初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

モバイルオーダーとは?飲食店におすすめのサービス【無料あり】

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

人手不足が慢性化している飲食業界では、いわゆるDX化を行うことで、営業中の最低稼働人数を下げることが重要です。

モバイルオーダーは、オーダーに関わる労力を削減することができます。

この記事では、モバイルオーダーの導入メリット、仕組み、そしておすすめのモバイルオーダーのサービスについて解説をしたいと思います。

目次

モバイルオーダーとは?

モバイルオーダーとは、スマートフォンやタブレットを通じて商品の注文・決済を行うシステムです。

店内での注文では、QRコードを読み取りメニューから選んで注文し、テイクアウトや持ち帰りの場合はオンラインで注文・決済を完了し、商品が出来上がるタイミングで受け取ることができます。飲食業界の人手不足や非接触サービスの需要増加、キャッシュレス化推進などが普及の背景にあります。

モバイルオーダーを導入するメリットとは?

モバイルオーダーを導入することで、顧客には待ち時間を短縮することができるメリットがあります。また、店舗側のメリットには、オーダーを効率化することができ、人手不足の解消に貢献します。

顧客、店舗のそれぞれの視点のメリットは以下の通りです。

待ち時間の短縮事前に注文・決済を済ませることで、商品をすぐに受け取れるため、待ち時間が減る。
決済の効率化クレジットカードやQR決済などで支払いが可能で、ポイントの獲得も期待できる。
じっくり注文可従業員を待たせることなく、メニューをじっくり見て注文できる。
顧客側のモバイルオーダーのメリット
業務効率の向上電話対応やレジ業務が不要になり、作業効率が上がる。
人材不足の補完人員が少なくても運営が可能になり、スタッフの心理的ストレスも軽減される。
顧客データの収集注文内容や時間帯などの顧客データが収集でき、マーケティングに活用できる。
回転率の向上注文の自動化により、スムーズな運営が可能になり、テーブル回転率を上げることができる。
店舗側のモバイルオーダーのメリット

モバイルオーダーのデメリットと導入の際の注意点

モバイルオーダーの導入には、調理時間が長い店舗には、時間のコントロールが難しいため不向きであり、顧客との直接的なやり取りが減少し無機質な接客体験になる可能性があります。

これらのデメリットは、顧客体験と業務運営の両面に影響を及ぼす可能性があるため、システム導入前に十分な検討が必要です。

モバイルオーダーの仕組みとは?

モバイルオーダーは、店内の注文を効率化したり、テイクアウトの事前注文を受け付けます。オーダーを確定する際に、キャッシュレス決済が事前にできるようになっているものもあります。注文は、POSレジと連動することで通常のオーダーと同じように処理されます。

(1) 店内注文に利用する

  • テーブルに設置されたタブレットから注文する。
  • QRコードを利用し、お客様が自身のスマートフォンから注文する。

(2) 事前注文に利用する

  • お客様がスマートフォンなどから注文し、調理ができあがる頃に注文した品をお店で受け取る。

おすすめのモバイルオーダーシステム

モバイルオーダーは、単独で使うことがありません。POSレジと連携して使い、受注が問題なく取れるようにするため事前にPOSレジと連携ができるのかを確認する必要性があります。

小規模事業主向け【無料から使いたい店舗向け】

席数がそこまで多くなく、予算も制約されている飲食店向けのモバイルオーダーを紹介します。無料からでも利用することもできるシステムもあります。

Square オンラインビジネス

Squareのモバイルオーダーは、飲食店に特化しています。注文、支払い、受け取りがスムーズに連携し、SNSとの連携も可能です。アプリのような操作感で、再オーダーが簡単にできます。スマートフォンからワンタップでアクセスできるため、使い勝手が良いです。さらに、無料で始められる基本機能が充実しており、売上が97%アップした店舗もあります。

連携できるPOSレジは、Squareです。開業したばかりの飲食店が導入する場合は、おすすめのサービスです。

フリープラン月額料金: ¥0
決済手数料: 3.6%
プラスプラン月額料金: ¥3,375(年一括払い)
決済手数料: 3.6%
プレミアムプラン月額料金: ¥9,180(年一括払い)
決済手数料: 3.3%
スクエアオンラインビジネスの料金方法の例 2024年1月

