SE Rankingとは?総合的SEOツールの客観的評価

コンテンツSEOやブログ運用を行う時には、キーワードの選定が非常に重要です。

キーワードの選定方法では、Googleキーワードプランナーで調査する方法もありますが、調査が必要なのは検索ボリュームだけではありません。

結論からいうと、このSE Rankingを導入したことで、キーワードの選定に時間がかからなくなりました。また、オンラインでウェブサイトの順位管理をすることができますので、出先でもSEOの作業ができるようになりましたので、作業効率も上がりました。

SEOツールで有名なのは、ミエルカやahrefsです。しかし、予算が制約されている場合は、料金も高くて手が出ない人も多いと思います。その点、SE Rankingはリーズナブルな金額で着手ができることが魅力です。

SE Rankingを使うことで、キーワードの選定とコンテンツの順位管理、コンテンツを作成する時の内容のヒントも獲得することができます。

SE Rankingがおすすめの人
  • メディア運用やSEOを行いたい。
  • 国産のSEOツールはコストが高すぎて導入できないので、手頃な価格のSEOツールを導入したい。
  • 効果的なキーワード管理・コンテンツ管理を行いたい。

SE Rankingには、無料体験版があります。まずは無料体験版を使ってみて、良さそうであれば契約するのが良いでしょう。

実際活用していますが、メディア運用で重要なデータはSE Rankingから取得しています。もし、ブログ運用をされているのであれば、SE Ranking以上にリーズナブルな分析ツールはありませんので、導入がおすすめです。
ちなみに、月額3,000円程度から利用が可能です。

目次

SE Rankingとは?

SE Rankingは、SEOに必要なキーワードの調査、競合の調査、管理しているメディアの順位計測を可能とするSEOツールです。全世界で40万人以上が導入しており、サイト全体の検査や、競合分析、サイトの順位計測、キーワードサジェストやキーワードグループ化、被リンク監視、専用レポートの自動化など数多くの機能を含みます。

キーワード選定の際に検索ボリュームを調査しますが、キーワードプランナーはGoogle広告を出稿しないと正確な検索ボリュームを出力してくれません。また、日本で最も普及している順位計測ツールは、ソフトウェアタイプですので、複数のデバイスで検査結果を閲覧し、作業を行うということができません。

SE Rankingを活用すると、キーワードチェックと順位計測に加えて、競合サイトの調査も実施することができます。SEOに関する情報は、SE Rankingだけでほとんどの情報を収集することができますので、生産性の向上も期待できます。

SE Rankingの有用な機能とは?

SE Rankingには無数の機能があります。その中でも実際に私もブログやメディア運営でよく使っている機能について紹介します。

キーワード調査

コンテンツSEOでは、見込み客の流入を増やすことを目的にしています。そのため、見込み客が検索し、そこそこの検索ボリュームがあるキーワードを選定し、そのキーワードで上位表示できるコンテンツを作成します。

ただし、検索ボリュームが大きいキーワードは当然競合になるコンテンツも多いです。主軸にしたいキーワードがSEOの難易度が高いものであった時に、別のキーワードを主軸にするのもWebマーケティングでは重要な視点です。

SE Rankingでは、キーワードの調査も可能で、上位表示の難易度の算出、検索ボリューム、類似キーワード・関連キーワード・少ない検索ボリュームの関連キーワード、そのキーワードで出稿しているリスティング広告までをデータ抽出してくれます。

難易度は、良質な被リンクが多く、E-A-Tも高いWEBサイトほどGoogleからの信頼性が高いため、難しいキーワードでも攻略可能です。新規のドメインの場合は、純粋に簡単〜普通のキーワード狙い、類似キーワードや関連キーワードに該当する記事を書き、情報を蓄積するのが的確にアクセス数を伸ばすことができます。

