飲食店の集客とは?プロが教える効果の高い集客方法【2024年最新】

飲食店の集客

飲食店に限らず、集客は経営の最重要課題です。コストをかけて店舗を改装しても、顧客が来なければ売上が発生しません。人通りが多く、交通の利便性が良い立地に店舗を開業するのが良いですが、実績がないのに最良の立地のテナントを借りることは非常に難しいです。そのため、こちらから顧客に接点を持ち、効果的な集客方法を実践することが、飲食店の成功には不可欠です。

ここでは、飲食店が集客に成功するために必要なポイントと実際に迷ってしまいがちな集客方法の選定について厳選して解説をします。

目次

飲食店の集客の成功事例を紹介

飲食店向けの集客コンサルティングサービスを提供しています。コンサルティングできっかけを掴み、集客のコントロールを掴んだ事例を紹介します。

スクロールできます

都心の居酒屋の売上が2倍に

居酒屋

オンラインとオフラインの視認性を高めて、予約数が爆増!

地方のレストランのHPを改善

レストラン

ホームページリニューアルを伝えた日に100件の予約が入り、その後も事業全体の成長に貢献。売上を25%伸ばすことに成功しました。

メディアの機会を予約に直結

番組の企画とリンクさせた企画とプロモーションで、新規の予約数を大量獲得

口コミ数を2倍に

口コミ

口コミの依頼方法を工夫して、1年で口コミの獲得数を平均2倍に

ウェブサイトのアクセス数を5倍に

関連性の高いコンテンツを追加して、ウェブサイトの訪問者数を5倍に。地域系キーワードでGoogleで1位に

\ ウェブサイトが安い!代行ありのコンサルティングプラン登場 /

飲食店の集客とは?

売上を2倍にしたいと考えた時に、月商=客数×客単価×平均来店頻度であることに着目します。

客数×客単価で考えると、売上2倍を集客で賄うためには、客数を2倍にするしかありません。しかし、リピーターの指標である来店頻度に着目すると、例えば、客数を1.4倍、来店頻度を1.5倍にすることで、売上2.1倍を実現することができます。これにより、ハードルが下がりより現実味のある売上アップが実現します。

飲食店の集客は、大きく分けると2つに分けることができます。

  • 接点がなかった人にはじめて利用してもらうための新規顧客の集客
  • 新規顧客に何度も利用してもらい、常連客になってもらうためのリピーターの集客

新規顧客の集客は、客数の総数を増やすための対策です。リピーターの集客は、顧客を定着させ、固定客(常連客)を増やすための対策です。固定客が増えることで、集客が安定します。

新規顧客の集客とリピーターの集客は、どちらも重要で併用しなければなりません。この理由は、リピーターの集客は、新規顧客の集客よりも費用がかからないため、新規顧客の集客ばかりだと、営業利益が上がらないからです。そして、飲食店には来店可能な商圏があります。そのため、リピーター対策をしないと、新規顧客の集客は、次第に来店した経験のない人は減っていくため、集客の難易度が上がっていくからです。

飲食店の集客を始める前に知っておくべき前提とは?

できれば、飲食店を開業する前に知っておいた方が良い項目をまとめました。どれも重要な意思決定を伴うことで、前提を踏まえると、集客力の高い飲食店を作ることができます。

飲食店の集客では立地が最重要

飲食店をはじめとする店舗型のビジネスは立地に強い影響を受けます。これは、顧客側にも行動範囲があるからで、昼夜問わず、職場や自宅、交通の利便性の良い繁華街を基準に店舗を探す傾向があるからです。

そのため、飲食店の出店では、出店する地域の属性や人通りの多さ、世帯年収、ライフスタイルなどの要素を調査し、もっとも条件の良い地域に出店します。また、路面店であることや入店のしやすさ、視認性の高さからも判断することも重要です。

