの判断によります。

そのため、まずは地域名+ジャンル名でグーグルに検索をかけます。

例えば、東京都内や政令指定都市の歓楽街の場合は、競争相手が多いことから、ホームページではすぐに露出することはできません。そして、グルメサイトが集客を握っているケースが多いので、グルメサイトからの集客を優先して考えます。

グルメサイトだけではなく、グルメ系オウンドメディア、観光系のオウンドメディアが上位を独占しているため、SEO対策をしっかりしたホームページでも上位表示には時間がかかりますし、上位表示をすることはまず難しいです。(ただし、SEO対策はMEO対策(ローカルSEO)にも連動しています。そのため、激戦区でホームページを運用することは100%無駄であるわけではありません。)

最近では、地方の市でもグルメサイトやオウンドメディアが幅を利かせるためにコンテンツを作り、上位表示されているケースが増加しています。この場合は、ちょっと悩むところです。例えば、食べログであれば、地方の市程度で有料版を使っている飲食店は少ないわけです。そのため、小予算の広告でサイト内検索が上位表示される上に、アプリのメリットも受けることができますので、利用を判断します。

また、市以下の町のレベルになると、グルメサイトのコンテンツは存在しますが、タイトルに地名を入れただけの弱小なコンテンツがあるだけです。また、競合はホームページは持っていても、放置されているケースが多いです。
そのため、WordPressを使った簡単なホームページで運用します。アメーバオウンドなどの無料でそこそこのサイトを作ることができるサービスもありますが、あくまで作るだけのサービスですので、他所と差をつけたい場合は、独自ドメインで自分で更新できる環境には最低限するべきと考えます。

小形

よく、飲食店のホームページは数枚のページで100万円〜200万円のローン払いをしているところも多いですが、ローンにした時点で毎月の販促費が圧迫され、とるべき施策が取れません。無茶苦茶なプランだなと思った時点でお断りするのが吉です。

グルメサイトで集客ができないのはなぜか?

グルメサイトで集客ができない理由で、考えられるものは2つあります。

1つは、そのグルメサイトをその商圏内の人が利用していないこと、もう1つは、そのグルメサイトで露出ができていない点です。

当たり前ですが、広告を投資してもその地域の人に閲覧されていない、もしくは利用されていなければ広告の効果を得られることができません。例えば、業界では有名だけれども、シェアがいまいちのグルメサイトもあります。

また、地方の場合は、グルメサイトでお店を探さず、口頭での口コミで判断されることがあります。そんな場所でグルメサイトを有料化にしても集客効果が望めない可能性hが高いです。

また、検索エンジンで上位表示できないことが問題で、グルメサイトを利用しているのに対して、3ページ、4ページ目の検索結果に表示されていては意味がないでしょう。そこで、新規の顧客を獲得できないのは当然のことです。なぜなら、地域とジャンルの掛け合わせ検索は、上位に表示される店舗から検討されるからです。

答えを探す調べものの検索とは、必要十分な条件で満足が得られればそこで閲覧をやめてしまうグルメサイトとはユーザーの行動そのものが違います。

グルメサイトの選び方

グルメサイトの選び方

よく利用されているものから選ぶ(費用対効果を気にして、知名度がいまいちの媒体を選ぶとそもそも集客ができるかが分からない。)

広告の出稿は予算ではなく、費用対効果で選択する。広告費が膨大に必要、もしくは要求してくるような媒体は選ばない。

食べログ

食べログは都市部で最も集客力のあるグルメサイトです。特に駅近の立地では、最高の集客力を誇っているため、25,000円のプランから導入を考えます。

食べログの攻略のポイントに関しては、"食べログの費用対効果を改善する。"で解説しています。

食べログの場合、Web予約を利用されるとランチの場合は1人あたり100円、ディナーの場合は1人あたり200円の負担が必要になります。ただし、全員がWeb予約を利用してくるわけではなく、実際には半数以上は電話予約になります。そのため、支払う広告費は大きくなりますが、費用対効果もそこまで悪くはならないのが特徴の一つになります。

ホットペッパーグルメ

安く抑えたい幹事が宴会を検討する場合に利用される傾向にあります。そのため、いわゆるビジネス街では集客力が強い媒体です。

ホットペッパーは居酒屋であれば候補として入ってきますが、導入の際は冷静になる必要性もあります。居酒屋街であった場合は、周囲も広告主であることが多いからです。

プランによる掲載順位が優位性があり、まともに集客しようと思った時には、費用負担がどうしても大きくなってしまうのが難点です。試すのであれば、Aで検討します。

一休.comレストラン

コースの予約単価が高いレストランのみが利用できるグルメサイトです。成果報酬制をとっており、予約手数料は予約で発生する売上の8%になります。

売れない時のリスクはありませんが、売れた時の支払いが大きい難点はあります。店内でのセールスで単価アップを狙う必要性があります。

Retty

SEOに強いグルメサイトで大きくは集客できませんが、そこそこの費用対効果で集客できるグルメサイトです。

基本的には、メインでは利用せずに、セカンド、サードのチャネルとして利用します。

予約手数料がかからないので、予約システムとしての導入もありです。

ヒトサラ

ヒトサラは、ページの作り込みが最も良く、シェフの顔が見えるコンテンツを作っています。コースの単価も高めが得意です。

ヒトサラには、SAVOR JAPANという海外向けのサイトがあります。多言語の広告も併せて出稿になりますので、海外の観光客が多い立地では検討しても良い選択肢の一つになります。

