初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

飲食店の利便性を改善するためのチェック項目

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。
飲食店の利便性向上

飲食店を選択する重要な要素に、利便性が高いことがあります。利便性とは、簡単に言えば利用のしやすさのことです。これは、売上が上げやすい環境づくりでもありますので、飲食店の経営者であれば、ぜひ、ここで取り上げたチェック項目を確認してください。

集客のサクセスパートナーでは、主に複数店舗経営の飲食店の集客のコンサルティングを行っています。
客数増加や販促費削減をしたい飲食店オーナーおよび運営責任者は、お気軽にご相談ください。

目次

飲食店の利便性の高さを決定するチェック項目

以下の表で取り上げていることが、飲食店の利便性の高さを決める項目です。

チェック項目詳細
1. オンライン予約システムの導入オンラインでの予約を可能にすることで、顧客は電話をかける手間を省き、いつでも好きな時間に予約ができます。
2. メニューのデジタル化タブレットやスマートフォンでメニューを閲覧・注文をできるようにすることで、注文の手間を減らし、情報の更新も容易になります。
3. 無料Wi-Fiの提供顧客がインターネットを利用できる環境を提供することで、長居を促進し、リピート率も上がります。
4.電源の提供電源を提供することで、ノマドワーカーなどのリピーターを作ることができる。ただし、回転率が悪化する可能性があるため、滞在時間制限を用いる必要があります。
5. テイクアウト・デリバリーサービスの拡充外食を避ける顧客にも対応することで、新たな顧客層を獲得できます。デリバリーも商圏設定がされているため、デリバリー顧客から来店客が増えることが期待できます。
6. 決済方法の多様化クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など、多様な決済方法を導入することで、顧客の利便性を高めます。お財布事情が多様化しているため、顧客が使っている決済サービスに合わせることで、集客とリピート率の向上に影響します。
7. キッズスペースの設置子供連れの家族にも優しい環境を提供することで、幅広い顧客層をターゲットにできます。
幼児などの子連れの集客を考えた時には、おむつ替えやミルクを与えることができるスペースを用意する必要があります。
8. アレルギー対応メニューの提供アレルギーを持つ顧客にも安心して食事を楽しんでもらうための対応を行います。
特に接待や宴会の予約を増やしたい時は対応が求められます。
9. アクセス情報の明確化店舗の場所や最寄りの駅、駐車場の情報などを明確に伝えることで、顧客が迷わずに来店できます。迷いやすい立地にある時は、順路に沿った動画や経路の画像を用意すると良いでしょう。
10.看板設置適切なルートを示す看板や営業をしていることを伝える店前看板がないと、通りすがりの見込み客を集客することができないばかりか、入店を躊躇わせることになります。そのため、人通りの多い通りから迷わず入店できるように適切な箇所に看板を用意します。

飲食店が利便性を改善する上での注意点

利便性を上げる対策をする上では、デジタル化を進めていくことが必須になりますが、その上で起こりやすい問題点を取り上げます。

①システム同士の連携は事前に調査する必要がある。

たとえば、オンライン予約システム、モバイルオーダー、決済方法、フードデリバリーは、POSシステムと連携します。POSシステムと連携ができないサービスを選択すると、それを連携できるような中継のサービスが必要になったり、手作業が必要になりミスが発生しやすくなります。

5分でわかるPOSレジの教科書

POSは、キャッシュレス決済導入だけでなく、会計、顧客管理、予約管理、集客ツールと連携する店舗経営を管理する重要なシステムです。POSでできることを簡単に理解!

②オンライン予約システムは予約手数料がかかる。

オンライン予約システムは、グルメサイトを導入したり、予約台帳システムを導入することで実装ができます。

グルメサイトは、サイト内検索による集客も目的にしており、料金も①月額固定費+手数料、②成果報酬に分類され、予約が入ると手数料が発生します。それに対して、予約台帳システムは、手数料がかかりませんが、それ自体には集客力がありません。これらの違いを理解した上で、サービスの導入が必要になります。

ただし、予約台帳システムには、オンラインで予約を受け付ける機能以外に、複数の予約システムからの予約に席を振り分けて管理する機能も備わっています。グルメサイトを複数導入するようになると、予約台帳システムと連携しないと、ダブルブッキングが発生します。そのため、客席数の多い店舗では、どちらかを導入するという選択肢にはなりません。

③フードデリバリーの利用実態から導入するサービスを決定する。

株式会社クロス・マーケティングが2022年9月、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女2,500人を対象に「宅配に関する調査(2022年)」を実施した調査によると、フードデリバリーの直近3ヶ月の利用率は20%程度です。

また、フードデリバリーアプリの日本国内のシェアは、出前館とUberEatsが占めているためどちらかを導入するのが良いでしょう。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次