家賃を10万円増やすのは、固定費率を高めるので良くないのですが、販促費や求人費が10万円以上高くつくイメージであれば、家賃を高くした方が良いことも多いです。

ペルソナを設定してターゲット顧客を具体化する

マーケティングを行う時には、施策を具体化するために、ターゲット顧客を具体化します。よく「30代の女性」のようなターゲティングがなされますが、「子供がいるママ」と「子供がいないキャリアウーマン」では、消費者行動に差があります。

そのため、ターゲティングに重要なのは、ペルソナ設定です。ペルソナとは、ターゲット顧客の具体的なイメージ像です。年齢、性別、職業、嗜好、ライフスタイルなどの情報を組み合わせ、ターゲット顧客の特徴を明確にします。

飲食店の場合、ペルソナの設定は大枠で良いです。例えば、「32歳の女性会社員で、健康志向が高く、カフェ巡りが好き」というようなペルソナを設定します。あまり詳細に絞り込みすぎると、かえって集客が難しくなる場合があるので注意しましょう。

ペルソナを設定することで、情報収集方法や訴求する広告やコンテンツの方向性を定義することができます。上記のペルソナの設定であれば、InstagramやTikTokで新メニューを紹介する動画を配信します。広告費をかけてソーシャルメディアを育成していきます。

店舗コンセプトを確立する

店舗コンセプトは、ターゲット顧客の心を掴む重要な要素です。料理のジャンル、雰囲気、価格帯などを明確にし、他店との差別化を図りましょう。コンセプトに合わせた店内デザインやメニュー開発も欠かせません。

コンセプトは、商圏内での競争力を高めるために設定するものです。そのため、同一の商圏のライバルとは差別化できるように設定する反面、別の商圏からは模倣しても構いません。別の商圏で同一のターゲット顧客に人気のコンセプトを参考にできると、最初から競争力のある飲食店を作り上げることができます。

その中でも顧客に選ばれるようなオリジナリティを備えることで、他にはない唯一の飲食店として知られていくでしょう。

来店動機につながる情報を発信する

引用:ホットペッパーグルメ外食総研

来店動機の分析は、集客で使うコンテンツを決めます。店舗選びに重要視されているポイントを押さえて情報発信すれば、より高い効果を期待することができるからです。

ホットペッパーグルメの調査によると、顧客が飲食店を選ぶ際の最大の理由は「料理」です。初めての来店でもリピーターでも、50%以上のお客様が料理を重視しています。このことから、料理の魅力を効果的に伝えることが集客のポイントとなります。画像や動画でシズル感を掻き立てることを重視して、コンテンツを作成します。

料理以外にも、価格やコスパが良いことを窺わせる情報、店内の清潔さや居心地の良さの訴求、店内に雰囲気、利便性の良さなどの情報が重要視されていますので、特に、ウェブサイトやチラシ、Googleビジネスプロフィールでは網羅的に情報がわかるように構成しましょう。

集客したい時間帯によって有効な集客方法も変わる。

飲食店の集客方法は、ランチとディナーで大きく異なります。それぞれの特徴を理解し、適切な戦略を立てることが成功の鍵です。

ランチ中心の飲食店では、近隣で行動する人が主な顧客です。また、直感的に食べたいものを自分の意思で選ぶ傾向がありますので、広告やSNSでの情報発信が効果的です。住宅街ではチラシのポスティング、オフィス街ではソーシャルメディアを活用した情報発信が効果的です。魅力的なランチメニューや限定オファーを発信することで、来店を促進できます。

一方、ディナー中心の飲食店は、複数人での利用が多く、食事にもビジネスや交流などの目的があります。この場合飲食店は、条件で検索されることが多く、グルメサイトやGoogleマップでの上位表示されていることが重要になります。詳細な店舗情報や料理写真を掲載し、顧客の検索ニーズに応えましょう。また、Googleビジネスプロフィールも最新情報に更新することを忘れずに行いましょう。

天候不良日の集客対策を立てる

雨の日は年間30%

天候不良日は、来客数が減少しがちです。特に日本では、年間の約30%が天候不良日に該当すると言われています。つまり、天候不良日に売上が落ち込む飲食店は、実質的に年間の30%が営業できないのと同じ状態に陥ってしまうのです。

