ローカル検索広告とは?店舗ビジネスにはぴったりの新規顧客の集客方法

ローカル検索広告とは、Googleのローカル検索で上位に自店舗のGoogleビジネスプロフィールを表示します。ローカル検索とは、例えば、近くのパン屋さんをGoogle検索したときのローカルパックやGoogleマップに表示されるGoogleビジネスプロフィールの検索のことです。

ローカル検索広告を活用すると新規の顧客を集客することも可能。

ローカル検索広告で、クリック単価が課金される項目は以下の通りです。

  • [場所の詳細を取得] のクリック
  • [ルート検索] のクリック
  • モバイルの Click-to-Call (電話)のクリック
  • ウェブサイトのクリック

つまり、ローカル検索広告では、例えばレストランなどの業態で検索した人は、同業他社の調査を除くユーザーはレストランを何らかの理由で探しています。そこから、営業時間や場所を含めた情報をクリックするということは、検討に入っていることを意味しますし、モバイルでClick-to-Callをクリックするということは、問い合わせか予約である可能性が非常に高いです。

一般的に既存顧客は屋号で検索することから、ローカル検索広告の対象は新規顧客となります。

ローカル検索広告の仕組み上、地域で絞り込まれた検索結果に広告を出すため、都市部や観光地などの人流が多い地域では効果が非常に高くなります。

逆に、人口が少ない地域では、ライバルがそこまで強くないこともあり、予約を取りたい時期以外では活用せず、MEOに力を入れるべきかもしれません。

ローカル検索広告をうまく活用するポイントとは?

ローカル検索広告の運用を考えるのは、地域性のある飲食店(レストランや居酒屋)、美容室、マッサージ店、占い、宿泊施設などが該当すると思います。

そこで、ローカル検索広告を活用するときに是非注意しておきたい運用上のポイントを紹介します。

ビジネスプロフィールの設定を完璧にする。

Googleビジネスプロフィールの設定は100%の状態で設定します。今回はローカル検索広告を前提にしていますが、MEOでの自然流入も期待します。

設定方法に関しては以下の記事で解説しています。

Googleビジネスプロフィールの設定方法と運用方法とは?

ビジネスプロフィールにクチコミを集める。

例えば、池袋の居酒屋を検索したときに、2箇所のローカル検索広告が表示され、その下に通常の検索結果が表示されています。

MEOで上位表示されているビジネスプロフィールは、仕組み上、評判が良いお店が並びます。

つまり、クチコミの評価が高く、クチコミの件数も多い店舗がすぐ下に表示されている可能性が高いです。店舗ビジネスのほとんどでは評価が表示されていることもあり、ローカル検索広告で成功するためには、クチコミをある程度集める必要があります。これがないと、興味を持って詳細をクリックするとは考えづらいからです。

クチコミを集める方法としては、既存顧客にSMSメッセージやLINE公式アカウントのメッセージなどでクチコミをつけることを促す方法があります。

魅力的が画像をGoogleビジネスプロフィールに豊富に掲載する。

Googleビジネスプロフィールから新規顧客を増やすためには、それぞれのユーザーがビジネスを検索している目的に沿った情報を見せて期待させる必要性があります。例えば、忘年会では、予算が3,000円〜4,000円未満が多く、お店選びの基準としては、食べ放題・飲み放題があり、個室の貸切ができることが挙げられています。
参考:アサヒグループハピ研「もし幹事だったら?どうする今年の忘年会

個室の情報を画像で、お得なサービスに関してはサービスに掲載しておくことで期待値を高めることができます。

OTLや予約サイトと契約し、決済や予約方法を明確にしておく。

旅行プランを予約するOTLやグルメサイトを契約し、Googleビジネスプロフィールに掲載すると、どこで予約ができるのかをユーザーは明確に知ることができます。

例えば、ホテルニューオータニのGoogleビジネスプロフィールでは、広告を出しているOTLのプランが上部に掲載され、その下にホテル側が登録した情報が表示されています。

庄やでは、現在トレタ、ホットペッパーグルメ、PayPayグルメから席予約ができ、予約ボタンからは、トレタで席予約ができます。

ローカル検索広告はどうやって出稿するのか?

Google広告から出稿します。Googleローカル検索広告を利用するためには、住所表示オプションを登録します。リスティング広告とローカル検索広告はセットで出稿することになります。つまり、リスティング広告の出稿が必要になります。

登録方法は、Google広告のメニューバーから広告表示オプションを選択します。メニューバーがないときは、Google広告のロゴの3本線をクリックすると表示されます。

次に青いプラスボタンを選択すると、住所表示オプションを表示することができます。Googleビジネスプロフィールとここで同期することができます。

同期しているすべてのビジネス情報は、登録しているビジネスプロフィールすべてが対象になります。
それに対して、地域グループは、ビジネスプロフィールを選択することができます。地域グループに関しては、ブランドごと、ドミナント商圏ごとに選択するのが良いでしょう。集客のキャンペーンを1店舗ごとで管理するときは、1つずつ設定します。

Google広告のキャンペーンにて、広告表示オプションから住所表示オプションを選択して登録します。

集客のサクセスパートナーでは、「ウェブ集客に関する知識がない」「専門のスタッフがいないことで全く前に進むことができない」ことを悩みにしている成長したい企業向けの協働型のコンサルティングサービスを提供しています。

「ホームページの改善で売上25%アップ」
「売上が一気に2倍に成長!」
「客単価アップに成功し、売上アップ」

などさまざまな成果にご協力させていただいております。詳しくは、以下のページをご覧ください。

集客コンサルティングの詳細

※実績は、クライアントによって異なります。同じ方法で同じ成果になるとは限りません。

気になるキーワードで検索する

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。 メディア掲載としては、「第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号)」 「株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事」が公開される。 山形県よろず支援拠点や地方商工会青年部向けのWEBマーケティングセミナーも行っていました。