初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

飲食店の集客で優先順位が高いものはどれなのか?

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

集客に困っている時に、多くの飲食店オーナーは、「どの集客策を最優先に取り組むべきか」を迷ってしまいます。

営業担当者が提案する様々な方法の中から、本当に必要な手法を見極めることは困難です。実際、多くの場合は、営業担当者の人柄に流されてしまい、結果的に効果の低い方法を選択してしまうことがあります。

それでは、どうすれば合理的に、繁盛店に近づくことができるのでしょうか?ここでは、飲食店が着手すべき集客の優先順位について解説します。

目次

飲食店の集客で優先順位が高いものは?

飲食店の優先順位が高い集客の施策では、以下の基準があります。

  1. 飲食店探しによく使われている媒体の活用
  2. 地域限定でのターゲティングができる媒体の活用
  3. リピーターといつでもすぐにコミュニケーションができる環境作り

飲食店探しによく使われている媒体の活用

飲食店を探す際、多くの人々が利用する媒体をうまく活用することで、店舗の認知度を高めることができます。

飲食店検索の分布

テーブルチェックの調査によると、2022年には86%の人々がGoogleを、61%がグルメサイトを使用しています。対して、SNSの利用率は14.5%と、Googleやグルメサイトに比べて飲食店探しには貢献していないことがわかります。

InstagramやX(Twitter)での情報発信は意味がないとは言わないですが、効率の良い集客を意識する上では、最初から飲食店探しを目的にされているものを有効活用する方が楽に集客ができます。

Googleでの露出度の向上

Googleには、Google検索とGoogleマップ検索があります。Google検索で視認性を上げる方法は、リスティング広告とSEOがあり、Googleマップ検索で視認性を上げる方法には、MEOがあります。

リスティング広告よりもSNS広告の方が飲食店の場合は集客効果が望めます。また、SEOはグルメサイトが上位を寡占している状態なので、グルメサイトに出稿した方が特に知名度に自信がない店舗にとっては良いでしょう。

MEO対策は知名度が強く影響するため、実来店を増やすこと自体が対策になります。そのため、予約数や来店数を増やすことがそのまま対策になることが多く、優先順位は下がります。(ただし、Googleビジネスプロフィールは営業時間やアクセスを検索する時に使われますので、常に最新情報にする必要があります。)

グルメサイト

グルメサイトは、予約を獲得することを目的に使いますGoogle検索やアプリ利用者からの流入もあるため、居酒屋やレストランを予約したいユーザーからの流入を獲得することができます。各グルメサイト内での露出は、検索とバナー表示に制限されますので、グルメサイト内で上位表示ができるプランを確認してから導入する必要があります。

参考:グルメサイトの選び方とは?集客に強いサービス5選とその特徴

地域限定でのターゲティングができる媒体の活用

集客において最も重要なのは、来店確率の高い顧客を特定し、絞り込むことです。

特に、店舗の近隣に住む人々は、来店確率が高い顧客と言えます。これらの顧客に対して、情報を迅速かつ簡潔に伝えることが肝心です。簡単に情報を到達するのは、チラシのポスティングやSNS広告です。

前述では、SNSは飲食店探しに使われていないとしましたが、広告媒体と見ると、近隣の人々をターゲティングできるので有用です。また、広告も投稿をそのまま表示することができますので、動画や画像を表示させることができます。

なお、リスティング広告(検索連動型広告)は、特定のキーワードの検索結果にフレーズ広告を表示します。飲食店を今探している限られた相手にしかリーチしないことや飲食店の価値が最もわかりやすい画像や動画を最初に閲覧するわけではありません。

リピーターといつでもすぐにコミュニケーションができる環境作り

一度来店した顧客が再度来店する確率は、1回目の来店者の約20%に過ぎません。しかし、一度来店した経験を持つ顧客をリピーターにすることで、新規顧客を獲得するよりも容易に集客が可能になります。

LINE公式アカウントは、9割のスマホユーザーに普及しており、登録も簡単で、メッセージの到達率も高いという利点があります。一方、独自アプリの導入は顧客にダウンロードを要求し、SNSやメールは、それぞれアルゴリズムや迷惑メールフィルターによってメッセージの視認性が低下するリスクがあります。

飲食店の優先順位が低いものは?

飲食店の販促費は、月商の3~5%と限られています。そのため、集客の施策を選定する時に、優先順位を下げる基準も設けることが重要です。

  1. 対策が非常に難しい集客の施策
  2. 情報の到達度が不安定な集客の施策
  3. 効果が不確定要素が強い集客方法

対策が非常に難しいもの

例えば、Googleでの上位表示を目指す場合、サイトの運用とマーケティングによる店舗の知名度向上が両立しなければならず、その難易度は非常に高いです。また、プロセスが長期間にわたり、根拠が不明確な方法は、集客効果の即効性や将来性を期待するのが難しいです。そのため、飲食店でSEOを使った集客の優先順位は低いです。

同様の理由で、飲食店ではブログで集客をすることをおすすめしていません。検索エンジンで上位表示することが難しく、SNSでも外部リンクを投稿すると表示回数が下がるようなアルゴリズムになっています。ブログをやるのであれば、SNSで完結する投稿をするのが良いでしょう。

情報の到達度が不安定な集客の施策

情報の到達度が不安定な集客の施策は、運用難易度も高く、効果も目減りする傾向にあるため優先順位が低いです。

例えば、メールマーケティングは、無料や売り出しなどのビジネスを窺わせる文言を使うと、自動でフォルダ分けされます。これにより、メッセージの到達率が大きく落ちます。この点で、LINE公式アカウントがより優れていると言えるでしょう。

また、SNSでは、タイムラインへの表示にアルゴリズムがあるため、継続的にいいねやクリックなどのエンゲージメントがないと表示の頻度が落ちていきます。

効果が不確定要素が強い集客方法

未知の集客方法を採用すると、その仕組みや効果が理解しにくくなります。

例えば、フリーペーパーの効果は、実際にどれだけ閲覧されているのか不明確であり、その効果を測ることが難しいです。地域のフリーペーパーの中の広告欄に5万円で掲載した小売店は、問い合わせが1件でした。フリーペーパーの場合は、発行部数が多くても、そこから視認され、手にとってページを閲覧するまでの行動がなければ、広告を見られることがないからです。

チラシのポスティングの方が確実に顧客にリーチします。

まとめ

飲食店にとって、集客は立地選びに失敗した罰金と呼ばれています。営業マンへの好感度のような感情的な基準ではなく、今の店舗に客を呼び込むための合理的な基準で選ばないと、広告費だけが増えていきます。

これを回避するためには、飲食店探しによく使われている媒体であること、地域限定でターゲティングができる媒体であること、リピーターといつでもすぐにコミュニケーションができる環境づくりに貢献することなどの基準で選択することが重要です。

逆に、運用難易度が高く、効果が不確定なものは、限られた予算の中では優先順位が下がります。

飲食店では手が足りず、集客の対策が後回しになりがちです。私たちと一緒に、3ヶ月以内を目処に対策を行いませんか?

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次