MEOとは?集客の効果と上位表示のコツとは?

目次

MEOとは?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称のことで、Googleビジネスプロフィールを対象にした検索であるローカル検索の露出向上や上位表示する一連の対策のことです。ローカルSEOやGoogleマップSEOとも呼ばれます。

ローカル検索は、Google検索のローカルパックやGoogleマップで周囲を検索する時に使われる検索です。スマホなどで周辺地域を探索する時に利用され、特に飲食店、美容室、宿泊施設などの店舗を検索する時にはよく活用されます。

店舗の集客の対策として、MEOは、新規顧客の集客では非常に重要です。特定の目的を持ち、行ったことのないお店を探したり、評判をみることは、ローカル検索が現状最も便利であるため、Google検索のユーザー数は増加傾向にあります。

MEOとSEOとの違いとは?

MEOは、Googleビジネスプロフィールを検索するローカル検索の対策です。それに対して、SEOは、WEBサイトを検索するGoogle検索の対策です。また、ローカル検索は、Google検索のローカルパックと呼ばれる地域の情報が表示されている箇所の他、Googleマップの検索にも利用されています。

SEOでは、メディアのコンテンツが含まれますので、近隣の店舗を検索すると、予約サイトの検索結果のページが表示されます。それに対して、MEOでは、近隣の人気店のビジネスプロフィールが表示されます。

MEOの集客の優先度は?

新規顧客をすぐに集めたい時は、広告を優先的に実施します。

MEOは、クチコミの蓄積量もアルゴリズムに影響があるため、すぐには結果が出ません。MEOに関しては、日々の業務で情報を蓄積して対策していくイメージで間違いがありません。そのため、費用をかける対策は、現在の集客の状況に併せて選択しましょう。

MEOは業者に依頼して対策を実施するべきか?

ウェブマーケティングに未着手な店舗や企業が、サイテーションを意図的に増やすことは難しいです。そのため、積極的に上位表示を狙いたい時は専門業者に依頼します。しかし、意図的にクチコミを増やす対策は、Googleが設定しているガイドライン違反になります。

例えば、美容歯科のローカル検索結果をみても、1件だけクチコミ数がずば抜けています。なりすましで増やしたクチコミは、おそらく削除ができないため、アルゴリズムが変更になりマイナスに作用するようになったら削除することができません。

MEOのアルゴリズムとは?

MEOを行うためには、アルゴリズムを理解することです。アルゴリズムとは、検索順位を決定するためのルールのことです。Googleでは詳細なアルゴリズムは公開されていませんが、距離、関連性、視認性の高さの3つが基準になっていると公開しています。

これは、ローカル検索自体が、スマホなどのモバイル端末で出先で検索するシーンが最も多いと想定されているためで、近くて人気のある店舗のビジネスプロフィールが上位表示されるようにするためです。

ただし、Googleは、匿名の位置データを集計しています。現在は、混み合いの度合いを表示するために利用されていますが、アルゴリズムに活用されているかは定かではありません。

1.距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

https://support.google.com/business/answer/7091

例えば、「東京駅 美容室」と検索すると、Googleに登録されている東京駅の座標から近い距離にある美容室が優先的に表示されます。これに対して、「美容室」と検索すると、今検索している座標から近い距離にある美容室が優先的に表示される仕組みです。

つまり、MEOで距離を対策したい時は、拠点を移動するしかないため、現実的な方法ではありません。

2.関連性

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

https://support.google.com/business/answer/7091

関連性が重要なのは、ユーザーが探している店舗と的外れな店舗の表示を避けることに使われている指標だからです。

例えば、ラーメン屋と検索しているのに、ラーメンを取り扱いしていない店舗が上位表示されるようでは検索の意味がありません。また、冷やし中華と検索しているのに、メニューにないラーメン屋が表示されても同様に検索の意味がありません。

3.視認性の高さ

視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も視認性の高さに影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

https://support.google.com/business/answer/7091

実質、MEOの順位に強く影響すると言われているのが、視認性の高さです。以前は知名度と表記されていた項目です。

ローカル検索では、人気のある知名度の高いビジネスのプロフィールを表示表示させたいため、知名度や評価を検索順位に反映するアルゴリズムが採用されています。

MEO対策を自分でやるためのポイントとは?

