のぼりの集客の役割とは?路面店で効率良く集客するための使い方

のぼりは、店舗の視認性を高めることで、通行者の興味を惹き、集客するツールです。また、のぼりがあることで営業中であることを伝えることができ、入店しやすくなります。路面店であれば、駐車場などの私有地の設置では問題がありませんが、公道では、道路使用許可証を警察に届け出る必要があります。

目次

店舗におけるのぼりの役割とは?

店舗におけるのぼりの役割は、店舗の存在を知らせることや、店舗の商品やサービスを宣伝することです。 店舗の外観を装飾することで、視認性を高め、周囲の人々の注目を集めることができます。

また、店舗に行く人を引きつけるために、特別なキャンペーンやセールなどの情報を表示することもできます。 店舗のぼりは、商標、ロゴ、商品画像など、様々なデザインが可能で、店舗のブランドにも重要な役割を持っています。

目立つのぼりの作成のコツとは?

目立つのぼりの作成のコツには、以下のようなものがあります。

  1. 視認性: 店舗の外観が目立つように、色彩やデザインを工夫することが重要です。大きくて明るい色の使用や、コントラストの強いデザインが有効です。
  2. シンプルなデザイン: 複雑なデザインや、多くの情報を表示するのぼりは、視認性が低くなる可能性があります。シンプルでわかりやすいデザインを心がけることが重要です。
  3. メッセージの選定: 店舗のイメージや、商品やサービスをアピールするために、適切なメッセージを選定することが重要です。
  4. 定期的な更新: 時間の経過とともに、のぼりのイメージが古く感じられることがあります。定期的にデザインやメッセージを更新することで、店舗のイメージを新鮮に保つことができます。
  5. 視覚的なバランス: のぼりの大きさや形状、位置などを調整して、店舗全体のバランスをとることが重要です。

これらのコツを参考に、目立つ、わかりやすいのぼりを作成することで、店舗の存在を知らせ、商品やサービスをアピールすることができます。

のぼりはどのように設置すると集客に効果的か?

のぼり旗を設置する際には、視認性が高い場所に設置することが重要です。商業地区や道路沿いなど、多くの人が通りがかる場所に設置することで、多くの人に目にしてもらえます。また、旗の高さや大きさも考慮し、目立つように設置することも重要です。さらに、旗には適切なデザインや文字を使用し、見た目も魅力的にすることで、集客効果を高めることができます。

のぼりの作り方とは?

のぼりの作成は、ラクスル を使うと簡単に作ることができます。

のぼり旗印刷をメニューから選択します。

のぼり旗のサイズには以下のサイズがあります。

レギュラーサイズ600*1800
スリムサイズ450*1800
ショートサイズ600*1500
スリムショートサイズ450*1500
ラージサイズ900*2700

のぼりのデザインテンプレートは、800種類以上(各サイズ200種類以上)から選ぶことができますし、自分で作ることもできます。のぼりのデザインを入稿する時は、イラストレーター、ワード、パワーポイント形式で行うことができます。

価格は部数が多く、受付日からの営業日が、5日以上空いている時の方が安くなります。そのため、必要な日程よりも配送や設置準備の日程を計算して10日以上前に印刷開始が望ましいです。

まとめ

のぼりは、人通りの多い路面に設置したりすることで、店舗の視認性を高め、通りがかりの人から集客をすることができます。のぼりは設置すればよいわけではなく、店舗の売りである情報を的確に伝えることが重要なため、シンプルで大きく作ることがとても重要です。

また、のぼりは簡単に作成することができます。路面店であれば、積極的に活用しましょう。ただし、設置箇所には許可のいるものもあります。公道に設置するときは、道路許可証を申請する必要性があります。

【集客をもっと伸ばしたい方へ】

予算に合わせた低リスクで集客の効果を生むには、戦略が必要。
集客のサクセスパートナーでは、様々な視点で、
クライアントの顧客増加の土台になる戦略立案〜施策の実行をサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次