ランディングページ(LP)とは?作成のポイントと自作方法を紹介

ウェブ集客において、ウェブサイトに集めた訪問者を、可能な限り顧客化できるかが課題の1つです。そこで、ランディングページを作成します。ランディングページを作成することで、広告を出稿した1つの目的に訪問者を誘導し、効率良く集客することが可能です。

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

目次

ランディングページとは?

ランディングページ(Landing Page)とは、広告用に作成されたページのことです。本来は、訪問者が一番最初に開いたページのことを意味しますが、広告では、設定した広告用ページが表示されるため、ランディングページと呼ばれます。

ランディングページは、訪問者に特定の行動を促すように簡潔なメッセージを促し、離脱しないように外部リンク、内部リンクのどちらも設置しないように設計されています。

特定の目的には、商品の購入、アカウントの無料登録、問い合わせ、資料請求を設定します。この特定の目的をコンバージョンと呼びます。コンバージョンは、負担やリスクが小さいほど増えます。

ランディングページとホームページの違いとは?

ランディングページとホームページの違いは、役割と構造の2つで考えると理解しやすいです。

ランディングページとホームページの役割上の違い

ランディングページは、広告やキャンペーン用に作成されたものであり、特定の行動を促すために作成されるのに対し、ホームページは、製品やサービス、企業の情報、採用、それに関連した最新情報などを閲覧できるように作成します。

ホームページも目的ありきで作成し、CTA(Call to Action)と呼ばれる行動を促すバーやボタンを設置することが一般的です。

ランディングページとホームページの構造上の違い

ランディングページは、離脱の部分を作らずに、訪問者が抱える問題に対して、簡潔な解決策を提示するメッセージを届けて、特定の行動を促します。この時に外部リンク・内部リンクなどの離脱を作らないことが一般的です。

コンバージョンは、難易度が高いほど訪問者は情報が必要です。そのため、商品購入を促すランディングページでは、縦長になり、アカウントの無料解説やメールの登録であれば、ランディングページの縦は短くなります。

ホームページは、これに対して、訪問者がほしい情報が掲載されているページへの誘導がわかりやすいことが求められます。そのため、ヘッダーやフッダーの設計が重要視されます。

ランディングページの構成とは?

ランディングページは、特定の行動を促すため、広告の出稿で訪問者を特定の悩みを持っているターゲット層に絞り込み、その悩みの解決方法の提案を行う構成にするのが基本です。

ランディングページで使われる構成によく使われるのが、PASONAの法則です。PASONAの法則は、消費者に購入を喚起するためのメッセージの法則です。PASONAの法則の構成は以下のようになります。

STEP
Problem(問題提起)

悩み、不安、不平、不満を示して問題提起をする。

STEP
Agitation(煽り・共感)

そのままでは大変だと煽ってから悩みに共感する。

STEP
Solution(解決策)

問題解決策として商品とその機能などを紹介する。

STEP
Narrowing Down(絞込)

ターゲットや期間を限定する。

STEP
Action(行動)

行動を促す。

PASONAの各部のメッセージパターンはある程度決まっているため、以下の単語帳を持っているとランディングページの作成を効率化することができます。

ランディングページ最適化(LPO)とは?

ランディングページ最適化(LPO)とは、コンバージョン率が最高になるような改善策を実施することです。

LPOでは、具体的には、以下のような改善を行います。

STEP
目的を明確にする

セールスの戦略を見直し、コンバージョンが適切だったのかを検証します。例えば、サービスを販売する時は、資料請求や契約を促すよりも、デモアカウントの登録を挟み、イメージをつけてから契約に持ち込んだ方が良いこともあります。そこで、コンバージョンを資料請求からアカウントの無料発行に切り替える判断もあります。

STEP
デザインとレイアウトの最適化

ヒートマップなどで解析すると、ランディングページ内で閲覧されている項目と閲覧されていない項目に振り分けることができます。閲覧されていなければ、デザインやレイアウトを入れ替えてわかりやすくします。

STEP
メッセージ・訴求点の見直し

デザインやレイアウトを変更しても、閲覧されていない項目は掲載しても興味を訪問者が持っていないと判定することができます。コンバージョンに対し、適切なコンテンツを再設計し、より興味を惹き、コンバージョンに貢献するような文言に入れ替えます。

STEP
CTAの最適化

たとえば、コンバージョンをフォーム入力にした時に、必要項目があまりにも多いと、途中で記入を諦めてしまいます。そこで、ソーシャルログインなどを用いて、個人情報の記入をショートカットするようにしたり、入力項目を減らすことで記入を簡単にします。

STEP
テスト

異なるランディングページを同じ条件で出稿し、CVR(コンバージョン率)の高さで比較するA/Bテストなどを実施します。CVRが高い方を採用していき、最終的にCVRが最高のランディングページを採用します。

ランディングページを作成する方法とは?

ランディングページを作成するにあたっての選択肢は、ウェブマーケティング企業に発注する、ウェブ制作会社に発注する、自作するの3つです。

ウェブマーケティング企業に発注する。

リスティング広告などを扱うウェブマーケティング企業に発注する選択肢があります。特定のキャンペーン用にデザイナーが、ディレクターに指示で作成するため、見栄えの良い適正なランディングページを作成することができます。

デメリットとしては、制作料金にディレクション料金が上乗せになりますので、料金が高くなります。

ウェブ制作会社に発注する。

ウェブ制作会社に発注すると、デザイン性の良いランディングページを作成できます。ただし、発注は自分自身で行う必要がありますし、デザイナーがマーケティングに無知の可能性もあります。そのため、当たり外れがどうしても発生してしまうので、ランディングページ制作に慣れている会社を選ぶようにしましょう。

自作する。

ランディングページを自作する方法もあります。今は、ランディングページを作成するためのサービスやWordPressテーマもあるため、デザイン性に高望みをしなければ自作が十分に可能です。

自作することで、修正が自分でできるため、LPOもやりやすいことがメリットです。それに対して、デメリットは、コピーライティングなどの基礎学習も必要になるので、自分の時間を使います。

ランディングページの自作ツールを紹介

初心者がランディングページの自作に挑戦する時に、低リスクでコーディング知識が必要のないツールを紹介します。ランディングページの作成には、「ランディングページのテンプレート」と「画像データをデザインするツール」の2つが必要です。

ペライチ

ペライチは、豊富なテンプレートがあり、テンプレートに合わせて、画像やテキストを入力することで、ランディングページを簡単に作成することができます。リスティング広告に低コストで挑戦したい人におすすめです。

費用無料プランあり
(年額払いの場合の月額では)1,465円〜
月額 1,628円〜
特徴専門知識がいらない。
豊富なテンプレートがある。
サーバー管理が不要。

CanvaPro

評価:

専門知識を必要とせずに、画像やチラシを編集することができる。
50万点以上のテンプレートがあり、画像や動画などは商用利用することができる。

最終更新日 : 2023年10月31日

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次