集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

オウンドメディアマーケティング

SEO対策は広告と併用しなければ危ないわけ。

投稿日:

マーケティング資料

ブログやオウンドメディアを書くことがいたるところで推奨され、その集客方法としてSEO対策が挙げられています。

SEO対策がものすごいものとして取り上げられ、万能な集客方法として勘違いされているところがあることがあるため、その解説を行います。

そもそもSEO対策とは?

SEOとは、検索エンジン最適化をさします。SEOという言葉の意味に対策の意味合いも含まれていますが、SEO対策という言葉の方が日本では馴染みが深いのでこちらの言葉を利用します。

検索エンジン最適化の意味はとても広く、Yahoo!やグーグルなどの検索サイトから十分な見込み客を集める方法や対策を意味し、狭義では、特定のキーワードでより上位に表示させることを意味します。オウンドメディア運用の目的は前者であり、ほとんどの人の認識としては後者が挙げられるかと思います。まあ、後者の対策の積み重ねが前者の意味合いになります。

SEO対策のイメージは、網を張り魚を待つ漁師や口を開けて餌が入るのを待つ魚のようなものです。はてなブックマークなどのSNSを利用してバズマーケティングを併用するなどの例外がなければ、基本的には待ちの集客方法です。

様々なキーワードからの自然流入が起こるように対策することでウェブサイトに自力を与えます。

SEO対策に対する勘違い

基本的にSEOは、すぐに効果が出るとは限らず、目標にしたキーワードで上位表示を行ったとしてもすぐに効果が出るとは限りません。また、何かと通常業務が忙しいと言って、やらない理由を作る経営者やマーケティング担当者には向かない集客方法で、コストをかけない代わりに手間がかなりかかります。

SEO対策を行えば、すぐに効果が出る。

基本的に、SEO対策には時間がかかります。

生まれたてのホームページやなんの運用もされていないホームページでは、評価がそもそも低いため、十分な対策を行ったとしてもすぐに上位表示されること自体が稀です。開設したばかりのホームページに十分なアクセス数を集めることができる手段があれば別ですが。

SEO対策で上位表示されれば、集客することができる。

できない場合もあります。

なぜならば、上位表示されてもあまりにも検索されないキーワードの場合があります。また、そのキーワード自体に消費行動が紐付けられない場合は、お問い合わせや集客には結び付けられません。

SEO対策で上位表示されれば、それ以後の運用は行う必要がない。

上位表示を目指した頃のみなさんのように、そのキーワードで上位表示を目指すライバルが当然います。

みなさんが上位表示したページを上回る良質な記事コンテンツをライバルが作れば、検索の順位は当然下がります。

SEO対策は、手間もコストもかからない。

どちらかをとる必要があります。

オウンドメディアの時代になり、大手企業がプロのライターを使って良質なコンテンツを量産しています。

自分で知識を得ることや記事コンテンツを地道に増やしていく努力が嫌いな人は、外注するしかありません。結果、広告を出稿した方が早いのではないかと思われることもあるわけです。

SEO対策は広告と併用することが望ましい。

コンサルタントによっては、SEO対策は完全に切り離しても構わないという方もいます。

手間がかかり、一喜一憂しやすい施策であるからだと思われますが、ランニングコストが無料である集客手法であることは間違いなく、施策としてブログを書いているのであれば、やらない理由はありません。

広告を併用することで、SEO対策ではできないことができます。

  • キーワードで検索することがない見込み客にこちらから情報を届けることができる。
  • すぐに見込み客を集めることができる。

SEO対策は繰り返しになりますが、基本的には待ちの集客方法になります。月々の目標をクリアするためには、見込み客にこちらから働きかける方法も併用しないと難しいです。この方法が最近では、他人の記事コンテンツに表示されるディスプレイ広告というわけです。

関連記事

飲食店が集客するには?集客ツールと原則まとめ

顧客単価を向上させるヒント「フレーミング効果」とは?

売上アップをする方法

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-オウンドメディアマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.