080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)
お電話は既存のクライアント様用です。

集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

集客・BtoC

看板の効果的な設置方法とは?

2019年9月16日

看板

店舗であれば看板を設置し、集客するのは昔からある方法です。
地域密着型のビジネスの場合は、存在を知ってもらった上で、どこでそのサービスを提供しているのかを知ってもらわない限り、そもそもな集客が望めません。

そのため、看板の設置には3つの要素が必要になります。

1)看板はどこに設置をするのか?

看板の目的は、人を店舗に誘導することです。
つまり、多くの人に見てもらわなければ意味がありません。

これは、インターネット広告でキーワードを選定する際にも共通する部分があり、インターネットの場合は、検索ボリュームの少ないキーワードを狙うことは深いニーズを持った人を狙う目的があるのですが、看板の場合はそれはないため、考えることはとにかく多くの人目につくことです。

例えば、お店の周辺の通行人に対して、認知されることを目的にした場合、その通行人の視界にストレスがないように入らないと意味がありません。特定の位置で振り向かないといけないような看板の設置の仕方は、集客効率がかなり落ちます。

ポイント

実際にあった話でいうと、看板の設置ルールが変わったため、とある駅からの通行客の客数が急激に減りました。看板がなくなったことで店舗がなくなったと情報が刷り込まれた可能性が高いです。

この場合、通行客がストレスなく認知するように、看板ないし駅看板を設置する必要性があります。

2)看板の目的はどうするのか?

設置する場所によって、看板の目的は異なります。

例えば、店舗がここにあることを知らせる看板の場合は、「何屋であることを知らせること」そして、「目立つこと」が重要です。また、近隣に人通りがない場合は、近くのバイパスや駅などに看板を設置します。この時の目的は店舗までの誘客になります。

3)何を掲載するのか?

看板によって、目的が異なりますので、掲載する内容も異なります。

ロードサイドなど

認知されることが目的ですので、店名を大きくしてしまいがちですが、飲食店も美容室も整体院も、他店との違いがわからないようでは興味の持ちようがありません。ただし、情報を豊富に掲載することは看板の場合はできません。また、閲覧する時間も通過する時間までですので、非常に限られています。そのため、一瞬で魅力や違いがわかるコピーが必要です。

また、場所を知らせないと意味がありません。短時間で場所を知らせる必要性がありますので、〇〇駅西口徒歩1分やホームページの存在を知らせるのは効果的です。ただし、QRコードを設置すると、そこにスマホをかざすことができるのは、歩行者に限定されます。

ファザード看板・幕など

ファザード看板は店舗の位置を知らせるための役割と何屋であるか明確にする役割があります。そのため、よく見えるように大きな文字で必要性もありますし、夜間営業をしている店舗であれば、見えるように照明を工夫する必要性があります。

スタンド看板

店前まで来た人に店舗が提供するサービスや現在のおすすめの商品を紹介したりするのがスタンド看板の役割になります。飲屋街の場合は興味を引くための用途に使われますが、基本的に前を通りかかった人にサービスの内容を知ってもらうために活用します。情報量に限界があるため、デジタルサイネージを導入して、情報量豊富な動画を発信する方法もあります。

まとめ

看板は設置する場所ごとに役割が異なることをまず意識する必要があります。

小形
たまに「この看板、誰に向けて情報を発信してるんだろ?」と言うくらい、振り向いて一瞬しか閲覧できない看板を設置している店舗もありますが、看板の役割を成していないことに目を向けた方がいいですね。

また、テナントや景観を守る条例などで看板の設置に規制がかかっている場合があります。この場合は、設置できるものは設置して、集客もテナントに入っているビルの集客力に依存してしまいますので、積極的にWeb集客を仕掛けるのが良いでしょう。

 

集客にお困りですか?

サクセスパートナーではクリエイティブの制作はもちろん、マーケティングの戦略策定、施策のバックアップまで行うプロデュース業務も行なっております。

-集客・BtoC

© 2020 SuccessPartner