ちなみに、関連ワードの関連性は参考程度に見ます。関連性はGoogleにおけるキーワードとの関連度合いを意味していますので、そのキーワードの内容がコンテンツ内に含まれることが望ましいことになるからです。

競合調査

特定の商品やサービスを販売する時に、メディアに力を入れている競合を参考にします。もし、そのメディアの流入がとても多く、売上に大きく影響していることが分かれば、その競合のWEBサイトを参考にして、キーワードを選択するのもセオリーの一つになるはずだからです。

競合サイトの調査は競合調査のメニューを選択し、競合のドメインを入力します。

合計トラフィック

月ごとに検索エンジン経由の流入量の予測がグラフ化されます。このサイトでは、合計トラフィック数が右肩上がりになっています。その理由についても探ることが可能です。

キーワード

キーワードでは、PPC広告およびオーガニック検索で掲載されているキーワード数の合計が表示されます。ここでは、合計トラフィックと同様にキーワード数も右肩上がりになっています。キーワードが増えているということは、コンテンツ数も相当数増やしていると想定することができます。実際、Googleのインデックス数を調査したところ約15,100件がヒットしました。

被リンク

被リンクタブでは、新規被リンク、消失被リンク数、合計被リンク数を表示することができます。この競合サイトでは、2020年1月に大きく被リンクを減らしています。これは、リンク否認を行ったことを意味しており、被リンクの質を厳選したと言えます。

なお、競合サイトの被リンクは、被リンクチェッカー機能で確認することができます。ちなみに、被リンクの数が50,000件以上あります。これは非常に多いです。リンク否認を行っているところも考慮すると、なんらかのリンクビルドの対策は実施していると思われます。

流入キーワードのリスト取得も可能。

オーガニックトラフィック調査のリストを取得することで、流入キーワードのリストを抜き取ることもできます。どのキーワードで何位なのかも表示されているため、参考になります。

特に、上位表示されているWEBサイトは、E-A-Tの基準を満たしているため、どの程度のキーワードの幅を持たせてメディアを作成できるのかがわかります。

被リンクチェッカー

被リンクチェッカーでは、ドメインごとの信用性、被リンクのドメイン数、被リンク数などのレポートをみることができます。被リンクの質と数はコンテンツ重視の現在でも相変わらず重要な指標です。

参照ドメインをクリックすると、被リンクが設置されているドメインが表示されます。

競合サイトと比較して、被リンクの獲得、および品質にどの程度の開きがあるのかは知っておいた方が良い情報の一つです。

被リンクの獲得には、ナチュラルリンクの獲得とリンクアーニングがあります。

  • ナチュラルリンクとは、自然にメディアやブログに取り上げられ、自然に被リンクが増加する現象。信頼性の高いコンテンツ作成はもちろんのこと、話題性の高いコンテンツを作成しないとなかなか増えない。
  • リンクアーニングとは、関連性のあるメディアやブログの運営者に、被リンクを設置してもらえるように依頼すること。条件が一致すれば、設置してもらえる可能性がある。

地域単位での順位計測を行うことができる。

SEOは、ベニスアップデートにより、検索している地域によって順位が違います。検索エンジンでは地域性が反映された検索結果にならなければ、利便性が高いとは言えません。

たとえば、パン屋さんと検索した場合、いくら美味しいからと言って青森にいるのに、東京の巨匠の店舗が検索1位に表示されたとします。まず、行くことができませんし、その検索結果の応答はユーザーが求めていません。

SE Rankingでは、検索エンジンに加えて地域をチェック項目に入れることで、ベニスアップデートの影響も加味した順位の確認をすることができます。

SE-ranking

店舗の場合は、商圏内でのSEOを重要視しなければなりません。そのため、GoogleMobile-JAPAN-千代田区と言った組み合わせの検索条件を作成して順位計測を行います。