このような状況を避けるために、天候に左右されない集客対策を立てることが重要です。具体的には、雨の日限定メニューやサービスの提供、予約制の導入などが挙げられます。

雨の日限定メニューを用意することで、天候不良日ならではの需要を取り込むことができます。例えば、温かいスープやシチューなどの雨の日に食べたくなるメニューを提供し、来店のきっかけを作ります。また、雨の日に来店したお客様に特典を提供するなど、天候不良日ならではのサービスを用意するのも効果的でしょう。

さらに、予約制を導入し、キャンセルポリシーを用意することで、雨の日の来客をコントロールすることもできます。予約制にすることで、天候不良日でも一定の来客数を確保できます。ただし、急な雨でキャンセルが発生する可能性があるため、キャンセル料を設定するなどのポリシーを決めておくことが重要です。

天候不良日は避けられない課題ですが、適切な対策を立てることで、売上への影響を最小限に抑えることができます。雨の日限定メニューやサービス、予約制の導入など、様々な角度から集客対策を考え、実行していきましょう。天候に左右されない安定した経営を目指すことが、飲食店の成長につながります。

関連:雨や台風の日の飲食店の集客の対策とは?

キャッシュレス決済を導入する

現在、日本では3回に1回の決済がキャッシュレス決済で行われており、キャッシュレス化が急速に進んでいます。また、飲食店を選ぶ際に、40〜50%の人がキャッシュレス決済に対応していないことを理由に店舗を避けたことがあると答えています。このことから、キャッシュレス決済を導入していないことは、キャッシュレスを中心に使っている人を集客ができないリスクを抱えます。

キャッシュレス決済を導入することで、以下のような効果が期待できます。

  1. 利便性の向上による集客力アップ
    多様なキャッシュレス決済手段を用意することで、お客様は自分に合った方法で支払いができます。特に、現金を多く持ち歩かない人でも、気軽に来店できるようになります。利便性の高さは、店舗選びの重要な基準になっています。
  2. 客単価の上昇
    キャッシュレス決済は、現金払いに比べて客単価が上がる傾向にあります。現金を持ち合わせていなくても、高額な商品やサービスを購入しやすくなるためです。客単価の上昇は、売上アップに直結します。(半数以上の人が現金の持ち合わせが1万円以下であることからも、高額商品を売るためにはキャッシュレス決済が必要です。)
  3. 会計のスピードアップ
    現金払いに比べて、キャッシュレス決済は会計がスムーズです。レジでの待ち時間が短縮されることで、お客様の満足度が高まります。また、回転率の向上にもつながり、売上アップが期待できます。
  4. 現金管理コストの削減
    キャッシュレス決済の導入により、現金管理にかかる手間とコストを削減できます。レジ締めや金庫への保管、銀行への入金など、現金管理の手間が省けます。また、現金の盗難リスクも低減されます。

キャッシュレス決済の導入は、お客様の利便性向上だけでなく、店舗運営の効率化にもつながります。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など、多様な決済手段を用意することで、幅広いお客様のニーズに応えましょう。

キャッシュレス決済の導入は、POSレジの選択にも関係してきます。POSレジは、飲食店のデジタル化を制御する核のシステムですので、導入する際は慎重に選ぶ必要性があります。

関連:個人飲食店のPOSレジの選び方とは?おすすめのキャッシュレスレジ・券売機5選

飲食店でよく使われる集客方法

飲食店でよく使われる集客方法を解説します。飲食店の場合、集客の支援サービスが多すぎるため、どのサービスが自店舗に合致しているのかがわかりづらいです。販促費もせいぜい売上に対して5%程度が相場であるため、効果のあるものを適切に選ばなければなりません。

オンライン・オフライン広告以外にも、無料でできる集客力を高めるための施策についても重要なものは取り上げます。これは、いくら広告をして認知度を高めようが、他店舗と違った印象が残らないと、次の集客につながらないからです。

