iPhoneのタッチ決済の導入方法を解説!出張、野外ビジネスでも安全な取引が可能に

電子決済のデメリットとして、初期投資をかける必要性があることが挙げられます。iPhoneのタッチ決済を導入することで、電子決済は、iPhoneだけで行うことができるようになります。

実際現金の支払いが含まれている店舗では運用が難しいですが、電子決済のみに決済方法を制限してしまうことで、店内からレジと現金を排除することができます。これにより、レジ〆にかかる時間を大幅に短縮し、強盗に入られるリスクを排除することが見込まれます。

この記事では、iPhoneのタッチ決済とは何かを紹介し、具体的な導入方法について解説します。

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

目次

iPhoneのタッチ決済とは?

iPhoneのタッチ決済は、追加のハードウェアを必要とせずに、iPhoneだけで非接触決済を可能にする最新技術です。

この機能により、個人やビジネスはiPhoneを使って簡単かつ安全にクレジットカードやデジタルウォレットからの支払いを受け取ることができます。すべての取引は暗号化され、Apple Payと同じくSecure Elementを使用して処理されるため、高度なセキュリティとプライバシーが保証されます。

簡単かつ安全に決済を完了できる、この革新的な機能が、あなたのビジネスをさらに一歩前進させます。

iPhoneのタッチ決済でできることとは?

iPhoneのタッチ決済を利用することで、さまざまな決済手段からの支払いを簡単に受け付けることができます。クレジットカード、Apple Pay、その他のデジタルウォレットからの支払いに対応し、NFC対応のロイヤルティカードや割引カードの読み取りも可能です。これにより、顧客はスムーズかつ便利に支払いを完了できます。

さらに、顧客が店舗で支払いをする際には、ロイヤルティプログラムの通知を受け取ることができるため、店舗側は顧客の購買履歴を把握し、よりパーソナライズされたサービスを提供できます。ビジネスオーナーにとっては、iPhone一つで全ての支払いを管理できるため、設備投資や運用コストの削減にもつながります。iPhoneのタッチ決済は、顧客と店舗双方にとって便利で効率的な決済ソリューションです。

対応可能な決済方法とは?

現在決済が対応な決済ブランドは、クレジットカードでは、アメリカンエキスプレス、JCB、Mastercard、Visaが挙げられます。

iPhoneのタッチ決済を導入する方法とは?

iPhoneのタッチ決済を導入するためには、対応する決済サービスプロバイダー(PSP)との契約が必要です。 登録は非常に簡単で、PSPが指定するアプリを決済に利用するiPhoneにダウンロードし、アカウントを作成します。

エアペイ(リクルート)

Airペイ タッチは、iPhoneだけで非接触決済を可能にするサービスです。クレジットカード、デビットカード、Apple Payなどのデジタルウォレットを利用した決済が可能で、追加のハードウェアは不要です。

決済手数料3.24%(業界最安水準)
ランニングコスト初期費用、月額費用、振込手数料は0円。新たな銀行口座の開設も不要。
申込方法Web上で申込みが完結。申込情報を入力し、審査書類をアップロード。審査は最短15分で完了。その後、アプリをダウンロードして利用開始。

Square

Squareのタッチ決済は、iPhoneを使って簡単に非接触決済を受け付けることができるサービスです。専用のハードウェアは不要で、最新のiPhoneで利用可能です。

決済手数料3.25%
ランニングコスト月額料金や初期費用は0円。
申込方法Squareの無料アカウントを作成し、Square POSレジアプリをダウンロード。設定完了後すぐに利用可能。

GMO(ステラ)

stera tapはiPhoneを使った非接触決済サービスで、追加のハードウェアを必要とせずに利用できます。

決済手数料VisaとMastercardは2.70%、キャンペーンあり。
JCBとAmerican Expressは3.24%。
ランニングコスト振込手数料は三井住友銀行口座なら0円、その他の銀行口座は220円(税込)。月2回締めの15日後払い。
申込方法stera tapアプリをダウンロードし、アカウントを作成して申込情報を入力。審査は最短15分で完了。

iPhoneのタッチ決済に期待できるシーン

iPhoneのみでクレジットカード決済ができますので、野外出店の多い店舗ではレジを持ち運ぶ必要がなくなりました。同様に、野外出店のために必要とされていた決済端末を別途契約する必要性もありません。

これは、ライブハウス、出張ヨガやトレーニング、セミナーなどの当日集金にも活用することができ、手持ちの現金を増やさずに取引することができるため、安全性の高いビジネスを実現することができます。

最終更新日 : 2024年5月21日

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次