SE-rankig

順位計測は上位のように実施することが可能です。

順位の他にも指標を表示することができます。特に、以下の指標は表示しておくと良いでしょう。

  • 検索ボリューム(月間の検索回数)
  • トラフィック予測(キーワード由来の流入数の予測)
  • 競合性(上位表示の難易度)

データの更新はプランによって異なります。検索順位チェックツールを他に持っているのであれば、週ごとのレポートでも良いかと思います。

順位計測に関しては、目ぼしいキーワードおよび競合の流入キーワードから抽出したものを最初にプロジェクトに登録しておきます。

ローカルパック検索機能(MEO対策)

ローカルパックとは、そのキーワードに関連性の高いGoogleマイビジネスが3つ表示される箇所のことで、スマホでは上位表示されています。SEOと違い、まとめサイトや予約サイトが不介入なため、複数のキーワードでローカルパックに表示されることは更なる知名度の向上に繋がりやすくなります。

SE Rankingは、住所とGoogleビジネスプロフィール名及び電話番号を検索条件に追加することで、登録したキーワードでローカルパックに表示されているのかを閲覧できます。

例えば、「京橋 個室」で調査すると、ホームページが17位、Googleマップ検索では1位(ローカルパック1位)表示されていることがわかります。

マーケティングプラン

SE-ranking

非常に地味な機能ではありますが、Webマーケティングの初心者がどのような手順で計画を実行すれば良いのかをまとめているページです。自分が実行した項目にチェックを入れて見ると、未着手になっているものを見つけることができます。

SE Rankingは非常に有用なツール

メディアやブログ運用には、キーワードや競合サイトの情報収集が非常に重要になっているのは、皆さんもよくわかっていると思われます。SE Rankingを契約しておくと、情報収集のほかに、順位計測も併せて行うことができます。

複数のメディアやブログを運用していたとしても、これ一つで情報の収集が可能です。複数のツールを確認する無駄を省くことができます。

SE RankingがSEOツールとして評価ができる理由とは?

多くの企業がオウンドメディアを構築し、プロのライターを活用してマーケティングをしている以上は、昔のように勘でブログを書いているようでは、Google経由の自然流入は獲得することができません。

分析や生産性を向上させるツールを積極的に用いて、彼らと可能な限り同じ環境を作り、競争力のあるコンテンツを書くというよりは組み立てる感覚が必要になってきます。

ただし、残念ながらこの手のSEOツールは日本国内で販売されているものは月額が非常に高いことがネックです

SE Rankingでは、エッセンシャル、プロ、ビジネスの3つのプランがあります。そして、嬉しいことに、検索順位チェックの間隔および契約期間を設定することで、最大60%割引になります。

このタイプのSEOツールは、海外で開発され、日本の代表販売代理店が中間マージンを取るため、サービス提供価格が跳ね上がります。SE Rankingにも、日本の販売代理店が存在しますが、導入しやすい料金で提供されています。そのため、ブロガーやアフィリエイターでも十分導入できます。

例えばランキングの計測を1週間に1回、契約期間を1ヶ月に設定すると、最小のessentialプランで、3,000円で利用可能です。これを年間払いにすると、なんと1月あたりの金額は、2,400円まで下がります。

※料金は時期によって変動します。

これだけ手軽な金額で導入できるSEOツールは他にはないですし、ブログやメディア運営に必要なものと考えれば、個人事業主レベルであれば契約が必須レベルです。

SE Rankingと関連するSEOツールの評価は?

Nobilista

Nobilistaは、検索順位チェック専用のツールで、クラウド型です。毎日順位の自動計測がなされるため、1日ごとの順位の推移を計測することが可能です。

SE Rankingでも検索順位チェックが可能ですが、Nobilistaは、150キーワードが、月額990円で計測できるため、SE Rankingで割引率の高い1週間計測を選択し、さらに、Nobilistaを導入した方が、運用コストは安くなります。

Nobilistaの解説は、Nobilista(ノビリスタ)とは?クラウド型検索順位チェックツールとしての評価で行っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次