公式サイト:https://squareup.com/jp/ja/online-ordering

関連記事:Square レストランPOSレジの特徴とは?メリットやデメリット

Airレジ オーダー

Airレジ オーダーは、飲食店の注文・調理・配膳・提供業務を簡単にするモバイルオーダーシステムです。特別なアプリ不要で、お客様はスマホから直接注文可能。ハンディでの注文入力もサポートし、キッチンへの伝達もスムーズ。テイクアウト用の事前注文・決済も対応しています。連携できるPOSレジは、エアレジです。

モバイルオーダー 店外版初期導入サポート費用:0円
月額固定費:0円
注文手数料 3%、オンライン決済手数料3.24%
モバイルオーダー 店内版 + キッチンモニター初期導入サポート費用:0円
月額(ハンディ1台まで):17,600円(税込)
(追加ハンディ1台): 1,650円(税込)
Airレジオーダーの料金方法の例 2024年1月

関連サイト:https://airregi.jp/order/

中規模事業主向け【カスタマイズを考えている店舗向け】

席数があり、慢性的な人手不足があり、いつも店内の様子が忙しく回らない中規模向け店舗用。欲しい機能が豊富にあり、カスタマイズしていきたい人は次から選択することになります。

QRfood

QRfoodのモバイルオーダーは、スマホでQRコードを読み取り、簡単に注文・支払いができます。コスト削減、客単価の大幅アップに効果があります。また、訪日外国人にも対応が可能で、多言語対応のデジタルメニューも作成することができます。30日間の無料お試し期間もあり、使い勝手が良いです。

連携できるPOSレジは、QRfood、スマレジです。

AutoReserve

AutoReserveのセルフオーダーは、テーブルのQRコードを読み取り、スマホで注文から会計まで完結できるシステムです。ホール業務の作業を大幅に削減し、飲食店の運営を効率化します。非接触で安全に利用でき、POS機能も内蔵。高機能ながら低価格で提供されており、飲食店にとって本質的なサービスに集中できる環境を実現します。

関連サイト:https://autoreserve.com/ja/for_restaurants/qr_order

POS+ self order

POS+ self orderは、QRコードを使ってお客様のモバイル端末から直接注文できるセルフオーダーサービスです。メニュー画像をテンプレートに当てはめるだけで簡単に導入でき、専用のQRコードを発行するだけで利用可能。モバイル端末を新たに購入する必要がなく、導入コストを抑えられます。英語、中国語(簡体・繁体)に対応しており、インバウンド需要にも応えられます。

関連サイト:https://www.postas.co.jp/service/option/postas-selforder/

blayn モバイルオーダー

blaynのモバイルオーダーは、お客様のスマホで完結する店内オーダーサービスです。卓上のQRコードからLINEの友だちを自動獲得し、注文データも蓄積可能。リピーター集客を自動化し、非接触で待ち時間なしにオーダーができます。さらに、投げ銭機能により求人力を強化し、直感的な操作画面で迷わせません。多言語対応や飲み放題機能も実装されています。POSレジは、blaynと連携します。

関連サイト:https://www.blayn.com/mo/

Okage

Okageのモバイルオーダーは、感染予防と効率的な運営を実現する非接触型のセルフオーダーシステムです。お客様は自分のスマホから気軽に注文でき、機会損失を減らし売上UPに貢献します。タブレット端末不要で導入コストを抑えられ、少人数でもスムーズな運営が可能です。ワンタイムQRコードでいたずら防止も実現し、店舗のSNSフォロワー増加にも寄与します。

関連サイト:https://okagekk.com/selfsetup/mobileorder/

まとめ

モバイルオーダーは、事前注文による効率化や店内のオーダーの省人化を図ることができるため、採用が困難な飲食店には大きなメリットがあります。その反面、調理時間が長い飲食店やサービスが価値に含まれる高級店では馴染まないデメリットもあります。

モバイルオーダーは、POSレジと連携して使いますので、現在使っているPOSレジを基準にサービスを選びます。例えば、小規模な店舗では、SquareレストランPOSレジもしくはエアレジを使っていることが多いので、SquareオンラインビジネスもしくはAirレジモバイルオーダーシステムを導入するケースが多いでしょう。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次