080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)
お電話は既存のクライアント様用です。

集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

集客・BtoC

ラーメン屋におすすめの集客方法とは?

ラーメンは、日本国内で独自の発展を行い、今や海外では日本のラーメンが大変人気の食べ物です。

有名店の本店は、オープン前から行列ができているのは当然として、大型ショッピングモールのフードコートには必ずショップが入っています。

他の飲食店でも共通していることではあるのですが、長く愛される関係性を作っていくのが重要です。居酒屋やレストランと比べると単価の低いラーメン店の場合は、リピーターが特に重要です。

最近のラーメン屋の傾向

飲食店全体に言えることですが、客席を増やすと配膳などでスタッフを雇用する必要があります。また、家賃の約10倍を目標月商にする必要もあり、客席をカウンターのみにし、最低限の人員で営業している店舗が一般的になっています。

また、その単価から安定した経営にするためには、固定客の来店頻度が特に重要です。これは、売上は、客数、平均顧客単価、平均来店頻度の3つの要素に分解されるためで、顧客単価を来店頻度でカバーする構造になります。当然、客数を増やすことも重要ですが、集客コストがかかるため、利益を上げるためには自然に顧客が来店する状況を作らなければなりません。

そのため、開店一年以内の口コミは特に重要です。集客の方向性としては、各種口コミサイトの評価の向上や地域に密着した認知度の向上を目的に構築します。

ラーメン屋におすすめの集客方法

基本的にトリッキーなことは必要なく、当たり前のプロモーションを実施します。

SNSは、Twitter、Facebook、Instagram全て実施する。

基本的なSNSは全て登録します。それぞれのSNSでフォロワーがかぶることもありうるのですが、それぞれのSNSでユーザーの構成が異なるからです。

また、それぞれのSNSを連携してしまいがちですが、それぞれのSNSの運用方法は大きく異なっております。特徴を掴み、店舗の最新情報を発信したりする他にも馴染みやすい存在になることを意識することが集客のコツになります。

Twitter集客の最新版!Twitter集客の効果・成功する投稿・運用を一挙紹介

店舗では、SNSを活用して集客しようとすることが普通ですが、その対象は主にFacebookページやInstagramでした。 Twitterは、2010年のソーシャルメディア元年前後に話題になり、様々 ...

続きを見る

飲食店が行いたいフェイスブック集客を成功させるための8つのコツ

本来、フェイスブックは飲食店とかなり相性の良い媒体です。ですが、活用方法がわからないということでかなり残念なことになっているケースが多いです。 フェイスブックページを使って、飲食店が即座に集客するため ...

続きを見る

インスタグラムで集客したい!そんな時に押さえるべきポイントとは?

インスタグラムは、フェイスブックが運営するSNSの一つで、今やTwitter、フェイスブック、LINE公式アカウントと並ぶ4本の指に数えられる規模にまで大きくなりました。(人によっては、LINEはSN ...

続きを見る

定番メニューの価格設定はその地域性に合わせる。

集客できる単価まで値下げしようと言っているわけではありませんが、その地域性を無視した価格帯で競争をするとリピーターの集客が非常に難しくなります。

だいぶ前のマクドナルドがそのパターンだったのですが、手軽な価格のバリューセットを題材的に宣伝し、日常食としてのマクドナルドのハンバーガーのポジションを確立しました。今現在のような顧客単価でも根強いファンがいるのは、マクドナルドのハンバーガーは美味しいという体験価値を広めることに成功したからとも言えます。

ラーメン屋の場合、定番の味がそのラーメン店の看板代わりになります。このラーメンの価格をその地域の人々に馴染みやすい金額にすることで、多くの方が看板商品の味を体験することができます。来店頻度が高くなると、自然とトッピングや他のメニューに目がいくようになりますので、次第に平均顧客単価が上がってきます。

Googleマイビジネスは常に最新版に更新する。

Googleマイビジネスを管理していないラーメン屋も多いですが、屋号でGoogleやGooglemapで検索した場合、一番最初に表示される箇所です。ここでの情報が最新版であれば、他の媒体を参考にする必要がないため、Googleマイビジネスは常に最新情報に更新しておきます。

また、口コミですが、ラーメンデータベースなどのコアなファンの集客に効果のある口コミサイトはユーザーがそもそも限られています。そのため、スマホを持っていればほぼほぼGoogleアカウントの必要性が迫られますので、Googleマイビジネスにレビューが集約するようにすると良いでしょう。

Googleマイビジネスの設定方法と運用方法とは?

ほとんどの人がスマホでウェブサイトに情報を閲覧する上で、特に店舗の場合は、第三者の評価が集客に強い影響を与えることを疑う人はいません。 従来は、様々な口コミサイトがありましたが、口コミが分散したり、口 ...

続きを見る

フェイスブック広告を使いこなす。

広告の問題点は2つです。

  1. 準備に時間がかかること
  2. 認知されるまでに時間がかかること(印刷〜配布〜受け取りまでの時間が長い)

この2つの問題を解決するのは、SNS広告です。SNS広告は、投稿さえ準備ができていればすぐに配信が可能です。

特に、フェイスブック広告は、オーディエンス設定(ターゲット設定)の精度が高いです。写真さえ準備ができればすぐに配信も可能で、4日で2,000円以上の投資を実施すればそこそこの反応をとることもできます。

チラシを配布する。

Web集客をやっている人からすると、リアルな集客方法は時代遅れで費用対効果が悪いと言ってしまいがちなのですが、重要なことは、開店1年以内に十分な認知度を獲得することです。また、ポスティング広告の反響も全然悪くはありません。

チラシの配布方法は、周辺の店舗に置いてもらうことや周辺にポスティングします。密集している地域では、自分でポスティングすることも可能ではありますが、効果を出すためには相応の枚数のチラシを配布しなければなりません。時間的効率を考えた場合は、ポスティング広告を代行している会社に配布を依頼した方が良いでしょう。

プレオープン

プレオープンは、知人や友人、そしてインフルエンサーを事前に招待して営業するスタイルのことを指します。

プレオープンの目的は、オープンに向けての予行演習という面もありますが、事前に良いレビューを獲得してからオープンする目的もあります。持っている人脈を駆使して、プレオープンに招待しましょう。その時に、特定の媒体にレビューをつけてもらえるようにお願いすると、オープン後のスタートダッシュがうまくいきます。

まとめ

ラーメン屋の成功は日常食として1日でも早くポジションを確立することにあります。

都内からのアクセスの良い郊外の駅前に立地することで、遠方の顧客をメインの客層にしているラーメン屋もありますが、それには相応のコンセプトと商品開発とストーリーが必要になります。売上の基盤は近隣の顧客を前提にするため、出店の事前に商圏を調査した方が良いのは間違いありません。

飲食店の集客とは?実践的で盤石な集客力をつける方法【2020年最新版】

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

続きを見る

集客にお困りですか?

サクセスパートナーではクリエイティブの制作はもちろん、マーケティングの戦略策定、施策のバックアップまで行うプロデュース業務も行なっております。

-集客・BtoC

© 2020 SuccessPartner