看板メニューを開発する

看板メニュー
重要度非常に高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの獲得
口コミの増加
コスパ非常に高い

「看板メニューといえば、このお店だよね!」と一番に言われることを意識しましょう。立地と同じくらいの飲食店の集客力の強さに影響します。

看板メニューは、店舗の顔となります。これは、口コミが拡散される上で、「麻婆豆腐が美味しいA店」のように、看板メニューがセットになることが多いからです。何でも美味しいお店では、口コミが拡散されづらいため、口コミによる自然な集客を目指すならば、地域で1番の評判になるメニューを看板にする必要性があります。

ポスティング広告を活用する

ポスティング

ポスティング広告は、チラシを特定のエリア内のポストに投函する方法で、近隣エリアへの集客に効果的です。この広告手法は、店舗の近隣エリア内の認知度を向上させるのに最も効果がある積極的な広告です。オンライン広告に届かない層にもリーチするため、商圏内の人に情報を知らせ、直接集客するのに向いた手法です。

ポスティング広告を行う際は、ターゲットとするエリアを絞り込み、魅力的なチラシを作成することが重要です。チラシには、店舗の魅力や特徴、おすすめメニューなどを詳しく記載し、写真を使ってビジュアル的にアピールしましょう。また、期間限定のクーポンや特典を掲載することで、来店への動機づけを高めることができます。

ポスティング広告は、新規出店時のオープン告知や、予約を大量に獲得したい年末年始などの時期に特に効果を発揮します。新店舗の存在を近隣住民に知ってもらったり、特別な時期にお得な情報を届けたりすることで、集客力アップが期待できます。

ただし、ポスティング広告の効果を最大限に引き出すためには、配布枚数や配布エリアの設定が重要です。一般的に、ポスティング広告の反応率は0.3%〜0.75%程度と言われています。例えば、1,000枚のチラシを配布した場合、3〜7人程度の来店が見込めるということです。したがって、一定の反応を得るためには、10,000枚程度のチラシ配布が必要だと考えられます。

また、チラシのデザインや内容も工夫が必要です。専門のデザイナーに依頼するのも良いですが、最近ではCanvaなどの無料デザインツールを使えば、簡単にオリジナルのチラシを作成できます。

Googleビジネスプロフィールを運用する

重要度必須(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの獲得
コスパ非常に高い

Googleビジネスプロフィールは、Google関連のサービスに店舗の情報を表示する無料サービスです。Google検索やGoogleマップに情報が表示されます。後述しているMEO対策には登録が必須です。

店舗の住所、営業時間、電話番号、写真、口コミなどの情報が一目で分かるようになっています。そのため、現在営業をしているかの確認などにも使われており、ウェブサイトやグルメサイトよりも先に閲覧される可能性があります。店舗の情報を知る1番最初の接点になりがちであるため、魅力的に設定できているかで集客にも直接影響します。

Googleビジネスプロフィールに正確な情報を登録し、定期的に更新することが大切です。特に、営業時間や定休日、メニューの変更などは、リアルタイムで反映するようにしましょう。また、魅力的な店舗の写真を掲載することで、視覚的なアピールも欠かせません。

MEO対策を実施する

重要度高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの獲得
コスパ非常に高い

飲食店版のSEOと言えるのが、MEOです。MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップで露出を高める施策のことです。MEO対策を適切に行うことで、近隣からの集客アップが期待できます。

Googleマップは、世界で最も利用されている地図アプリであり、スマートフォンユーザーの多くが日常的に使用しています。飲食店を探す際にも、Googleマップを使って近隣の店舗を検索するユーザーが多くいます。また、Googleマップの検索結果は、「近くのレストラン」などの関連キーワードでGoogle検索した際にも表示されます。

Googleマップには、店舗の基本情報だけでなく、写真や口コミ、評価などの情報も集約されています。つまり、Googleマップは単なる地図アプリではなく、口コミサイトとしての機能も備えているのです。