MEOで自社のビジネスプロフィールを上位表示させるための対策は、Googleビジネスビジネスプロフィールの公式ヘルプで紹介されています。

  • Googleビジネスプロフィールに詳細なデータを入力する。
  • 場所の確認手続きをする。
  • 営業時間の情報を正確に保つ。
  • クチコミの管理と返信を行う。
  • 写真を追加する。

1.Googleビジネスプロフィールに詳細なデータを入力する。

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が十分に高いものが表示されるため、ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。

SEOでも、E-A-TなどのWebサイトのコンテンツが参考にされています。Googleビジネスプロフィールも詳細な情報の掲載がローカル検索の結果に半衛されますので、詳細に掲載しましょう。

2.場所の確認手続きをする。

ビジネスのオーナー確認を行うと、Google マップや Google 検索などの Google サービスで、ローカル検索結果にビジネス情報が表示される可能性が高くなります。

ローカル検索では、認証されたビジネスプロフィールの方が、認証されていないビジネスプロフィールよりも優先的に上位表示されやすい仕様になっています。そのため、Googleビジネスプロフィールには必ず登録しましょう。

Googleビジネスプロフィールの設定方法と運用方法とは?」を参考にしてください。

3.営業時間の情報を正確に保つ。

開店時間や閉店時間、祝祭日や特別なイベントに合わせた特別営業時間などを含む営業時間を定期的に更新しましょう。正確な営業時間が表示されていれば、顧客は営業時間を把握でき、安心して営業時間中に店舗を訪れることができるようになります。

特に、Googleビジネスプロフィールでは営業時間や休業日を確認される傾向があります。検索では、現在営業中の店舗を探す意図もあります。

そのため、営業時間でソートする機能がローカル検索にあり、特に祝日に営業している時に休業になっていると集客のロスにつながりますので、注意が必要です。

4.クチコミの管理と返信を行う。

ビジネスに関してユーザーが投稿したクチコミに返信しましょう。クチコミに返信することで、ユーザーの存在やその意見を尊重していることもアピールできます。ユーザーから有用で好意的な内容のクチコミが投稿されると、ビジネスの存在感が高まり、顧客が店舗を訪れる可能性が高くなります。

クチコミは、MEOでは重要視されており、自然にクチコミが増えやすく、評価も高いことが理想です。そのため、ビジネスプロフィールのクチコミ欄を管理していないことは、露出や新規顧客の集客にも悪影響を及ぼします。

クチコミは、返信の他に、誹謗中傷などのガイドライン違反になるものは削除をリクエストすることができます。

5.写真を追加する。

ビジネスの内容を伝え、商品やサービスを紹介するには、写真をビジネス プロフィールに追加します。的確で訴求力のある写真を掲載すれば、求めている商品やサービスがあることを顧客にアピールできます。

ローカル検索の結果

写真は、ローカル検索のリスティングにも表示されます。例えば、麻婆豆腐と検索すると、麻婆豆腐を取り扱っている店舗が検索結果に並び、麻婆豆腐の画像が表示されます。つまり、メニューや検索ワードに該当する画像がないと、この部分に表示する画像が存在しないため、別に画像が表示されることになります。

MEOでローカル検索の順位を上げるポイントとは?

次に紹介するのは、MEOで順位にかなり強い影響があると言われている要素です。これらの対策は、自分だけでは十分にできないため、ウェブマーケティング会社に対策を依頼することが一般的です。

1.サイテーションを増やす

サイテーションとは、リンクがなくても特定性のある情報のことです。例えば、企業名、屋号、住所、電話番号、URLなどが該当します。サイテーションが多いほど知名度が高く、専門的で人気のあるメディアにあれば権威性もあると判定することができます。

サイテーションを増やすためには、積極的なマーケティングが重要です。例えば、SNSを活用したキャンペーンの実施や評判になるような催事への参加があります。

2.クチコミを増やす

クチコミで重要なことは、評価だけではなく数もです。そのため、自然にクチコミが増える仕組みを作っておくことも重要です。

クチコミを増やす対策としては、サンクスメールの送信と同じタイミングで、Googleビジネスプロフィールへの直接リンクを添付し、クチコミに協力してもらえるようにお願いすることでしょう。

クチコミは、コメントでキーワードが入っている長文を差し込むと上位表示されやすいアルゴリズムを悪用した偽レビューや実際に行ったこともないのにメディアの演出で炎上してしまった店舗への悪評が問題視されています。Googleは位置データも集計しています。そのため、今後のアップデートでMEOの重要度が下がる可能性もあります。

3.SEOは積極的に実施する

Google検索のホームページの順位もMEOには関係します。そのため、Googleビジネスプロフィールだけではなくホームページも詳しく編集することが基本になります。

MEOの集客効果はどの程度望めるのか?

MEOは、ローカル検索を対策するものであり、商圏ごとの需要によります。そのため、人口の少ない地域ほどMEOがきっかけで来店する顧客は少なくなります。逆に人口が多い地域ほど、ローカル検索を利用している人数が増えるため、MEOでの集客効果は高くなります。

MEOで得られる露出効果は、予約サイトよりも多い。

某所のレストランの28日間のビジネスプロフィールのパフォーマンスで見てみましょう。食べログなどのグルメサイトでは、有料プランでは2万PV程度のエリアでは、閲覧数が、22.4万回、検索数が、7.37万回あります。つまり、露出効果だけで比較すれば、MEOに圧倒的に優れていることを意味します。

ただし、予約サイトを見ている人は、すでに興味を持っている人であり、ローカル検索では近隣でマップを検索した時でも表示されます。そのため、すぐ顧客化できる人からも見られているのは予約サイトの方と言えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次