ポスティングは自分で配布と業者に委託のどちらがお得なのか?

この答えは明確で業者に委託するのが良いでしょう。

特に店舗型のビジネスを開業した時に、チラシの配布方法について悩むと思います。理由は、配布の費用面です。開業時にはお金が他にもかかるため、できることは自分でやって節約したいと思う人が多いかもしれません。

チラシを自分で投函するセルフポスティングを選択するか、ポスティング広告業者に依頼するかのどちらかになりますが、集客では、ポスティング広告業者を選択した方が良いでしょう。

なぜならば、ポスティング広告は、ラクスルの調査では、反応率は0.75%が平均だからです。つまり、1組集客するのに、400世帯に投函が必要になります。1人が1時間でポスティングできる枚数は、はやくて300枚と言われており、その時間を本業にあてた方が良いのは明らかです。

また、ポスティング広告の委託業者は、チラシの印刷屋でもあり、一枚あたりの印刷配布コストは、コンビニでモノクロ印刷をするよりも安いです。

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

目次

1.自分でチラシを投函するメリットとデメリット

1-1.ポスティングを自分で配布するメリットとは?

セルフポスティング(自分でチラシを投函すること)で、顔を売ることができます。ポストに投函するだけであれば、業者に依頼した方が良いですが、住宅に出向くことで投函の際に挨拶を行うこともできます。

地域密着型のビジネスでは、距離感を縮めることも重要な戦略の一つと言われています。継続的にポスティングを続けることで、地域の人の一人として認知され、一度利用してみようと思うかもしれません。

1-2.ポスティングを自分で配布するデメリットとは?

ポスティングは慣れている人でも1時間に投函できるのは、300件が限度だとされています。全国平均のポスティング広告の反応率は、0.75%です。つまり、1時間で1組ポスティングで集客できれば良い計算になります。

この数値はあくまでラクスルが大量にチラシを配布した結果であり、平均値です。飲食店では全ての客層をターゲットにすることもできますが、エステサロンでは女性の特定された客層のみしか客層にすることができません。つまり、業種によって反応率には大きな差があります。

従来言われているのは、1,000枚チラシを配って3組(つまり、反応率は0.3%)と考えるのがよく、その分の時間を費やすと考えた方が良いでしょう。

よって、セルフポスティングは、十分な客数を稼ぐための施策とは言いづらく、客数を伸ばしたいのであれば、ポスティングは外部に委託した方が良いということになります。

ポスティング事業者を選ぶコツとは?

ポスティングは基本的に有名な企業に依頼するのが定石です。配布件数が多いことで、ポスティングスタッフを安定供給できており、データも蓄積されています。目的の日程通りに配布が完了するのが必須事項であることもあるからです。

料金重視で考えれば、ラクスルなどのWEBサービスが便利。

ポスティングは、印刷会社であればどこでも委託可能です。しかし、地場のポスティング業者は、WEB上で価格競争を行っているわけではありません。そのため、価格では、ラクスルなどのサービスには敵いません。

ポスティング広告は、1万部程度配布しないと十分な効果は見込めません。そのため、1枚の配布コストを可能な限り下げるためには、WEBでポスティングを受注している大手を選択した方が良いです。

おすすめのポスティング業者を厳選して4社紹介

GISなどの商圏分析を導入しているポスティング業者を選択するのも良い。

GISとは、地理情報システムのことを意味します。エリアマーケティングGISでは、その商圏内で例えばファミリー層が多い地域を絞り込むことができます。

住宅販売では、若年者のファミリー層がアパート住まいをしているエリアに絞り込んでポスティングするのが効果的です。そのため、地域の分析を行い、配布地域を選択することがポスティングの費用対効果を高めることになります。

最終更新日 : 2024年4月6日

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次