OpenTable

海外では予約をとると言えば、OpenTableです。

ランニング費用が無料から利用することができ、予約あたり300円/1人の手数料の負担で利用可能です。

ホームページは必要ないのか?

グルメサイトだけで足りるのかと視点で考えられがちですが、集客が違っていれば、見方も違ってくると思います。

グルメサイトは、飲食店を探す人を最初から相手にすることにメリットがありますが、もちろん弱点もあります。集客の方法が、店名、地域名とジャンルの掛け合わせキーワードに限定されてしまう点です。それ以外の集客経路をグルメサイトだけでは確保することが難しいため、もっと積極的に集客を実施するためには、他の手段を実施する必要があります。

そして、ここで一番考えたいことは、集客を1つに頼らないと言うことです。ホットペッパーグルメへの依存度が高くなってしまうと、他の手段がないので、ホットペッパーグルメで値上げや競合と熾烈な費用の投資競争が起こっても、それを飲まないと集客する手段を失ってしまいます。これは、よく目にすることでもありますし、聞くことでもあります。

予算に余裕があるのであれば、グルメサイトを複数導入する方法もありです。大手同士を掛け合わせる意味は現在そこまでありません。しかし、アプリに力を入れているグルメサイトの場合は、持っているリストが大手のそれとは異なりますので、集客の効果を期待することができます。

また、飲食店であれば、検索上位に表示される地図の表示順位、ローカルSEOの部分を改善したいと思います。

ローカルSEOの部分は、店舗しか表示することができません。ここには3つ表示枠があり、つまり、3つの中に入ることができれば、上位表示したことと変わりません。

と考えれば、是が非ともローカルSEOで順位の改善を実施したいわけになります。

関連記事飲食店の集客に必須なグーグルマイビジネス(ローカル検索)対策

ローカルSEOの順位は、距離、関連性、知名度の3つの要素が大きいとされています。これは当然のことで、渋谷でカフェと検索したのにも関わらず、博多のカフェがヒットしてはおかしいです。同様に、中華と検索して和食がヒットしてはおかしいですし、上位に聞いたこともない謎の店舗が出現するのもおかしいです。

ここで対策が実施できるのは、グーグルマイビジネスでわかるような説明を書き込むこと、そして口コミの件数と質を高めることですが、それ以上の対策はグーグルマイビジネスだけでは限度があります。

ホームページのSEOの結果が、この拠点の情報に影響を与えることがわかっています。つまり、コンテンツを追加し、よりたくさんのキーワードで上位に表示されるような積極的に情報発信をするホームページを持っておいた方が有利になります。

ホームページは積極的に情報を発信できるものでなければあまり意味がない。

よくあるようなホームページ作成ツールの場合は、決まったコンテンツのテンプレが用意されており、それ以上の対策ができません。

なぜこのタイプのホームページがよくないかと言うと、コンテンツを自由に追加するところまで機能に含まれていないため、結局のところ検索キーワードが店名でしか流入しないからです。これでは、グルメサイトだけやっているのと変わらないでしょう。

ここでいう戦力になるホームページは積極的に情報発信ができるものを指します。最近のホームページは見栄えの良いデザインテンプレートが多数販売されていますので、極端なこだわりがなければそこそこのホームページを手早く作成することができます。

最後に

飲食店の場合、ウェブサイトを自己管理するところまで至らないケースが多いため、グルメサイトを選択するのが定石ではありますが、店名や地域名×ジャンルからの流入しか望めず、中途半端な投資の場合は、検索順位を上げることができませんので、集客に繋がらないケースも多いです。また、簡易ホームページ作成サービスも店名でしか検索されることがありませんので、新規の顧客が増えないのは当然です。

ホームページかグルメサイトなのかを検討する場合は、商圏内のウェブの活用状況を把握したのちに、何を実施するべきなのか優先順位をつけて選択をできるようにしておきたいところです。

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

サクセスパートナーの集客システムでは、動画セミナーでのメッセージや集客のトピックをレジュメの形で提供しております。入会にはライセンスを購入していただく必要性がございます。詳しくはこちら

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-集客

コンサルタントの
ブログ集客法

登録するとセミナーを無料で閲覧できます
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.