MEO対策の具体的な方法としては、以下のようなものがあります。

  1. Googleビジネスプロフィールの最適化:店舗情報を正確に登録し、魅力的な写真を掲載する。定期的な情報更新も重要。
  2. 口コミの獲得:Google マイビジネスでの口コミ数と評価の高さが、検索順位に影響する。積極的な口コミ依頼が必要。
  3. 他サイトの利用: 食べログやRettyなどの大手グルメサイトやブログで店舗情報が掲載されていると、MEO対策に有利に働く。
  4. SEO:上位表示したいキーワードの検索結果に店舗情報が紛れ込んでいると、MEOでも上位になる可能性が高くなる。これは、公式サイトだけではなく、他サイトでも同様の効果が見込まれる。

これらのMEO対策を総合的に行うことで、Googleマップでの検索順位を上げ、集客力を高めることができます。Googleビジネスプロフィールの運用と合わせて、上記の施策を意識していきましょう。

ただし、Googleの口コミは、割引や景品と交換して口コミを集めることは、景品表示法のステマ告示に違反する違法行為です。口コミの収集は、協力や依頼する程度にとどめておきましょう。

グルメサイトに出稿する。

グルメサイト
重要度非常に高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
コスパ非常に高い

グルメサイトとは、条件で飲食店を検索できるサービスで、店舗の情報やウェブ予約までできるサービスのことです。Google検索をはじめとする検索エンジンの上位をグルメサイトが占めており、新規顧客の集客との相性が良いです。

特にディナータイムの集客向上には、グルメサイトの活用が必須です。

グルメサイトは、自店舗の特徴に合ったグルメサイトを選びます。また、サイト内検索で上位に表示されることが重要ですので、上位表示が可能なプランの選択を行いましょう。最低プランは、ページと予約機能のみを貸ししているだけなので、新規顧客の集客の効果は見込めません。

グルメサイトの料金は、月額固定費+手数料で成り立っています。多くのグルメサイトは、1席あたりに手数料を設定していますが、月額固定費が無料で予約されたプランの売上に対する成果報酬で成り立っているアフィリエイト型のグルメサイトもあります。

サービス特徴
食べログ圧倒的な集客力で知られるグルメサイトで、クチコミや百名店の認定で複数のお店選びの尺度がある特徴。
ホットペッパーグルメ20代の集客に強い特徴を持つサービス。
楽天ぐるなびグルメサイトの中でも歴史が古いため、40代以上に人気のあるサービス。
Retty実名での口コミを売りにしているグルメサイト。
ヒトサラ料理人を訴求するグルメサイト。一部アフィリエイト型を採用している。
一休.comレストランハイクラスなレストランが中心に掲載されているグルメサイト。登録には審査があり、アフィリエイト型。
オズモール女性向けの媒体で、さまざまなお店を紹介する中の1つにグルメがある。アフィリエイト型。
代表的なグルメサイト例

予約用ウェブサイトを作成する

レストラン
重要度ランチがメイン:低い(
ディナーがメイン:高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの集客
コスパブランド力による

飲食店にとって、予約用ウェブサイトの作成は、予約客の獲得に直接行う施策です。

特に、リピーターが多く、ブランディングができている店舗では、屋号で検索を行って予約をする消費者行動を取ります。そのため、予約手数料が席数ごとにかかるグルメサイトではない予約方法を用意することで、利益率を高めることができます

かちプロジェクトの飲食店向けの集客コンサルティングでは、ホームページ作成費用を割り引いてお得に提供しています。これは、ウェブサイトをよく使うからであり、ウェブサイトのクリエイティブ次第で、年の売上が2割近く異なってくるからです。

予約用ウェブサイトには、来店の動機づけにつながる情報は全て掲載します。

  1. 店舗の魅力や特徴
  2. 食欲をそそる料理の写真や動画
  3. 個室の有無や店内の情報
  4. 受賞歴
  5. メニューや価格情報
  6. 予約方法
  7. アクセス情報や地図
  8. 駐車場の有無

店舗の魅力や食欲をそそる料理の写真を掲載することで、潜在顧客の興味を引き、予約へとつなげることができます。また、予約方法をわかりやすく提示することで、手数料の負担なく、予約を獲得することができます。

予約システムを導入することで、予約管理の効率化も図れます。電話応対の手間が省け、スタッフの負担軽減にもつながります。また、予約データの分析により、顧客の動向や需要の把握が可能になります。

ホームページ作成には、WordPressなどのCMSを使う方法や、ウェブ制作会社に依頼する方法があります。飲食店に特化したテンプレートを使えば、比較的簡単にホームページを作成できます。

ただし、ホームページの運用には、継続的な更新と管理が必要です。新しい情報を定期的に発信し、鮮度を保つことが重要です。

また、SEO対策にも力を入れ、検索結果での表示順位を上げることが集客につながります。

ソーシャルメディアを運用する

ソーシャルメディア
重要度非常に高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの集客
コスパ広告不使用:高い
広告使用:非常に高い

ソーシャルメディア(SocialMedia)は、オンラインを通じて人々がつながり、情報を共有するプラットフォームです。飲食店は、お客様と直接コミュニケーションを取り、情報を発信することができます。アルゴリズムを理解することで、地域のユーザーに情報を届けることができるため、新規顧客とリピーターどちらの集客にも効果があります。

ソーシャルメディアでの効果的な情報発信には、視覚的魅力(シズル感)と頻度が重要です。美味しそうな料理写真や、店内の雰囲気が伝わる画像やショート動画を定期的に投稿しましょう。InstagramやTikTokで魅力的な情報を発信している飲食店を探し出し、模倣して発信するのが効果的です。

主要なソーシャルメディアは以下の通りですが、共通してショート動画を配信することに適しています。ショート動画はスマホやタブレットの機能で作成ができますので、ぜひ挑戦してください。

特徴
Instagram写真やショート動画の共有に適しています。ビジュアル重視の飲食店PRに最適です。
TikTokショート動画を中心としたプラットフォームで、若い世代へのアプローチに効果的です。
YouTube動画コンテンツに適しています。料理の作り方や店舗紹介動画などに活用できます。
X (旧Twitter)短文のメッセージや画像、動画を投稿できます。リアルタイムの情報発信に適しています。

上記の媒体では、広告があり、詳細なターゲティングが可能です。特に、グルメサイトやMEOで上位表示ができない場合は、新規顧客の視認性を高めることができませんので、ソーシャルメディアの広告が重要になります。特に、Instagram広告は頻繁に活用します。

看板
重要度必須(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの集客
コスパ非常に高い

視認性の高い看板や外観は、通行人の目に留まりやすく、自然な入店を促します。外観での視認性を高めることは、最も集客がしやすい通行人への直接アプローチができます。逆に、何らかの制限があり、通行人の視認性を高めることができない店舗では、いくら人通りが多くても、全く気づかれないので、立地のメリットを生かすことができません。

これらの設置は、半径20mの道路から、振り向かずに店舗の情報を見つけることができるかが、成功の秘訣になります。

看板の種類特徴
メニュー看板– 店頭に設置されるメニュー看板
– 店内に掲示されるメニュー看板
– デジタルメニューボード
店名看板– 店舗の正面に掲げられる主要な看板
– 店舗の側面や上部に設置される補助的な看板
のぼり旗– 店舗の前や近くに立てられる縦長の旗型看板
– 目玉商品や特別メニューをアピールするのに使用
A型看板(スタンド看板)– 店舗前に置かれる両面看板
– 日替わりメニューや特別割引情報を掲示
ウィンドウサイン– 店舗の窓ガラスに貼られるシール型看板
– 営業時間、定休日、クレジットカード利用可否などの情報を表示
バナー看板– 店舗の壁面や柵に取り付けられる横長の看板
– 新メニューや期間限定商品のPRに利用
電飾看板– LEDやネオンを使用した発光する看板
– 夜間の視認性が高く、店舗の存在感を高める
ブラックボード(黒板)看板– チョークやチョークマーカーで手書きされる看板
– 日替わりメニューやおすすめ商品を随時更新できる
ファサード看板– 店舗の外壁全体を覆う大型の看板
– 店舗の外観を統一し、ブランドイメージを強調する
デジタルサイネージ– デジタルディスプレイを使用した電子看板
– 動画やアニメーションを用いて、よりダイナミックな情報発信が可能
– 内容を遠隔操作で容易に更新できる
テレビ番組
重要度高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
コスパ非常に高い

テレビ番組への出演は、飲食店にとって大きな宣伝効果が期待できる機会です。グルメ番組や情報番組で紹介されることで、店舗の知名度が一気に上がり、新規顧客の集客が増えます。

テレビ番組に出演するための方法の一つに、パブリシティがあります。パブリシティとは、テレビ局や制作会社に対して、店舗の魅力や特徴をアピールする営業活動のことです。

ただし、パブリシティには、テレビ局や制作会社が取材するだけの興味がなければ失敗します。番組にならない題材は、取材の対象にならないので、興味深い企画を用意する必要があります。また、最近は、SNSで取材対象を探す傾向があり、SNSでの情報発信も積極的に行いましょう。

具体的には、以下のようなステップでパブリシティを行います。

  1. 店舗の魅力や特徴をまとめたプレスリリースを作成する
  2. テレビ局や制作会社の担当者にプレスリリースを送付する
  3. 担当者に直接連絡を取り、店舗の魅力を説明する
  4. 取材依頼があれば、積極的に受け入れる

プレスリリースには、店舗の独自性や話題性を盛り込むことが大切です。例えば、珍しい食材を使った料理や、ユニークなサービス、店主の個性的なバックグラウンドなどがあると、テレビ局の興味を引きやすくなります。

ただし、テレビ番組への出演は一時的な効果であることを理解しておく必要があります。番組放送後に一時的に来客数が増えても、継続的な集客にはつながりにくいのが現状です。

そのため、テレビ番組への出演は、店舗の認知度向上のきっかけと捉え、番組放送後の集客対策も併せて行うことが重要です。番組での露出をソーシャルメディアでシェアしたり、番組で紹介されたメニューを限定提供したりするなど、番組効果を最大限に活用する工夫が求められます。


フードデリバリーに対応する

重要度高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの集客
コスパ非常に高い

フードデリバリーは、配達員にテイクアウト用のメニューを預けることで、注文者のところまで運んでもらえるサービスのことを指します。利用者の多いデリバリーサービスに登録することで、店舗の集客力を高めることができます。

フードデリバリーを導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

  1. フードデリバリーを活用すれば、人員が少ない個人店でもデリバリー対応が可能になります。配達員の手配はデリバリーサービス側が行うため、店舗スタッフの負担を増やすことなくデリバリー販売ができます。
  2. 店舗の立地が悪く、視認性が低い場合でも、フードデリバリーを導入することで、周辺エリアの住民にメニューを届けることができます。特に、客席数が限られている小規模店舗では、デリバリー販売が売上アップに直結します。
  3. フードデリバリーを利用するユーザーには、店舗に直接来店しない層も多く含まれます。デリバリーサービスに登録することで、これまで店舗を利用したことのない新たな顧客層を獲得できる可能性があります。

ただし、フードデリバリーに対応する際には、いくつかの準備が必要です。

まず、デリバリー用のメニュー開発が重要です。店舗での提供メニューをそのまま配達用にするのではなく、配達中の品質維持を考慮したメニュー設計が求められます。

また、容器の選択も配達品質に大きく影響します。汁漏れしにくく、保温性に優れた容器を使用することで、デリバリー先でも美味しい料理を提供できます。

さらに、デリバリーサービスごとの手数料体系や注文管理方法を理解しておく必要があります。手数料率が高いと、デリバリー販売の利益率が下がってしまうため、価格設定にも気を付けましょう。

LINE公式アカウントを活用する

LINE公式アカウント
重要度ほぼ必須(
見込まれる効果リピーターの集客
コスパ非常に高い

LINE公式アカウントは、リピーターの集客に非常に効果的なツールです。LINEの日本国内における普及率は90%を超えており、幅広い年齢層に利用されています。

LINE公式アカウントは賛否が分かれますが、リピーターと円滑にコミュニケーションするためのツールとしては、1番です。

LINE公式アカウントを活用することで、顧客に新たなアプリをダウンロードさせることなく、ダイレクトにメッセージを送ることができます。これにより、リピーターに対して来店動機につながる情報を定期的に配信できます。

LINE公式アカウントの導入は、顧客とのコミュニケーション強化だけでなく、店舗運営の効率化にもつながります。予約システムやステップメールなどを組み込むことで、予約受付をLINE上で行うことで、顧客の利便性を高められます。

ただし、LINE公式アカウントの効果を最大限に引き出すためには、お友だち登録数を増やすことが重要です。そこで、会員証としても機能するLINEミニアプリの導入がおすすめです。

LINEミニアプリは、LINE公式アカウント内で動作するアプリケーションで、会員証や順番待ち、予約機能などの機能を実装できます。LINEミニアプリを登録する時に、同時に公式アカウントへの登録を促すことができるため、お友だち登録を簡単に増やすことができます。

LINE公式アカウントとLINEミニアプリを組み合わせることで、リピーターとの継続的なコミュニケーションが可能になります。来店頻度に応じたポイント付与や、誕生日クーポンの配信など、顧客のロイヤルティを高める施策も実施しやすくなります。

LINE公式アカウントの運用には、定期的なメッセージ配信と、顧客からの問い合わせ対応が必要です。配信頻度やメッセージ内容については、顧客のニーズを汲み取りながら最適化していくことが大切です。

また、LINEミニアプリは、開発版とパッケージ版がありますが、小規模な店舗であれば、安価なパッケージ版で十分に機能します。

インフルエンサーとのタイアップ企画を実施する

インフルエンサー
重要度低い(
見込まれる効果新規顧客の集客
コスパインフルエンサーの影響力と企画力による

インフルエンサーとのタイアップ企画は、店舗の認知度アップに効果的です。

インフルエンサーが店舗の魅力を紹介する企画を行うことで、そのインフルエンサーのファンがコンテンツを拡散することで、店舗の認知度が向上します。これは、通常広告では届かない客層にリーチしており、潜在顧客の掘り起こしの効果が生じます。

注意点としては、広告である場合は、プロモーションであることを表示しなければ、ステマに該当するため、景品表示法違反になります。

地域のイベントに参加する

地元のイベント
重要度非常に高い(
見込まれる効果新規顧客の集客
リピーターの集客
コスパ高い

地域のイベントへの参加は、地域密着型の集客に役立ちます。お祭りや市場、スポーツイベントなどに出店し、店舗の存在をアピールしましょう。イベント限定メニューの提供も効果的です。

地元のイベントに参加するということは、地元の人と交流をすることにもなるため、横のつながりも強化され、店舗の利用にもつながります。

【まとめ】飲食店の集客を成功させるためには?

飲食店の集客には、様々な方法があります。店舗の特性やターゲット顧客に合わせて、効果的な集客方法を選ぶことが重要です。

本記事では、集客で重要な7つのポイントと、24の具体的な集客方法を紹介しました。ターゲット顧客の明確化、店舗コンセプトの確立、来店動機につながる情報発信など、基本的なポイントを押さえつつ、看板メニューの開発、SNSでの情報発信、口コミの促進など、実践的な方法にも触れました。

集客は一朝一夕で結果が出るものではありません。継続的な取り組みと改善が必要です。PDCAサイクルを回しながら、集客施策の効果を検証し、改善を重ねていくことが大切です。

また、集客はお客様との関係性づくりでもあります。一過性の施策だけでなく、リピーター獲得につながる施策も忘れずに実施しましょう。お客様に愛される店づくりが、長期的な集客と売上アップにつながります。

最終更新日 : 2024年7月24日

飲食店の集客

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次